武田耕雲斎

山田風太郎作品『魔群の通過』は天狗党の悲劇を描いた傑作小説です/amazonより引用

幕末・維新

武田耕雲斎と天狗党の乱が日本史上まれに見る悲劇的な最期となった理由

大河ドラマ『青天を衝け』で津田寛治さんが演じる武田耕雲斎。

天狗党の乱の責任者となる耕雲斎は、ドラマにおいて悲惨な最期を迎えると公式サイトにも記されています。

それが一体どんな内容なのか。

本記事の執筆時点では不明ながら、史実における耕雲斎の最期とは、正視に耐え難いほど後味の悪いもの。

おそらくや映像ではほとんど描かれない、いや描けないと思われます。

こう記すと「大げさだな……」と感じられるかもしれませんが、個人的には日本史上屈指のキツい話であり、心苦しいながら、武田耕雲斎と天狗党の乱の惨劇を振り返ってみます。

※TOP画像は、天狗党の悲劇を描いた山田風太郎の小説『魔群の通過』(→amazon)表紙で、武田耕雲斎の肖像画が描かれている

 

甲斐武田の末裔を称する武田耕雲斎

幕末の関東には、甲斐武田家の影が落ちています。

武田家は織田・徳川によって滅ぼされたあと、遺臣たちの中には徳川に仕えた者もおりました。

家康が江戸を治めるにあたり、厄介なことに北条の残党がおります。嘘かまことか、風魔忍者の残党とされる向崎甚内といった盗人がいるのです。

その鎮圧のために武田遺臣を登用、彼らが豪農となった伝承があります。真偽のほどはさておき、そう信じる層がいたことは確かです。

武田耕雲斎も、武田家とゆかりある跡部氏の出身。

その後、武田信玄の末裔であるとして「武田」姓を名乗ることとしたのです。

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

そんな誇り高き耕雲斎は、戸田忠太夫藤田東湖と並び称されますが、主君である斉昭が藩主となるまでは紆余曲折がありました。

兄・斉脩が後継を決めぬまま死去したことから藩内抗争があったのです。

こうしたスムーズではない相続を支えたことから、藩政において存在感を示すようになった耕雲斎。

しかし肝心の斉昭が万延元年(1860年)に急死してしまいます。

徳川斉昭
徳川斉昭(青天を衝け・竹中直人)の史実は幕府を揺るがす問題児?【慶喜の父】

続きを見る

その半年ほど前には、桜田門外の変が起きていました。水戸藩士たちが大老・井伊直弼を暗殺した事件です。

もともと激しやすく、藩内抗争が起こりやすかった水戸藩は、これでタガが外れたような状態に……かろうじて抑えていた斉昭も、最晩年にはコントロールできないと焦りを感じていたとされます。

耕雲斎は一線を退き、藩内の調整をはかりますが、もはや彼一人ではどうにもなる状態ではありません。

その後、水戸藩は破滅的な行動へと走り始めます。

 

水戸藩の対立構図

水戸藩の対立構図は、斉昭が藩主となった時からのもの。

斉昭が藩主になった過程は、兄が後継者を決めなかったため中々大変なものでした。

そのため斉昭は、まず己の正統性を固めねば話になりません。

下級藩士から側近を集い、その中にいたのが藤田東湖や武田耕雲斎です。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

各藩での対立構図が最終的に倒幕か佐幕かに収斂されてしまったため、その対立と思われがちですが、もとは斉昭に賛同するか反対するか、そこで別れたのです。

斉昭を諌める側には、結城寅寿(ゆうきとらかず/朝道・ともみち)という才智あふれる人物がおりました。

人間的にもできた人物で、当初は斉昭や東湖らとも友好関係を築き上げていたのですが、徐々に対立を深めてゆきます。

その結果、結城派は、藤田東湖たちから「俗論党」とも呼ばれるように……。東湖らは、自分たちが高邁な思想を掲げるけれども、あいつらは保身しかない「俗論」を唱えてばかりの連中だと揶揄したのです。

幕末で俗論党、俗論派といえば長州藩があります。自分たちのアンチは下劣だと決めつける、あまりに身勝手なネーミングですね。

長州藩の中にもいた負け組「俗論派」歴史に埋もれた「勝者の中の敗者」に光を

続きを見る

東湖というブレーキ役が急死すると、斉昭は結城寅寿を死罪としました。

その子・結城種徳は獄中で絶食死。この惨い死には理由がつけられたものの、どうにもそれが事実かはっきりとしない。諌める東湖を失った斉昭の暴走の側面もありました。

そして実力者を惨死に追い詰められた結城派は、斉昭とその一派への深い恨みを抱きます。

 

天狗党とは

斉昭と藤田東湖の君臣は、思想面で水戸藩をリードさせました。

斉昭は抜群のパフォーマンスで人気があり、『青天を衝け』で描かれたように江戸の庶民まで斉昭待望論を抱いていました。

彼らは天狗党と名乗っています。

藤田東湖も思想面でリードしており、その死を悼む者は多くおりました。庄内藩出身の清河八郎もこの君臣に憧れていた一人です。

清河は新選組作品ではおなじみであり、近藤勇らを騙した小悪党扱いをされることもあります。

近藤勇
近藤勇が新選組で成し遂げたかったこと 関羽に憧れ「誠」を掲げた35年

続きを見る

しかし、それはあくまで新選組目線であって、清河が頭脳明晰な志士であったことは確か。

そんな清河が、文久元年(1861年)、尊王攘夷の本拠地水戸藩に期待を込めて足を踏み入れると、そこにいたのは、3~4歳の幼児相手にまで威張り散らす天狗党の姿でした。

「オラオラ、天狗のお通りだーっ!」

酒楼にいた清河に対して、天狗党が難詰するためにやってきました。困惑して「明日話したい」と答えると、鹿島参詣をするならば話す必要はないと去って行くではありませんか。

神社に参拝することでセーフ認定。彼ら天狗党はイデオロギー重視であり、敵味方認定が極端でした。

そうした水戸っぽ気質を示す人物としては、新選組の芹沢鴨もおりますね。

文久3年(1863年)に暗殺された芹沢は、近藤勇らの視点から見て、フィクション等で悪名を誇張されているところはあります。

しかし、芹沢の押しの強さは確かなようです。幕末の水戸藩には暴力的な気質が煮えたぎっていたのでした。

ただ、こうした天狗党の暴走が【桜田門外の変】でもあります。

桜田門外の変
桜田門外の変がわかる&意外な事実→井伊の首を取ったのは薩摩藩士だった

続きを見る

それから半年も経たぬうちに斉昭は心臓発作で亡くなっていますが、斉昭ですら、この状況に苛立ちと危機感を覚えていたのでした。

武田耕雲斎もまた、天狗党の暴走に懸念を抱く人物です。

もはや彼らは止まりませんでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-