明智家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ72話 名人・久太郎の参上! 秀吉に敗れた光秀は何処へ

中国大返し】という、光秀の予想つかないスピード進軍を完遂した豊臣秀吉は、有利な態勢のまま直接対決へ持ち込むことに成功した。

中国大返し! 秀吉・官兵衛の10日間で230km強行軍を考察してみる

続きを見る

一説に両軍の兵数は、明智1万3000~5000ほどに対し、秀吉側は2~4万とも。

かくのごとき圧倒的兵力差になったのは、畿内の細川藤孝細川忠興親子や、高山右近、中川清秀たちが、光秀につくことをためらったことも影響。

また、四国へ出かける予定だった織田信孝丹羽長秀のコンビが秀吉になびいたことが決定的だったかもしれない。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

信長の側近であった名人・久太郎も参加し、いま【山崎の戦い】始まる――。

 

お好きな項目に飛べる目次

横槍部隊参上!

◆山崎の戦いで共に先陣を務めた中川・高山隊を救ったのが、戦の名人として知られた堀秀政さんでした。

もともとは織田信長の側近にして、その後、秀吉の家臣となり九州平定などでも実績を残す、密かに人気の戦国武将。

たしかにキレッキレなイメージなんすよねー。

堀秀政は信長に寵愛され秀吉に信頼された「名人久太郎」38年間の武将人生

続きを見る

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

 

朱椀

◆お椀をひっくり返したかのようなこの兜。

正式名称は銀白檀塗合子形兜(ぎんびゃくだんぬりごうすなりかぶと)と言い、実際に官兵衛が使ったものが岩手県盛岡に残されております。

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

なぜ岩手に?
官兵衛の所在地って、兵庫→福岡じゃないの?

という疑問はもっともでしょう。

実は【黒田騒動】で家臣の栗山大膳が盛岡の南部家に預かりとなったとき持っていったのです。

栗山大膳とは、官兵衛の右腕だった栗山利安の子。

栗山善助(栗山利安)81年の生涯~息子の大膳も忠臣なり【官兵衛の右腕】

続きを見る

歴史って意外なところで続いてますなぁ。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明智家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.