日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

三浦義明、鎌倉時代を待てずに討死~老兵、忠義に死す!

更新日:

 
血肉の争いはいつでも空しく哀しいものです。
原因が当事者達の間にあるのならまだしも、ときの権力者による板ばさみとなると目も当てられません。
この手のエピソードで一番有名なのは関が原での真田家ですが、そのずっと前にも似たような争いがありました。
治承四年(1180年)の8月27日、三浦義明(よしあき)という老将が城を枕に討死しました。
「誰それ」という声が聞こえてきそうなので、早速本題に入っていきましょう。
この件のポイントは大きく二つ。
一つは平氏という血筋のこと、もう一つはそうでありながら源氏と深いかかわりを持っていたことです。

平氏の血筋ながら頼朝をバックアップ

前者については少しややこしい話になりますが、適当にはしょってお話しますね。
もともと平氏とは主に皇族が臣下に下った際に「平」の姓を名乗った人たちの末裔のこと。そのため一人の皇族の子孫ではなく、桓武平氏や仁明平氏などさまざまな系統があります。
しかし、その中で歴史上の主要な出来事に名前が出てくるのはほんの一握り。清盛が生まれた伊勢平氏という家と、板東平氏と呼ばれる関東に拠点を置いた系統です。
板東平氏からはさらにいくつか別の名字を名乗る人々が独立して家を立てており、義明の三浦氏もその一つでした。
現在の神奈川県三浦半島に拠点を置いたので、地名をそのまま名乗ったと思われます。

後者については、何となく予測のついた方もいらっしゃるかもしれませんね。
三浦氏は上記の通り元々平家方についてしかるべき家だったのですが、義明の娘が頼朝のトーチャン・義朝の側室として嫁いでおり、義朝が京を追われて関東に来たときには地盤作りに協力していました。
ものすごくテキトーにいうと「遠くの親戚より近くの他人」ってことですかね。困ってたのは義明じゃなくて義朝ですけど。
この縁があって、義朝が不幸な最期を迎え、さらにその子頼朝が同じく関東に流されてしばらく後に平氏打倒のため兵を挙げると、義明は「直接血は繋がってないけど、あいつは孫も同然だから手伝ってやろう」と頼朝に味方しました。

スポンサーリンク

大雨で合流できずに

が、行軍の途中で大雨に見舞われ、なかなか頼朝と合流できずにいたところ、義明の元に「頼朝が石橋山で敗退した」という知らせが届きます。
実は安房(現・千葉県南部)へ逃げていたのですが、当時の連絡手段は手紙しかないですから、このときの義明にそれはわかりません。
その状況で最も賢明なのは、ひとまず居城・衣笠城(現・神奈川県横須賀市)に帰ることでした。
帰り着いた義明は急いで篭城の支度を整え、戦闘に備えます。

そこへやってきたのは、畠山重忠(しげただ)という武将でした。
因果なことに、彼もまた義明の娘の子供。つまり孫です。
重忠は重忠でトーチャン(義明からすると娘婿)が京で仕事をしており、半ば清盛に人質として取られたようなものだったので、不本意だった様子。
立場上致し方ないとはいえ、「孫がジーチャンを殺しに来る」という火サスでもねーよ!な展開になってしまったのでした。あったらスミマセン。

といっても戦闘が始まった直接のきっかけは別の武士が「手柄挙げるぞおおおおおお!!」といらんやる気を出して重忠の兵に攻撃してしまったというものだったので、もしこの人がいなければまた違った展開になっていたのかもしれません。
しかし現実には城方が次第に圧されていき、もはやこれまでと覚悟を決めた義明は、嫡子義澄(よしずみ)に後事を託して城から落ち延びさせます。
そして89歳(!)という老体で最期まで戦い抜き、討死したのでした。

スポンサーリンク

息子はその後、鎌倉軍で活躍

ちなみに義澄はその後頼朝に仕え、義経の逆落としで有名な一の谷や平家終焉の戦である壇ノ浦、そして奥州藤原氏を滅ぼした奥州合戦にも従って名を残しました。
頼朝死後も二代将軍・頼家の重臣として働いています。これなら義明も浮かばれたでしょうか。

もし源氏将軍がもう少し続いていたら、義明と義澄は二代に渡る忠臣としてもっと知られていたのかもしれません。
一応平家物語の異本「源平盛衰記」に登場していて、江戸時代には挿絵に描かれているのですけども、パッと見て源氏方か平家方かわからないせいもあってか、知名度はイマイチです。
昨今はゲームなどでもシニアキャラが必ずいますし、今後源平時代を扱った作品が出てきたときには、一瞬だけでも登場してもらいたいものです。
「年寄りの冷や水」なんて言葉もありますけれど、義明は最期まで熱く戦い抜いたんですからね。
長月 七紀・記
参考:

スポンサーリンク

http://ja.wikipedia.org/wiki/三浦義明





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.