今川家 その日、歴史が動いた

軍師・太原雪斎は今川家に何をもたらした?三国同盟を締結させた黒衣の宰相

更新日:

戦国時代を代表する軍師は誰かと問われたら?

多くの方が竹中半兵衛黒田官兵衛を挙げるのではないでしょうか。

史実を鑑みれば、日本史に軍師というポジションはないよね……となってしまうのですが、それでもやっぱり頭の良い側近や参謀はシビれるもの。
彼ら軍師的存在は、なにも武将だけでなく、特に外交面で重宝された僧侶もおりました。

弘治元年(1555年)閏10月10日に亡くなった太原雪斎もその代表的存在でありましょう。

他には安国寺恵瓊(毛利家)や南光坊天海(徳川家)、板部岡江雪斎(北条家)がおりますかね。

今回は太原雪斎に注目です。

 

太原雪斎 義元の教育係として呼び出され

太原雪斎は明応五年(1496年)、今川家臣・庵原氏いはらしのもとに生まれました。
幼き頃より優れた頭脳を持ち、複数の名門寺院で修行を重ね、そのまま平和な時代でしたら名僧となっていたかもしれません。

大永二年(1522年)、義元の父・今川氏親に駿河へ呼ばれます。

当時、九英承菊きゅうえいしょうぎくと名乗っていた雪斎は、氏親五男・今川義元(4才)の教育係に任ぜられたのです。

正室の生まれとはいえ、五男である義元の家督相続は、まずありえないと思われていました。
となると、お兄さんである次期当主に仕えるか、よその家へ養子に行くか、出家するかしか道はありません。

いずれの道を選ぶにせよ、学問は必須。
当時は今のような学校制度はありませんから、しっかり勉強するにはお寺へ入るのが一番でした。

ついでに身の振り方も決めてしまおうというつもりだったのか。
義元は4歳で頭を丸めることが決定してしまったのです

かくして義元の教育係を務めることになった雪斎ですが、二人の年齢差はまさに親子同然ですから、義元はおそらく実の父とも思って雪斎から学んだことでしょう。

一緒に上洛して京都のお寺で学んでいたこともあるくらいなので、性格的な相性はかなり良かったものと思われます。
どちらかが嫌がっていたらそれらしき逸話が残っているでしょうしね。

この間、雪斎は「息子の教育だけじゃなくてウチで働いてくれんか」と義元の父からお誘いを受けているのですが、当時は断っていたそうです。

 

花倉の乱はなくらのらんをわずか2週間で鎮圧

そんなこんなで微笑ましい修学旅行(仮)を終えて帰ってきた二人に、天文五年(1535年)、衝撃的なニュースが届きます。

「義元様のお父上が亡くなりました」
「まぁ、もう歳だししょうがないな」
「あと、義元様のお兄さんが二人同時に亡くなりました」
「……ゑ?」
「……ゑ?」

こうなるとお家騒動が起きるのはテンプレ通り。

義元に跡継ぎの話が舞い込んだところで、もう一人の兄・玄広恵探げんこうえたんが相続を主張。
程なくして家督争いが勃発します。

花倉の乱はなくらのらん】というのですが、義元と雪斎は約2週間という早さで鎮圧に成功しました。

僧侶の雪斎に槍働きの記録はありません。

ゆえに合戦での具体的な戦功も記されておりませんが、武田家の『甲陽軍鑑』に
「崇孚なき義元では上手くことを運べない」
とまで記されるほどですから、参謀として大いに貢献したことは間違いないでしょう。

雪斎の的確な助言もあって勝利を収めることができた義元は、還俗して今川家に戻ります。
そして感謝と信頼を込めて雪斎を城に向かえ、政治的にも軍事的にも重用しました。

 

武田、北条と同盟を結び 遠江三河へ

その後の雪斎は義元の期待通り、いや期待以上の働きを見せました。

東に北条。
北に武田。
南に大海。
西に松平(後の徳川)。

四方を難敵に阻まれていた今川家は、度重なる周辺争いに忙殺され、国土拡大の機を逸しておりましたた。

北条、武田、今川の間で時に手を組み、時に戦い、隙を見せれば攻め込まれる――そんな関係であり、唯一、侵攻が可能な西方面(遠江・三河)へ進軍できずにいたのです。

そこで動いたのが雪斎。
今川―北条―武田の間で、嫡男と姫による婚姻関係を成立させ、同時に「甲相駿三国同盟」を締結させたのです。

互いの利益に合致したこの同盟は、今川家の遠江・三河の平定や尾張進出を促し、いち早く国力を拡充させました。
義元が「海道一の弓取り(東海道で一番の武将)」とされるのも、そうした背景があったからなんですね。

また、三河の平定においては、雪斎が現地の武士に所領を安堵する書状も残されているなど、全面的に関わっていたことが見て取れます。
人質にした徳川家康の教育係も務めたと言いますから、政治軍事だけでなく外交においても欠かせない存在だったのでしょう。

ちなみに人質の家康については『信長公記』にこんな記録もあります。

織田家で人質になっていた松平竹千代(徳川家康)。
これを取り戻すため、今川家では織田信秀の息子・織田信広との人質交換で家康を引き取ったのですが……。

その前に安祥城で籠城していた織田信広を攻め落とし、信広を捕縛したのが太原雪斎だったんですね。

信広のその後については、以下の記事を御参照ください。

織田信広とは:信長の兄、家康との人質交換で尾張に戻る

 

今川仮名目録や商業政策などまさに八面六臂

他にも今川仮名目録(今川家領内の法律)に追記したり、商業政策を整えたり、まさに八面六臂の大活躍。

大河ドラマ主役・井伊直虎の井伊家を傘下に収める政策を進めたのも義元と雪斎が今川家をリードしてからのことですね。

義元にとっては、無くてはならない存在だったでしょう。
それだけに今川としても雪斎の死はあまりに大きいものでした。

弘治元年(1555年)閏10月に60才で死去。

その約5年後の【桶狭間の戦い】で、義元が織田信長に討ち取られたことはあまりにも有名です。

雪斎が存命でしたら、全く異なる結果だったでしょう。
歴史でそれを言っても仕方ないとはいえ、少しばかり考えてみたくなってしまいます。

桶狭間の戦い 信長は奇襲していない!戦国初心者も超わかる信長公記36話

今 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国僧侶列伝(星海社新書)』(→amazon link

 



-今川家, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.