蜂屋頼隆/wikipediaより引用

織田家

蜂屋頼隆は信長の陰で地味に活躍 エピソード静かな武将は織田家で何をした?

更新日:

天下人となった豊臣秀吉はもちろん、前田利家柴田勝家、さらには明智光秀など。

綺羅星の如くスター武将が揃う織田家において、その名は決して目立たぬけれど、この人がいなければ色々と困ったであろうなぁ……という武将も当然おりました。

その一人が蜂屋頼隆(はちや よりたか)でしょう。

「あっ、そういえば時々名前を見るよね……」と思う方がいれば。
「聞いたことないっす」と返答する方も少なくなさそう。

さほどに危うい存在感ながら、【桶狭間の戦い】以前から信長に仕えた功労者であり、地味に大切な役割もこなしたりしております。

その生涯、いかなるものだったか?

 

蜂屋頼隆 信長の初上洛で密かな活躍

蜂屋頼隆の生年は不明。
出自だけでなく、いつから信長に仕え始めたのか、その理由等も定かではありません。

美濃の加茂郡に蜂屋村というところがあり、ここの土豪の出ではないかともいわれていますが、今のところはあくまで可能性の一つです。

そんな頼隆の動向と、信長からの評価が初めてうかがえるのは、永禄二年(1559年)のこと。

この年、信長は初の上洛を行いました。

といっても軍事的な規模のものではなく、いわゆる”お忍び”というやつです。
さすがに完全な丸腰ではなく、80人ほどのお供はいたようですが、戦国時代ということを考えればかなりの冒険でしょう。

蜂屋頼隆も、お供のメンバーの中に含まれておりました。
信長公記』にも書かれている、とある【事件の解決役】として出てくるのです。

当時、信長は、美濃の斎藤義龍と激しく対立しておりました。

そこで「信長が少人数で上洛する」と聞いた義龍は、腕の立つ配下の者たちを刺客として派遣。

信長の命を狙わせようとしたのですが、このとき尾張から信長を追いかけてきた丹羽兵蔵がそのとこに気づき、密かに先回りをして織田一行に知らせたため、大事には至りませんでした。

このとき兵蔵が報告した織田家のメンバーというのが蜂屋頼隆(と金森長近)だったのです。

「頼隆と長近は美濃に詳しい」
と認識されていたからこそ、兵蔵は真っ先に彼らへ知らせようとしたのでしょう。

このことから、頼隆は美濃出身、かつ斎藤氏に仕えていた時期があるのではないか……とも考えられています。
詳細は、今後の研究に期待というところでしょうか。

 

側近エリート・黒母衣衆の一員に

いずれにせよ、この一件からも頼隆は
「出自は不明なれど、若い頃から信長に信頼された古参のひとり」
という認識で問題ないでしょう。

実際、その後は信長の使番・黒母衣衆の一員になっており、ここでも信頼ぶりがうかがえます。

黒母衣衆には、他に佐々成政や中川重政、河尻秀隆などがおりましたので、彼らと連携したり、親交を持ったりといったこともあったかもしれません。

佐々成政53年の生涯をスッキリ解説!信長の側近から秀吉の反逆者へ

1 ...

続きを見る

ちなみに赤母衣衆には加賀百万石でお馴染みの前田利家が選ばれておりました。

しかし、信長と近いところにいた割に、蜂屋頼隆には特筆すべき逸話がない。
キャラもわかりにくい。
ゆえに人気も出にくいのでしょう。

次に頼隆の動向としてはっきりわかるのは、永禄十一年(1568年)の上洛です。
先のお忍び上洛と違い、このときは足利義昭を将軍につけるため、大軍で京都入りしたのでした。

このとき蜂屋頼隆は、柴田勝家・森可成・坂井政尚らと共に先陣を務め、三好三人衆の一人・岩成友通のこもる勝龍寺城(長岡京市)を攻めています。
四人で協力し、敵の首を50余り挙げたとか。

入京後の政務でも、この四人は引き続き連携しております。
ときには佐久間信盛や和田惟政などとも手を合わせて、仕事をこなしておりました。

 

主な合戦にキッチリ参加はしている

また頼隆には、公家から連絡が来ることもあったようです。
永禄十二年(1569年)1月24日に、公家の飛鳥井雅敦から「本興寺(尼崎市)に陣を置くのはやめてほしい」と頼まれたことが記録されています。

いつの頃からか、頼隆は連歌・和歌の好士といわれるようになるのですけれども、もしかしたら飛鳥井家との付き合いができてから学んだのかもしれません。
飛鳥井家は和歌と蹴鞠をお家芸とする家ですから、手ほどきを受けることがあっても不自然ではないでしょう。

もっとも信長の傅役もりやく平手政秀なども和歌に通じていましたので、以前から京都や公家と関わっていた織田家の別人に学んだ可能性もあります。

その後は伊勢北畠氏が相手の【大河内城の戦い】や、浅井氏との戦い、三好義継と三好三人衆との合戦など、信長関連の主要な戦に多く参加しました。

伊勢攻略の総仕上げ・北畠親子が退去してから〜超わかる『信長公記』第64話

6 ...

続きを見る

しかし、頼隆は同じような戦に参加していた武将たちと比べ、このあたりから出世が遅くなっていきました。

例えば、浅井・朝倉攻めに関して、森可成らが琵琶湖周辺の要所・宇佐山城を任されているのに対し、頼隆は一武将として部隊を率いるにとどまっています。

具体的に見ておきますと、

◆森可成→宇佐山
◆柴田勝家→長光寺
◆佐久間信盛→水原
丹羽長秀→佐和山
◆中川重政→安土
◆明智光秀→宇佐山(可成戦死後)→坂本
羽柴秀吉→横山

といった感じです。

特に、当時織田家では新参者だった光秀や、一気に出世してきた秀吉と比べると、頼隆は完全に取り残されてる感は否めません。

 

勝家と共に行動することが多かった

ではなぜ、蜂屋頼隆は最前線の重要拠点に置かれなかったか?

好意的に解釈しますと、信長は「次善の策」として頼隆などを手元に残しておいたのかもしれません。

全ての人材を外に出してしまうと、どこかに壊滅的な被害が出た場合に、次の一手を打つことが難しくなります。
この時点での織田家は、先々の戦況がどう転ぶかわかりませんから、最悪のことも想定しておかねばなりません。

信長の人材の見極め方がシビアであることを考えると、

柴田勝家らは「一定の範疇で自由にやらせたほうが活きるタイプ」
頼隆らは「手元においておき、必要なことを細かに指示してやらせるべきタイプ」

といった評価をしていたのかもしれませんね。

柴田勝家62年の生涯をスッキリ解説!当初は信長の敵だった鬼柴田

戦 ...

続きを見る

もちろん、信長が「頼隆では、一拠点を任せるには力不足」という評価をしていた可能性もありますが、実際、軽んじられていたわけではなさそうです。

元亀四年(1573年)に足利義昭が信長と対立したときは、勝家・光秀・長秀と共に近江石山城・今堅田城攻撃を担当していました。
上洛戦のときも協力していますし、勝家とは特に、長い付き合いだったということになりますね。

この攻略は間もなく成功しました。
義昭本人を追い詰める際、頼隆は洛外への放火を担当していたようです。

ここでもやはり、頼隆個人での武功は記録されていません。
やはり、最前線で華々しい活躍をするタイプというよりは、命じられたことを確実にこなしていくタイプだったのでしょう。

 

天下一の香木・蘭奢待

天正元年(1573年)8月。
朝倉軍を追撃する――という一幕がありました。

信長が事前に「朝倉が撤退するからスグに追うんだ、絶対だぞ!」と伝えたにもかかわらず、それを信じた家臣がおらず、信長が先頭に立って追撃したという話ですね。

絵・富永商太

「まさか今晩出立するわけがない」と、油断していた諸将は遅れをとり、信長に叱責を受けるのですが、このとき頼隆の名も登場しています。

続いて【長島一向一揆】を牽制するための北伊勢の制圧や、翌天正二年(1574年)7月の長島攻めも参加し、立てこもった老若男女を攻撃しています。
ちなみにここでも、勝家と行動をともにしていました。

長島一向一揆で2万人を虐殺! 信長が宗徒を徹底的に潰した理由とは

マ ...

続きを見る

同年8月には越前一向一揆攻めに参加。
各将らと同様、一息つく間もないほどに各地を転戦しております。

そして在京時での確かな振る舞いが評価されたものか。
天正二年(1574年)3月に行われた東大寺の【蘭奢待】切り取りでも、特使の一人に選ばれています。

蘭奢待とは「らんじゃたい」と読み、天下一の香木として知られた宝物です。
正倉院に納められていて、足利義満足利義教など、ときの権力者や有力者だけが一部を切り取り、その香りを確かめることが許されました。

近現代ですと、明治天皇が切り取られたことでも知られますね。

 

村重包囲網では若手らと行動

天正三年(1575年)11月末になると、信長が嫡男・織田信忠へ家督を継承。
以降の蜂屋頼隆は、信忠に従って従軍するケースが増えていきます。

織田信忠 父・信長から家督を譲られし有能な二代目は、非業な最期を迎えた

偉 ...

続きを見る

相変わらず信長が織田家の最高権力者であり続けましたので、頼隆は信長からの命令も受けていました。これは彼に限らず、織田家臣全員に共通していることですね。
頼隆の場合は……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-織田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.