バジル・ホール・チェンバレン/wikipediaより引用

幕末・維新

源氏物語&枕草子を英訳したウェイリーと古事記英語版のチェンバレンが凄い!

現在、地球の人口は約78億人だそうです(→link)。

あまりに大きな数字で実感が湧きませんが、ふと、こんなコトを考えてみたりします。

有史以前に生まれ、そして亡くなった人の延べ人数は、この78億人より多いのか少ないのか……。

ともかくこの地球上には膨大な人や文物が生まれて、人類は膨大な歴史を積み上げ、さらにこの200年ほどは驚くべき速度で世界中が身近となり、他国のことも割とスンナリ知ることができるようになりました。

本日はそうした時代の流れを感じることができそうなお話。

1850年(嘉永三年)10月18日は、英語教師で翻訳家のバジル・ホール・チェンバレンが誕生した日です。

彼の母方の祖父が『朝鮮・琉球航海記』の著者バジル・ホールですので、薄っすらと名前を聞いた記憶のある歴史ファンの方もいらっしゃるでしょうか。

このあたりの時代は、西洋人が東洋の見聞記をいろいろ書いていますし、名著も多いですよね。

本日は、このチェンバレン、ならびに少し遅れて来日し、世界で初めて『源氏物語』の英訳に努めたアーサー・ウェイリーについて見てみたいと思います。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

古事記の英訳に挑んだチェンバレン

蛙の子は蛙と言ったところでしょうか。

チェンバレンには一族の文学的な血が受け継がれていたようで、幼い頃から英・仏・独語を学びながら成長していきました。

青年期にはオックスフォード大学への進学を望んだものの失敗し、銀行へ就職。

しかし、よほど仕事が合わなかったようで、ノイローゼになってしまったそうです。いつの時代も人の心は変わりませんね。

ここでチェンバレンは思わぬ行動に出ます。

心の傷を癒すべく、特に目的地もなく船旅に出たのです。

失恋旅行というのはよくある話ですが、よくこの時代に危険の多い船旅を選んだものです。ヤケになってたんでしょうかね。

そこから何がどうなったものか。

23歳のとき、お雇い外国人の一人として来日。

翌年から8年間、海軍兵学寮(兵学校)で英語の教師を務めながら、古代日本に興味が出てきたらしく、古事記の英訳を行っています。

さらにその後、東京帝国大学(現在の東大)で教鞭を取りながら、日本語の文法書や、欧米に対する日本の紹介書『日本事物誌』なども執筆しました。

また、君が代や俳句などの多くを英訳してヨーロッパに紹介しています。

君が代の歌詞については、君主の歌として捉えていたようです。まぁ、国家に恋歌説があるだなんて、ヨーロッパの常識からは考えられないかもしれません。

この訳自体は素晴らしいものですが、チェンバレンは日本文学については高い評価をしていたわけではありません。

日本そのものには好意的な評価をしているので、不思議なものです。ただ単に仏教・神道の世界観が理解できなかっただけかもしれませんが。

 

源氏物語を12年で英訳したウェイリー

これに異を唱え、日本文学を好意的に評価し、源氏物語を英訳した外国人もおります。

40年ほど後のアーサー・ウェイリーです。

彼は経済学者の息子としてイギリス南東部のケント州に生まれました。

生家はロスチャイルド家に連なるユダヤ人の名門で、血筋だけでなく学力にも優れていたウェイリー。

どのくらい優秀か?

というと、イギリスの名門ラグビー校・ケンブリッジ大学キングズコレッジを卒業し、一時は大英博物館に学芸員として勤務していたくらいです。うらやましい。

大学では古典学を専攻し、資料の乏しいこの時代に日本語と古典中国語を”独学で”習得しています。

レオン・ド・ロニーとは半世紀ほど世代がずれていますが、もし知り合えていたら親友になったかもしれませんね。

元祖ニッポンダイスキ外国人、大集合!レオン・ド・ロニーが第一人者?

続きを見る

その才能の結果が、源氏物語の英訳というわけです。

異国の古語で書かれたあの大長編を、12年でほぼ全て訳してしまったというのだから、ウェイリーの才覚のほどがうかがえます。

ただし、これ以前に源氏物語の英訳が存在しなかったため、ウェイリー独自の工夫が多いことには注意すべきかもしれません。

土佐光起筆『源氏物語画帖』/wikipediaより引用

そもそも仏教的な概念や当時の日本に対する認識がない時代なので、それに対する注釈のようなものを入れないと、そもそも欧米では読んでもらえません。

これは彼の配慮に感謝するところでしょうか。

そのため、ウェイリー訳は現在では賛否両論あります。

まあ、それは日本語の現代語訳でも同じですよね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.