まんが日本史ブギウギ 伊達家

数万の連合軍に囲まれ政宗弩ピンチNo.1~日本史ブギウギ176話

東北の戦国時代って地味ですよね……。

例えば、九州の覇者を賭けた【耳川の戦い】(島津vs大友)。

例えば、毛利が中国王者へのし上がる契機となった【厳島の戦い】(毛利vs大内)。

例えば、関東甲信越エリアでは信玄vs謙信【川中島の戦い】や北条vs関東勢の【河越夜戦】など、各地でド派手な合戦が繰り広げられ、多くの戦国ファンが胸アツになることも少なくないでしょう。

一方の東北。

あまり派手な戦いを耳にしませんが、それもそのはず。

冬が長く、寒さや雪が厳しい東北エリアでは、たとえ戦国時代といえども「相手をぶっ殺す! 全滅させるのだ!」という気合の入った戦いは少なく、そもそも周囲は親戚だらけであり、敵を殲滅する発想があまり無いのです。しかし……。

そこに風穴を開けようとして、自らドツボにはまっていったのが我らが伊達政宗さん。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

次々とケンカを売りまくって……マンガ「日本史ブギウギ」第176話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

だて政宗

◆秀吉から出された【惣無事令】。

伯父の最上義光などは早くから中央と連絡をとり、豊臣政権への移行も柔軟にこなしていただけに、甥である政宗にはヤキモキしていたことでしょう。

政宗としても知らなかったワケじゃなく、とにかく会津が欲しかったんですね……。

会津は絶対俺のもん!政宗の望みは天下よりも会津だった?【東北戦国譚】

続きを見る

 

家臣団

◆ツッコミを入れる片倉景綱伊達成実

伊達家の躍進には絶対に欠かせなかった二人であり、政宗とは兄弟みたいなもんですね。

片倉景綱(片倉小十郎)59年の生涯をスッキリ解説!政宗の参謀はコワモテ兄さん

続きを見る

伊達成実はなぜ政宗の元を離れ戻ってきたか?一門の貴公子79年の生涯まとめ

続きを見る

戦場でも外交でも。政宗が綱渡りを続けられたのは、この両名あってのものでしょう。

 

父の説教

◆不穏な空気が流れていますね。

伊達家にとっても「世代間の権力争い」は、決して他人事ではない話。

曽祖父の伊達稙宗が無茶をやらかし

伊達稙宗(政宗の曾祖父)がカオス過ぎ!天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

続きを見る

【天文の乱】という大騒動を引き起こしておりました。

果たしてこの二人は……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.