まんが日本史ブギウギ

壬生浪士局長・芹沢鴨は型破り過ぎるゆえ まんが日本史ブギウギ219話

水戸浪士出身で新選組の母体・壬生浪士を率いた筆頭局長・芹沢鴨

同じく新選組の永倉新八が、その死を「国家的損失」と記す人材であったが、同時に粗暴ぶりが際立つ危険な人物でもあった。

良く言えば型にはまらぬ武の天才。

悪く言えば酒乱で粗暴な暴れん坊。

ついには近藤勇土方歳三らの邪魔となり……マンガ『日本史ブギウギ』第219話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

木像梟首事件

◆文久3年(1863年)2月22、足利三代木像梟首事件が起きました。

尊氏・義詮・義満三代の木像から首を取り、京都の三条河原にさらしたのです。

しかも片目をくりぬき位牌をぶらさげ、足利氏を非難する制札をたてたんですが、実際は将軍・徳川家茂の上洛に対する嫌がらせだったため、京都守護職の松平容保は怒りに震えます。

結果、複数名の尊皇攘夷派を逮捕。

しかしその運動は過激化していきます。

 

カモとトシ

◆酒乱で粗暴とされる鴨。土方さん、怒りの琴線に触れていきます……。

土方歳三
土方歳三35年の生涯まとめ! 生き急いだ多摩のバラガキが五稜郭に散る

続きを見る

 

剣豪の末路

◆土方さんが修めた天然理心流はとにかく現実的で「勝つための方法」を徹底したものです。

天然理心流
幕末最強の剣術は新選組の天然理心流! 荒れ狂う関東で育った殺人剣

続きを見る

ずるい、とか、武士道とか、そういうことじゃない。

殺伐とした幕末を生き抜くための剣なのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ
-