人斬り半次郎こと桐野利秋/Wikipediaより引用

西郷どん特集 幕末・維新

桐野利秋(中村半次郎)は幕末最強剣士!?「人斬り半次郎」と呼ばれた生き様

投稿日:

「天誅!」

そんな掛け声のもとに刀光一閃!
多くの人が闇夜の中に命を散らした幕末において、際だった暗殺者として数えられるのが「幕末の四大人斬り」です。

・河上彦斎(熊本)……人気漫画『るろうに剣心』主人公のモデル
岡田以蔵(土佐)……龍馬作品でお馴染みの剣士
・田中新兵衛(薩摩)
中村半次郎(薩摩)

ご覧の通り、4名のうち実に半分の2名が薩摩の選出。これ、偶然だと思われますか?

答えは否で、彼の地では、示現流(じげんりゅう)薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)という「一の太刀で敵を斃すための剣術」が幕末まで息づいていて、他藩とはレベルが格段に違った――要は、べらぼうに強かったのですね。

同じく殺人剣を修めた新選組の近藤勇をして「薩摩の初太刀は避けよ」と言わしめたほどです(詳細は以下の記事にございます)。

薩摩示現流&薬丸自顕流の怖さ、知ってます? 新選組も警戒した、一撃必殺「一の太刀」

そこで注目していただきたいのが、大河ドラマ『西郷どん』で、盗人だとして追われた見た目12~14才ぐらいの少年。大人3人を次々に木刀で打ち倒すシーンがありました。

司馬遼太郎『翔ぶが如く』においても、常に西郷の周囲で牙をギラつかせている危険な剣士がおりました。

彼こそが、史実においても西郷隆盛と非常に親しかった中村半次郎
人斬り半次郎として恐れられた桐野利秋です(以降、桐野で統一)。

 

苦難の少年時代

桐野利秋が誕生したのは、天保9年(1838年)のこと。父は城下士の中村与右衛門でした。

きょうだいは、早くに亡くなる兄と姉が一人ずつ。
弟に山ノ内半左衛門種国、妹に伊東才蔵の妻がおりました。
半次郎は、ちょうど真ん中にあたります。同じ上之園郷中には、三島通庸がおりました。

彼もまた、典型的な薩摩藩士でした。
すなわち、極めて貧しく。
幼少からの薬丸自顕流をみっちり習得している、と(貧しい藩士が薩摩に多かった理由は関連記事をご参照ください)。

10才の時、父が徳之島に流され、わずか5石という禄すらも召し上げとなります。
半次郎は兄を助け、さらに貧しくなった家を支えねばなりません。

しかし18才のときに兄も死去。ますます重く、家計の貧困がのしかかってくるのでした。

半次郎は無学で読み書きすらできない人物という評価もありますが、後世のイメージが強いようです。彼はなかなか利発でしたし、愚鈍とみなせる証拠はさほどありません。
ただ、当時の武士として必須とされた、漢籍や儒教の知識が若干不足していたらしく、西郷隆盛は、その点を惜しんでいました。

 

「横木打ち」で剣の腕前を鍛え上げる

幕末に活躍した薩摩藩士は、西郷のように腕を負傷したような人物をのぞけば、その多くが薬丸自顕流の使い手でした。

前述の通り、この剣の威力は、あの新選組も警戒するほどの威力。
そんな薩摩藩士の中でも際立って強い桐野です。それがとてつもない次元であったことは想像に難くないでしょう。

個人戦闘力では幕末トップクラスではないでしょうか(もちろんガチの戦闘集団・新選組も強いワケで実際の比較は難しいですが)。

彼らが、どんな修行をしたかと言いますと、樹木を打ち付ける薬丸自顕流の鍛錬「横木打ち」をひたすら朝夕(西郷どん第1話で郷中教育の少年たちがぶっ叩いていたアレです)。

 

薬丸自顕流は、練習相手がいなくとも、ひたすら無心に横木打ちをやれば鍛えられます。
家庭的にも困窮していた半次郎は、ともかく横木を打ちまくっていたわけです。

前述の通り、薬丸自顕流を習得している時点で大変強い。
人一倍練習し、センスがあれば、それはもう滅法強くなります。

二才(にせ)時代、決闘になりそうになった中村は断りました。

刀を抜いたらタダではおさめるな――という教えのある薩摩です。
小さなことで争って、人を殺す気に、当時はならなかったということでしょう。

まるでジャンプの漫画ですけど、この決闘相手とは、親しくなりました。

 

京都の人斬り半次郎

文久2年(1862年)、島津久光の上洛に従い、桐野は殺気だった京都に脚を踏み入れました。
西郷隆盛、小松帯刀らとの知遇も得て、京都で活動することになります。

そこで「人斬り」の異名を取るのです。

さぞかし新選組と激動を繰り広げたり、暗殺したり、血腥い日々を送ったように思えるでしょう。

しかし、その異名から想像されるほど、暴れていたわけでもありません。
長州藩士や土佐藩士とも交際があり、きっちりとした自分の意見も持った人物でした。

それではなぜ、人斬りと呼ばれたのでしょうか?

人を大勢斬ったから?
いいえ、むしろこれまた後世のイメージが強いようです。小説等で「人斬り」というイメージが先行してしまったのです。

確かに岡田以蔵あたりと比較しますと、そこまで斬ってはおりません。
どちらかといえば、半次郎の実像は諜報員といったところです。

恋人・村田サト(京都)と映る桐野利秋/Wikipediaより引用

 

赤松暗殺事件はこうして起きた

そんな彼が諜報活動の一環として手を下した事件があります。
慶長3年(1867年)の秋、大政奉還が起こったその季節。坂本竜馬中岡慎太郎が暗殺されました。

【関連記事】
坂本龍馬
中岡慎太郎

実はこの2人の死より少し前の9月3日、薩摩藩洋式兵学の師範・赤松小三郎が暗殺されています。

赤松は佐久間象山を輩出した信州上田藩出身で、著名な洋学者でした。

赤松小三郎/wikipediaより引用

【関連記事】赤松小三郎

倒幕派、佐幕派分け隔て無く最新のイギリス式兵学を伝授。
それまでオランダ式であった薩摩藩が、イギリス式の兵学を採用するにあたり大いに尽くしました。

イギリス式兵学書である『英国歩兵練法』を翻訳したのも赤松であり、これには中村の主君である島津久光も多いに喜んだと伝わります。

そんな薩摩にとっても大恩人である赤松。
しかし、政治的な思想によって、難しい立場に追い込まれました。

赤松の考えは、幕府も薩摩も一体となって改革を目指す「幕薩一和」。会津藩の山本覚馬らとも交流がありました。

山本は、会津藩が戦争に巻き込まれない道を模索していました。
彼が赤松を頼りにしてもおかしくはありません。

赤松は、倒幕派、佐幕派分け隔て無く接していました。
それこそが、内戦を経ずに改革を成し遂げる道だと信じていたのです。

しかし薩摩藩にしてみれば、藩内の情報を会津や幕府に売り渡しかねないともみなせます。
薩摩藩の武力倒幕派の中では、赤松を消さねば情報漏洩を阻止できないという考えに傾いてゆきました。

身の危険を察知していた赤松は、薩摩藩を辞し、上田藩に帰還する準備を始めました。
以下、これまで伝わって来た筋書きです。

 

西郷でも止められない血の滾り

斬ると言ったら斬る——そんな性格の中村は、赤松に憤激。
刀の柄を叩きながら、切り捨てる算段を仲間と始めたわけです。

「ここはひとつ、西郷さぁに聞いてみもそや」
西郷は、即座にこの提案を却下。

「ないごっな、赤松先生はわが藩の兵学師範じゃごわはんか。そげん天道にもとる話は聞いたこっも見たこっもなか」

しかし、中村は引っ込みがつかなくなってしまいます。
刀の柄を叩いて、斬ると言ったからには、斬らずにはいられません。たとえ西郷が止めようとも……。

さて、中村はそんなことを考えているとは思わない赤松。
送別の宴会の席で、彼から子弟としての縁を切りたいと迫られます。

「敵軍に先生がいうと、本気で戦うこっができもはん」

なるほど、そういうことか。赤松は承諾し、絶縁の杯を受けました。

赤松はこれからどちらにつくかわかりません。敵になったとしても、全力を尽くそうというわけで、それは爽やかなことだと思ったかもしれませんが。

しかし、中村の本心は違います。

西郷は止めたものの、薩摩藩軍事機密漏洩を防ぐという名目をつければよか、と理由まで考えました。

「師弟でなにゃ、斬ってもよか」

京都で探索中、赤松に出くわした中村は、咄嗟にピストルに手を伸ばした構えた赤松を斬殺。
信州へ戻るため、赤松が出立する直前に、この凶事となったのです。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-西郷どん特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.