絵・小久ヒロ

浅井・朝倉家

浅井万福丸(信長を裏切った長政の息子)に襲いかかる過酷な処置

更新日:

歴史的なできごとを見ていると
「なにそれひどい!」
と思うことも多々ありますよね。

当時フツーだったことも、現代の感覚で見てみれば、異様な後継に見えることも少なくない。

その最たるものの一つが
【義弟・浅井長政の首に金箔を貼った】
という織田信長の話でしょう。

 

浅井万福丸 長政の息子が背負った業

浅井長政は、信長の妹・お市の方の夫でもあり、美人三姉妹がいたことでも話題になりやすいですが、その一方であまり注目されていないのでは?というのが“長政の息子”。

天正元年(1573年)10月17日、浅井長政の長男・浅井万福丸が処刑されました。

同年夏に本拠地・小谷城が落とされ浅井家が滅亡したあと、落ち延びていたのを捕まってのことだといわれています。

わずか9歳。
物心ついたところでの非常な運命でした。

「そんな小さい子を殺すなんて、やっぱり信長はひどい!!」
なんて思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は大して珍しい話ではありません。

武家においては「敵の子供を殺す」のは当たり前も当たり前、常識的な行為だったからです。

 

「源氏の御曹司を助命した結果」どうなったよ?

日本史でわかりやすい例を挙げるとすれば、やはり源頼朝でしょう。

父・源義朝が平清盛に敗れて処刑された後、幼い頼朝平家の追手に一度捕まりました。
そして処刑されそうになったところを、清盛の義母や皇居の女性達の嘆願により命だけは救われ、伊豆への流刑になるのです。

当時は死刑の次に重いのは流刑だったからです。

「敵に命を助けられた」ことになるわけですが、当然、頼朝はそれを恩に着て大人しくはしませんでした。

後に平家打倒の兵を挙げているのは皆さんご存知の通り。
ドラマや小説では「あの恩知らずが!」なんてシーンが入っていることもありますね。まさに正論。

源頼朝53年の生涯をスッキリ解説!鎌倉幕府の設立、死因からその素顔まで

源 ...

続きを見る

つまり「幼いからといって敵の子供を生かしておくと、いずれ自分の子孫が滅ぼされる」可能性があるわけです。
まぁ、そりゃそうですよね。

敵が自分と同世代であれば、子供同士も同じくらいの歳になるわけですから、いずれぶつかるのは必至。
ならば先に災いの芽は摘んでおこうというわけです。

現代語でいえばリスクファクター対策ですね。

 

世界史だってデフォルト

世界史でも、
「かつて王様になった人間は自分の親兄弟を含めた血縁者を皆殺しにするのが当たり前だった」
なんて時代もあります。

だいたい中世くらいの話です。

ヨーロッパでの記録が多いですが、オスマン帝国でもだいたい同じようなことをやってましたので、一時期においては”世界の常識”レベルの話でした。
こういうことを知ると、現代の庶民に生まれて良かったと思いますね。

信長は自分が織田家を継ぐときにもさんざん苦労していますし、家中の統一でも手こずっておりますので、この手の”戦後処理”を徹底しています。
それでも一度きちんと謝ってきた相手は許したり、血縁者やお気に入りには大分甘いですけど。

松永久秀はどっちなんだって?
使える人だったから勘弁していたのでしょう。

なにより松永久秀は、最近の研究で人物像がかなり変わってきており、武人としても文化人としても相当デキるタイプだったと目されております。ゆえに、信長は二度目の裏切り後も信長は許そうとしていたぐらいです。

松永久秀は爆死に非ず!信長を二度裏切った男は梟雄どころか忠義の智将か

2 ...

続きを見る

面白いところでは斎藤龍興でしょうか。

岐阜を追い出された後、何度も信長へ仕掛けて、そして尽く跳ね返され。
結局、朝倉家を頼り、同家が滅亡するタイミングの【刀根坂の戦い】で討ち死にしました。

この辺、漫画『センゴク』でも非常に魅力的に描かれておりましたね。

斎藤龍興は国を追い出されてからが本番!信長にネチネチ攻撃を続けた道三の孫

マ ...

続きを見る

浅井家については、三姉妹を助けて血筋だけでも残したあたりが粋な計らいとも取れます。
代々武士の家に生まれたからこそ、血が続くだけでも充分な栄誉であることがわかっていたのでしょう。

皆殺しにすると周辺から余計反発を招く――そう考えたからかもしれませんけども、こういう清濁併せ呑むというか臨機応変なところもまた織田信長の魅力ではないでしょうか。

結論:NOBUさん、カッコエエ!

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
戦国大名系譜人名事典 西国編(新人物往来社)』(→amazon link
『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon link
浅井万福丸/wikipedia

 



-浅井・朝倉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.