まんが日本史ブギウギ 豊臣家

島津制圧からの九州騒乱!豊臣天下は進むよドコまでも 日本史ブギウギ174話

光秀や勝家のみならず家康との直接対決も制した秀吉。

中央エリアを制したその矛先は四国征伐を経て、九州へと向いました。

対するのは、すでに九州の大エリアを制していた島津です。

四兄弟の活躍によって飛ぶ鳥を落とす勢いだった鎌倉以来の名門は、下層階級出身の秀吉を軽んじ、島津義久は「おまえみたいな成り上がりに言われてもw」と挑戦状を叩き返しました。

そこで秀吉が送り込んだのが、一説には20万を超えるとされる豊臣の超大軍。

さすがの島津もこれには厳しく……マンガ「日本史ブギウギ」第174話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

戦は数だぜ

◆地元の薩摩大隅を制するため戦場に生き、その後は九州制圧のため走り回った島津四兄弟。

とりわけ次男・島津義弘の働きは凄まじきものがありましたが、それをすべて呑み込んでしまうかのようにやってきたのが豊臣の大軍でした。

島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる所以! 85年の生涯まとめ

続きを見る

秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績とは

続きを見る

 

根白坂の戦い

◆豊臣と島津が激突――。

島津の危険な軍勢に対し豊臣軍内部からは戦闘回避の声も挙がりましたが、藤堂高虎らの活躍により豊臣軍は勝利を得ます。

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

続きを見る

その結果……。

 

全面降伏

◆ついに島津は降伏の道を選ぶのでした。

島津義久(四兄弟の長男)が戦国の九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

ここに【九州征伐】は成就とあいなりますが、国人たちの独立気風が強いエリアではそう簡単にコトが収まるわけでもなく……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.