絵・小久ヒロ

今川家

花倉の乱で義元&雪斎コンビが福島家に勝利! そして今川家の相続へ

天文五年(1536年)6月10日は、今川家で起きたお家騒動【花倉の乱はなくらのらん】のクライマックスとなった日です。

方ノ上城かたのかみじょう攻めで今川義元が勝者になりました。

最近は大河ドラマ『麒麟がくる』で片岡愛之助さんが義元を演じて注目されておりますよね。

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

ドラマでは先日の放送【桶狭間の戦い】で戦死したばかりですが、今回注目の花倉の乱では、側室生まれの兄・玄広恵探に勝利して今川家の当主となっております。

今回はそこに至るまでの経緯なども振り返ってみましょう。

 

血筋からして義元があとを継ぐのが道理だが……

そもそも今川家は、室町幕府将軍家である足利家の一門の中でも格の高い家です。

いざというときには将軍も輩出できますし、正式に駿河の守護に任じられておりました。

しかし、もろもろのトラブルで一族の争いが度々起こるようになり、少しずつ勢力が弱まっていました。

義元の父・今川氏親の代にはいったん落ち着いていたのですが、氏親の跡を継いだ長男・今川氏輝と、その後継者に決まっていた次男・今川彦五郎が急死してしまったために家中は大混乱。

二人が同日に亡くなったのはどう考えてもアヤシイということで、暗殺説もあります。

ともかく次の当主候補になったのが義元です。

血筋からして義元が継ぐのが道理でしたので、本来は起きるはずがなかったのが花倉の乱ともいえます。

他の側室生まれの兄も出家していましたし、氏親正室の子供では義元が一番上でした。

年齢順でいくと側室生まれの兄のほうが上にはなりますが、正室生まれの方が有利ですのでその序列は簡単にはひっくり返せません。

 

外戚の福島家が横槍を入れてきた

しかし、当主に就任するため義元が還俗すると(義元も出家していた)、有力家臣の一部が大反発しました。

娘を氏親の側室に出していた福島家くしまけ

玄広恵探げんこうえたんが氏親様の子だし、こっちのほうが年長だし家継がせてよ!」(超訳)

とゴネだしたことで話がこじれるのです。

どう見てもジーチャンが権力を握る気満々。こうして

「正室生まれの弟」
vs
「側室生まれの兄」

という構図ができてしまいます。

戦国時代あるあるですね。

ここで仲裁に入ったのが氏親の正室であり、義元の母である寿桂尼じゅけいにです。

【女戦国大名】寿桂尼とは? 直虎が見習う手本は今川にいた

続きを見る

が、これはあえなく失敗。

長引けば不利と見たか、福島家はこの年の5月25日に挙兵して強引に当主の座をかっさらおうとします。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-今川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.