画・富永商太

徳川家

杭瀬川の戦い(関ヶ原の前哨戦)は西軍の勝利!? 家康も三成もガクブル

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
杭瀬川の戦い
をクリックお願いします。

 

三成の混乱を鎮めるため左近が奇襲が仕掛ける

大混乱に陥りそうな西軍。

なだめたのは三成の側近・島左近(清興)でした。

「殿! これ以上ここでじっとしてても仕方ありません。向こうはまだ着いたばかりだろうから、今のうち軽く一戦して叩いておけば、こちらに勢いがつくはずです」

「さすがは左近!では先陣を任ずる!」

ここでやっと我に返ります。

もしも左近がいなかったら関が原じゃなくて杭瀬川の戦いで終了になってたんじゃね?と首を傾げたくなるほどの狼狽っぷりです。

左近は蒲生郷舎(元・蒲生氏郷の家臣)と共に500人の少数で、東軍へ奇襲を仕掛けました。

このときの戦法がカッコイイ。

川を渡って密かに東軍へ近付き罵声を浴びせ……目の前の田んぼを刈ったりして挑発しました。

戦国時代の人取り・刈田・七尺返し
戦国時代はリアル北斗の拳ワールド! 食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

敵がいる目の前でそんな余裕ぶっこいた真似をされては、さすがに東軍も黙っていられません。

「何しとんじゃゴラァ!」と叫んだかどうかはわかりませんが、東軍の将・中村一栄(かずしげ)隊が刈田をやめさせるために出てきます。

杭瀬川(岐阜県大垣市)/photo by Monami wikipediaより引用

もちろんこれは左近の予想通り。

多少の犠牲は出てしまったものの、少しずつ川のほうへ退却します。

渡河中の戦は困難なものです。

もちろん東軍諸将もそれを知っていますから、この機を逃すなとばかりに猛攻をかけます。

しかし左近も戦上手、そう簡単にはやられません。

そして川を渡りきり、さらに大垣城に向かって退却を続けます。

 

家康ブチ切れ!左近は意気揚々と本陣へ

追う中村隊が同じく川を渡り、対岸に着いたその時!周囲の草むらから西軍の兵がワラワラと湧き出てきました。

「かかったな!」

退路を絶たれた中村隊は囲まれてようやく計略であったことに気付きましたが、時既に遅し。

逃げていたはずの左近隊が挟み撃ちを仕掛けてきたため、大苦戦に陥り、家老だった野一色頼母(のいっしきたのも)もこの混戦の中で死んでしまいました。

東軍もただ黙って見ていたわけではありません。

中村隊の苦戦を感じ取った有馬豊氏という大名が救援に向かいます。

しかし、これまた西軍・宇喜多隊の明石全登(あかしたけのり)に横っ腹から集中砲火を受けて撤退を余儀なくされてしまいました。

「勝手に出陣したあげく負けるとは、あのバカモノども!!」

この様子を山の上から見ていた家康は当然ブチ切れ、井伊直政本多忠勝を戦地へ向かわせると強制的に兵を退かせました。

策を見事成功させた左近はこの結果に満足し、深追いすることなく引き上げます。

島左近/wikipediaより引用

戻ってみると、家康登場で混乱していたのが嘘のように西軍は大盛り上がり。

士気を上げるという当初の目的は無事果たされたのでした……が、そのテンションは翌日見事にひっくり返されることになります。

あわせて読みたい関連記事

上杉征伐と小山評定から家康vs三成の関ヶ原はバッチバチに始まっていた!

続きを見る

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

井伊直政(徳川四天王)赤鬼と恐れられた42年の生涯まとめ

続きを見る

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

東西のスター武将が集った【岐阜城の戦い】はド派手な関ヶ原前哨戦だった!

続きを見る

金森長近は信長親衛隊「赤母衣衆」から大名へ出世!85年の生涯まとめ

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

石田三成
石田三成 日本一の嫌われ者を史実から再評価!豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

戦国時代の人取り・刈田・七尺返し
戦国時代はリアル北斗の拳ワールド! 食料を奪い人身売買も日常だった

続きを見る

関ヶ原で「第二の裏切り者」と戦った大谷吉継と平塚為広に涙がこぼれるわ!

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】

『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『関ヶ原合戦と大坂の陣 (戦争の日本史 17)』(→amazon

TOPページへ

 



-徳川家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)