日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

本郷和人歴史キュレーション 歴史・戦国NEWS

徳川将軍候補・松平忠直をめぐる暴君説は家康の秀忠愛が誇張され? 本郷和人東大教授の「歴史キュレーション」

更新日:

 

日本中世史のトップランナー(兼AKB48研究者?)として知られる本郷和人・東大史料編纂所教授が、当人より歴史に詳しい(?)という歴女のツッコミ姫との掛け合いで繰り広げる歴史キュレーション(まとめ)。

今週のテーマは「徳川将軍候補・松平忠直をめぐる暴君説は家康の秀忠愛が誇張され?」です!

 

【登場人物】

本郷くん1
本郷和人 歴史好きなAKB48評論家(らしい)
イラスト・富永商太

 

himesama姫さまくらたに
ツッコミ姫 大学教授なみの歴史知識を持つ歴女。中の人は中世史研究者との噂も
イラスト・くらたにゆきこ

 

◆暴君?名君?謎多き家康の孫・松平忠直 大分合同新聞 5月25日

「松平忠直というと、松平(結城)秀康の嫡男でしょう? 秀康は徳川家康の次男。3男の秀忠のお兄さんだったのに2代将軍になれなかった、という」
本郷「うん。そういうこと。家康は秀康とその母親を愛している形跡がないんだよなあ。長男の信康を切腹させたあとは、秀忠を長男として扱っていて、秀康はかわいそうに、物の数にはいっていない感じだよね」
「秀忠は関ヶ原の戦いに間に合わなかったじゃない。それで徳川家の継承はどうするんだ、年長の秀康か、関ヶ原でチョンボしたけれど秀忠か、それとも関ヶ原でがんばった忠吉(4男。秀忠の同母弟)か。そういう話し合いが重臣たちが参加して行われた、という話もあるでしょう?」
本郷「本多正信らは秀康を推した。秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった、という史料を読んで、へえ、そうなんだ、と思ってね。でも、もういちどよく見てみたら、その史料は大久保家で作られたものだった。ご先祖様顕彰ものか。じゃあ、信用できないよね。まあ、ぼくは秀忠後継はがっちり決まっていて、動かなかったと思うよ」
「秀康の何が気に入らなかったの? 正室である築山殿への遠慮説もあるみたいだけど」
本郷「ぼくは、築山殿=悪女、説は後年に作られたものだと思うので、信用してない。築山殿が嫉妬深くて他に側室を持つことを禁じた、なんてのはどうかな? うそじゃないかな。ただねえ、家康は築山殿を愛していたと思うから、秀康を生んだ女性を意識的に遠ざけた、というのはあるかもね」
「え?どういうこと?」
本郷「家康は何らかの事情があって(ぼくは信長がらみだと思っているけれど)築山殿と一緒に住めない。それで彼は20代で、健康な男子だから、ついふらふらっと身近な女性と関係を持ってしまった。すると、すぐに彼女は妊娠した。まあ、そこには真剣な愛とか恋とかはなかった。むしろ、築山に悪いことをしてしまった、っていう後悔が生じて女性を遠ざけ、生まれてきた子と父子の対面もしなかった。現代だったらバッシングの嵐、炎上ものの最低な行為だけれど、そんなところが真相だったんじゃないかなあ。『於義丸(秀康の幼名)? だれだっけそれ? あ、一応おれの子なのね。ふーん。 長丸(秀忠の幼名)、おいでおいで。かわいいでちゅね。父上でちゅよ』みたいな感じじゃなかったのかなあ」
「うわ。最低ね。於義丸は年長だったのが災いして秀吉のもとに人質に行った。それで、嫡男からはずれた、という解釈はどう?」
本郷「いやあ、徳川家の嫡男だったら、人質には出さないでしょう。もしくは人質に出したとしても、嫡男はあくまでも嫡男として扱うでしょう。秀康は何だか、これさいわいと、邪魔者の厄介払いみたいな感じだものね」
「そうねえ。結城姓を名乗ることにもなっちゃうし」
本郷「秀康は松平姓に戻りたがっているよね。それが実現したのがいつか、は,説が分かれるみたいだけれど。それで彼は5男の直基に結城の家のお祀りを頼むんだよね。それなのに、直基も松平姓を名乗りたくて仕方がない。結局、由緒正しい結城という名家はなくなっちゃった」
「結城家の史料とかはどうなったの?」
本郷「さっき言った秀康の5男の直基ね。この人が受け継いでいるみたいだ。ともかくこの家は引っ越し、まあ、まじめにいうと移封が多くてさ。最後は群馬県の前橋の殿さま(15万石)だな。最後の殿さまが直克さん、その養子が直方さん(最後の前橋藩知事)、その養子が基則(1875~1930)さん。史料編纂所には松平基則氏所蔵文書という名前で影写本(古文書の精巧な写し)があってね。結城家の文書はその中に若干、収められているんだ」
「あら? 影写本には、○○家文書、という名前のものと□□氏所蔵文書というものがあるわよね。これはどうちがうの?」
本郷「お。良いところに気がついたね。家に代々伝わってきた文書。これは、たとえば毛利家文書とか島津家文書とか、伝えてきた家の名前で表す。でも、文書を集めた人がいて、まあコレクターだな、その人が持っていた文書群の場合は、神田孝平氏(洋学者。政治家)所蔵文書とか、狩野亨吉氏(教育者、京都帝大文科大学初代学長)所蔵文書とか名づける」
「それを考えると、松平基則氏所蔵文書という名前は、ちょっとヘンね。江戸時代、この家がずっと持っていたものだったのでしょう?」
本郷「この家が結城を名乗っていたら、結城家文書とか松平結城家文書とかで良かったんだろうけれどね。松平に戻っちゃったから、こういう名になったのかな」
「その影写本って、有名な古文書が含まれているのよね、たしか」
本郷「うん。戦国大名としての結城家の分国法、『結城氏新法度』とかね。源頼朝の下文とか、足利尊氏の下文とか。原本は太平洋戦争の戦災で焼けちゃったので、この影写本自体がものすごく貴重な資料だね」
「あら、そうなの! ん? でも、それがどこかで発見されたんじゃなかったっけ?」
本郷「お。よくご存じで。焼けたと思われていた頼朝の下文は現存しているのが見つかって、いま神奈川県立博物館にある。足利尊氏の下文も結城市の個人宅にあった。でも、『結城氏新法度』は焼けたみたいだなあ」
「それは残念ね」
本郷「とまあ、いろいろしゃべってきて、話を戻すとさあ、そりゃあ、松平忠直は罰せられるよね」
「ん? どういうこと?」
本郷「だって、幕府は儒教を取り入れて、お家騒動をなくすためにも『長子相続』を根付かせようとしていた。だとすると、秀忠の兄の長男である忠直は、どうやっても粛清されるだろうね。ある意味、豊臣秀頼と同じで、存在自体がヤバいわけだから」
「暴虐の君主とかは、あとでいくらでも話を作れるものね。豊臣秀次も、徳川忠長も、それにこの松平忠直も。結局は最高権力者ににらまれて、滅びていったのね。そういう意味では、忠直は命があっただけ、ましだったのかもしれないわね」
本郷「そうだねえ。長生きできてよかったね」

スポンサーリンク

◆国重要文化財の仏像 所有権めぐり訴訟 livedoorNEWS 5月25日

「うわ。これはなまぐさい」
本郷「お寺はすさまじいからね」
「そうなの?」
本郷「いや、大多数のお寺さまは、まじめに宗教活動をなさっています(棒)」
「ごく少数が問題なのね」
本郷「重要文化財に指定されている仏像、相当数が今行方不明でしょ? 盗まれた、燃えた、と言われたら、文化庁はそれ以上何も追究できないんじゃないかな。でも焼けたはずの仏像が、なぜか海外で売られたりしているという話があるんだね」
「ぎえええ。なに、それ?」
本郷「まあ、札束持ってこられたら、気持ちは揺れるよなあ・・・。でも、この話はヤバいので、これにておしまい!(ああ、いろいろ言いたいよう・・・)」

 

 

 

スポンサーリンク

【編集部より】

ついに始まった大河ドラマ『真田丸』。
幸村(信繁)について学びたい方へ最適の一冊、その中身を一部公開していただきました。

真田丸の幸村、そのリアルに迫る 本郷和人『なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか』(幻冬舎)を一部公開!
本郷和人なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか表紙

スポンサーリンク

幻冬舎さんから発売で、Kindle版もありますよー♪

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-本郷和人歴史キュレーション, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.