阿部正弘

阿部正弘/wikipediaより引用

幕末・維新

阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
阿部正弘
をクリックお願いします。

 

阿部は外国の脅威を斉昭に説いていた

実は、黒船来航の7年前の弘化3年(1846年)。

阿部は、バリバリの攘夷論者・徳川斉昭(徳川慶喜の父)に対してこんな書状を書いています。

【阿部から斉昭へ】

・ 阿片戦争のことを考えてみてもください。もはや欧米列強のアジア侵略は始まっています

・武力で勝利することはできません。無謀な攘夷を仕掛けて敗北すれば、かえって日本にとって恥となるでしょう

・外国船によって日本の通商を断たれれば、食料すら欠乏しかねません

・軍艦を作り、海防強化に取り組むのが、今早急に為すべきことです

いつかは欧米列強がやって来る。そのとき攘夷は無謀極まりない。

阿部は冷静にそう分析していました。

黒船来航は当然ショックではありますが、予想外のことではありません。

阿片戦争の知らせは当時の人々に大きな影響を与えていました。好奇心旺盛な知識人の多くが、危機が近いと感じていたのです。

この黒船来航時の老中が、阿部でした。

 

ついに来てしまったXデー

ついにXデーが訪れてしまった、そんな状況の黒船来航。

幕府閣僚は対応を協議し、とりあえずいくつかの藩に命じ、浦賀近辺の警備を固めさせます。今更か、とは思いますけれども。

老中は、阿部一人ではなく、5人いました。

しかし、実質的に頑張ったのは、首座の阿部一人という状態。

とりあえず、相手の国書を受け取る。それで帰ってもらえればいい……阿部はそう考えました。

実際にアメリカも、食料補給の都合上、長居はできませんでした。

浦賀には野次馬がウヨウヨと集まり、攘夷論を言い出しそうな人もいます。しかし、武力では追い払うことはできない。

それをわかっていた阿部に、

「これからは海軍だ、日本が自前で海軍を作るための組織が必要だ」

と力説したのが、勝海舟でした。

勝海舟
史実の勝海舟にはどんな実績がある?江戸っ子幕臣77年の生涯まとめ

続きを見る

阿部はこの進言を受け入れ、勝海舟を登用。

勝のもとで「海軍伝習所」が開設されます。

長崎海軍伝習所/wikipediaより引用

 

群発地震にコレラの流行

在任中にXデーである黒船来航があっただけでも相当なストレスでしょうが、事態はますます悪化します。

「安政の大地震」と呼ばれる群発地震や、コレラの流行など、災厄が立て続けに日本を襲ったのです。

安政の大地震(安政江戸地震)2
幕府や水戸藩に大ダメージを与えた安政の大地震(安政江戸地震)

続きを見る

巨大地震が12年間で8度も頻発!江戸幕府が終わったのは震災のせい?

続きを見る

まさしく踏んだり蹴ったり。

さすがの阿部も音を上げて、堀田正睦(本稿はこの名で統一)に老中首座を譲ります。

堀田は阿部以上の開国派で、所謂「蘭癖」の人でした。

堀田正睦
堀田正睦は優秀な開明派~幕府と朝廷の板挟みで苦しんだ55年の生涯

続きを見る

これが、結果からすればよくありません。

というのも……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-, ,

×