日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

井伊家 本郷和人歴史キュレーション

井伊直虎は男か女か?歴史学から考察してみようvol.1 東京大学・本郷教授の「歴史キュレーション」

更新日:

 

日本中世史のトップランナーとして知られる本郷和人・東大史料編纂所教授が、当人より歴史に詳しい(?)という歴女のツッコミ姫との掛け合いで繰り広げる歴史キュレーション(まとめ)。
今週のテーマは【男か女か?歴史学から井伊直虎という人物を考えてみようvol.1】です。

【登場人物】
本郷くん1
本郷和人 歴史好きなAKB48評論家(らしい)
イラスト・富永商太

himesama姫さまくらたに
ツッコミ姫 大学教授なみの歴史知識を持つ歴女。中の人は中世史研究者との噂も
イラスト・くらたにゆきこ

 

◆「井伊直虎」別の男性が名乗った名前か 新たな見解(NHK)

イラスト・富永商太

「これ、いっちゃう? 大丈夫?」
本郷「うーん、火中の栗をわざわざ拾いにいくのはなあ。けどね、歴史学ってこういうものなんだ、って皆さんに分かっていただくには良い機会かもしれないからなあ」
「そういうつもりで腹をくくって発言するなら、どうぞ。止めないわ」
本郷「まず確認したいのは、大河ドラマはフィクションである、ということ。歴史の再現フィルムではない。だから史実ではないことが語られていても、それは『あり』。全く問題ないわけだ。井伊直虎は男じゃないか、女城主だなんてウソじゃないか、許せない、と非難するのは的外れ、なんだよね」
「まあ、常識的に考えて、そういうことよね。大河ドラマはエンターテインメントだもの。だけど同時に、今あなたの言ったことは陳腐にも聞こえるのよね。それはタテマエというか、きれいごとにすぎないかもしれない。だって、やっぱり多くの人は『ふむふむ。戦国時代の日本にこういうことがあったんだ。なるほどなー』って見てるわけよ。直虎が辛い目にあえばがんばれがんばれ、って応援するし、直虎の愛する人が亡くなれば、一緒に悲しむ。それなのにドラマの骨格そのものがフィクションの産物でした、史実ではありませんでした、といわれたら台無しじゃない?」
本郷「うん。そういうことは、あるかもしれない。自分の恥ずかしい話を披瀝すると、ぼくは以前に浅田次郎の『壬生義士伝』を読んで、感動してワンワン泣いたんだ。言わずと知れた新選組もの。監察の吉村貫一郎が主役。だけど調べてみたら、肝腎なところがみんなフィクションだって分かってね。この人も、え、この人も架空の人物なのか、って。その時の裏切られた感はハンパなかった。徹頭徹尾、浅田次郎という小説家の掌の上で転がされて、大の男が泣けるか!って感じ。思わず発行元の講談社に怒りの電話をかけたくらいだからね。あれは講談社お得意の『袋とじ』に騙されて以来の憤激だったなあ。いや、もちろん、小説なんだよ。フィクションで良いんだよ。電話するぼくが悪いんだよ。だけど何だかね。『おれの感動を返せ!』って気分になっちゃって・・・」
「あらら。それはご愁傷様。でも、どっちが先なのかなあ。かりにドラマが史実と乖離していたとして。史実と違うから、テレビを見なくなるの? それとも、ドラマそのものが面白くないなあ、と感じたときに、そういえば史実と違うんだよな、とそのことがドラマ離れに拍車をかけるの?」
本郷「普通に考えると、後者だろうね。ドラマの内容が面白いとする。たとえば井伊家を舞台にしたものすごく良くできたホームドラマが展開されてみんなが競って見たとする。そしたら、だれも直虎って本当は男かもしれない、なんて忘れちゃうんじゃないかな」
「うーん、理屈はそうなるのかなあ。そうかなあ。たしかに『真田丸』で、真田信繁か幸村か、なんてことは、どちらでも良いわよね。気にならない。でもねえ、これが性別になるとねえ・・・。これは別格のインパクトがあると思うのよ。なにせ『女城主、直虎』なわけでしょ。それがウソだっていうのは、ドラマの本質に関わる問題で、それだけで見てる人がしらける可能性はあると思うわ」
本郷「そうなのかな・・・」
「たとえばね、どんなに話が盛り上がったとしても、関ヶ原で勝利するのは徳川家康。人気があったとしても、石田三成は負けるのよ。そこは変えられないでしょう。『真田丸』だって、大坂方の人気はすごかったけれど、大坂の陣で豊臣方が勝つわけにはいかなかった。もし、そこがひっくり返ったら、それは大河ドラマじゃなくなるんじゃないかなあ。まして、男女の主人公を一年交代、代わる代わる立てること自体に批判があって、『○○の妻』とか『○○の妹』ってなんだよ。なにそのポリコレ。違和感しかないよ、っていう人は決して少なくないのよね。それでもめげずに『女城主』を発掘してきたものの、その主人公が『実は男でした』だと、壇ノ浦で平家が勝っちゃったり、関ヶ原で家康が敗北するくらいの、ものすごくチープなトンデモ感が漂うかもしれないわよ」
本郷「うーん、そんなものなのかなあ。むずかしいなあ、実に。では、そういう問題点があることを踏まえた上で、冷静に、ここ大事だから二度言うよ、冷静に、歴史学から井伊直虎という人物を考えてみようか」(この文章にそれにありに反響があったら、ねっちょりつづけます。無視されたら、さらっと終わります(笑))

スポンサーリンク

【関連記事②】井伊直虎の男説を追う!そもそも女説の根拠は?
【関連記事③】直虎は生年も違う? 花押無き「次郎法師黒印状」の謎

 

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-井伊家, 本郷和人歴史キュレーション

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.