毛利家

戦国を生き抜いた秘訣は禁酒 なぜ元就は75歳まで長生きできたのか

広島出身の馬渕まりです。

ワタシたちの地元武将代表といえば、やっぱり毛利元就さん。

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

三本の矢をイメージする方も多いと思いますし、古くは本人の名前をタイトルとした大河ドラマ(1997年)にもなりましたよね。

今回は、そんな元就の生涯を【健康面】から考察してみましょう。

 

家族が次々に酒毒で死亡 梅の毒ではありません

元就は明応6年(1497年)、毛利弘元の次男として生まれました。

3歳の時に、父・弘元は長男に家督を譲って隠居。元就は父と共に支城に移り住むのですが、翌年には実母が亡くなり10歳時には父も『酒毒』が原因で死去します。

しかも悪い家臣が領地を横領し、元就を城から追い出してしまいます。

あまりに悲惨な境遇のため『乞食若殿』と呼ばれた元就でしたが、弘元の後添えがそんな元就を不憫に思い、再婚もせず養育します。捨てる神あれば拾う神ありですね。

後年、息子へ宛てた手紙の中で「養母は立派な人だった」と書いているので、血の繋がりはなくても良い母だったんでしょう。

さて、そんな元就ですが家督を継いだ兄がこれまた『酒毒』で死去。毛利家を継いだ幼い甥の後見人となり、その甥も9歳で早逝すると今度は元就が毛利家の当主となります。

そこから合戦で活躍したり、謀略を用いて勢力を拡大する話は割愛し、病気の話へ進めましょう。

一応、申しておきますと『酒毒』ですからね。『梅』の方の毒ではありませんよ。お酒が原因です。

 

酒の強さはアルデヒド脱水素酵素でキマる!

父と兄を『酒毒』で亡くした元就は、もともと酒に弱いこともあり禁酒を誓ったそうです。あ、そういえば元就のじーさまも酒で早死にしてますね。

『酒毒』とは飲酒による害毒のことです。おそらくですが元就の父と兄はアルコール性の肝障害で身体を壊して亡くなったのでしょう。

そもそもアルコールは肝臓で代謝され無毒化されます。この際に生じたアセチルcoAから脂肪酸が合成されるのですが、アルコールを大量に飲むと分解が追いつかず、また肝細胞で作られた脂肪が肝臓に蓄積します。

これが肝細胞にダメージを与えてアルコール性肝障害を起こすのです。

ダメージには3つの段階があります。

最初はアルコール性脂肪肝で、この時点では症状もなく禁酒で容易に改善します。進行すると次にアルコール性肝炎になりますが、自覚症状はあまり出ません。最後にアルコール性肝硬変まで進むと、肝臓の機能が保てなくなり(肝不全)、黄疸、腹水、低血糖、電解質異常、脳症などを発症、しばしば死に至ります。

アルコール性の肝障害は飲酒量が多い程、また飲酒期間が長いほど起こりやすくなります。

それに加えて遺伝的な素因も関係します。

『アルコールを無毒化する酵素(アルデヒド脱水素酵素)』の働きが不完全な人は、酒に酔いやすくアルコール性肝障害も起こしやすくなるのです。

ちなみに完全に酵素が働かない場合はアルコールが分解出来ず、酒が全く飲めません。

元就の家系は 祖父が33歳、父が41歳、兄が25歳という若さで死去しております。そのためアルデヒド脱水素酵素の働きが中途半端で、アルコールが充分には処理出来ないタイプの遺伝(ALDH2*1/*2遺伝子型)だった可能性が高いでしょう。

禁酒した元就の判断は賢明です。

 

『三矢の教え』はフィクションなれど

禁酒を敢行しただけでなく、元就は健康マニアで、医学知識も玄人はだしだったそうです。

そのかいあってか、当時としては長命な75歳まで生き、71歳のときには子供も作っちゃってます。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-毛利家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.