wikipediaより引用

合戦

応仁の乱って何なんだ?戦国時代の幕開けとなった大戦をコンパクト解説!

更新日:

文明九年(1477年)11月11日は、応仁の乱が終結したとされる日です。

そもそも始まり方がグダグダな戦なので、終わった日についても諸説あるのですが、とりあえず今回は同日として扱わせていただきます。

歴史の授業でも確実に一度は習うハズですので、ご記憶の方も多いでしょうか。
今回は教科書よりもうちょっとだけ詳しく、この戦の流れと影響を見ていきましょう。

人名・地名はできるだけ省きましたが、それでもハテナが飛び交う複雑さなのはご勘弁ください。

また、足利家中心の話は以前も触れていますので、今回はそれ以外の点を主体にしたいと思います。
よろしければ以下の記事も併せてどうぞ。

 

将軍家の跡継ぎ問題が発端となり山名と細川が衝突す

さて、足利8代将軍・義政が当初、弟の義視に将軍職を譲ろうとしたところで、息子の義尚が生まれてしまったことが応仁の乱の発端なわけで、これを見た室町幕府のお偉いさんたちもまた、義視派と義尚派で大きく割れました。
一応、おさらいしておきましょう。

8代将軍・義政

弟・義視に継がせようとする

義政に子供(義尚)が生まれて、チョット待ったぁああ!

ここから応仁の乱へ、10年続く

もともと幕府には「三管領」と「四職」というお偉いさんの代表格たちがいます。

文字通り「幕府ナンバー2の”管領”になれる三つの家柄」と「室町幕府の軍事&警察トップになれる四つの家」のことです。
四職のほうはちょっとわかりにくいですが、”職”の字に役所や権限という意味があるので、そこからきたものと思われます。

ここからもわかる通り、室町幕府では家格を非常に重視した任官が行われていました。

が、応仁の乱が始まると、とにかく味方を増やすため、それに構わずあっちこっちの武士を身分で釣りはじめます。
西軍=義尚派=山名持豊(四職)も、
東軍=義視派=細川勝元(三管領)も、
とにかく必死。

ちょっと話がそれますが、学生の皆さんは「誰がどっち陣営で誰の味方なんだよ!」と一番こんがらがるところだと思いますので、それぞれの陣営を色分けしてマーキングすると良いでしょう。人物は多くても、陣営は二つだから分けやすいですしね。

ワタクシの(ピー)年前の教科書もそうなっておりました。当時の先生ありがとうございます。

しかし、(おそらく)受験に出ないレベルで応仁の乱を見ていくと、色分けなどは「小細工(笑)」状態になります。
あまりにも関係者が多い上に、裏切りが多発するからです。

そもそも当事者の一人とされる日野富子も、義政の弟・足利義視の将軍就任については特に反対ではなかったとされます。
あくまで中継として、その後に自分の息子に継がせたいと考えたのですね。幼少のうちからムリに将軍に就かせるよりも、義視にいったんお願いした方が自然な流れですしね。

 

誰かれ構わず東西が入り混じって戦争続く

そもそも、持豊と勝元は別の争いや、三管領の一角である畠山家のお家騒動絡みでライバル関係にありました。
応仁の乱で戦闘が始まったのも、畠山家の内紛がきっかけです。

他の家でもお家騒動が勃発し、幕府は一応調停に乗り出しましたが、武家の基本原則である「喧嘩両成敗」が守られていなかったため、余計に政治不信を招きました。

最初のうちは皇族を避難させるなど、遠慮している空気もあったものの……二ヶ月もしないうちに京の町に火が放たれるわ、それぞれの陣営に属する守護大名の兵が北陸・東海道・九州北部から集結して大軍同士の戦いに発展するわで、さっそく市街戦も辞さない雰囲気になっていきます。

他の地域でも、上司である持豊や勝元が「今ちょっとそっちのことまで構ってられないから、自分たちで適当にやっておくように。攻め込まれたら戦っていいし、敵方の守護を攻めて土地をぶん取ってもおk!」(超訳)と言いつけたため、あっちこっちで戦が起こります。

このせいで、実際には京都周辺で収まるはずだった応仁の乱が、戦国時代の幕開けにまで発展してしまったわけです。

1467年の勢力図・そりゃ都も荒れますわな/Wikipediaより引用

1467年の勢力図・全国規模で大戦乱です/Wikipediaより引用

もともとが利益目的で始まった戦ですので、それからはカオスそものの。

「あっちのほうが得しそうだから寝返ろう!」
「今ウチの上司弱っちいから、俺様が新しくトップに立ってやるぜ!」

そんな考え方が主流になります。

世の中が乱れたから損得で行動するようになるのか、その逆なのか、判断に悩むところですね。

 

皇族や公家、寺社の荘園は土着の武士たちに奪われ

どさくさに紛れて、皇族や公家、あるいは寺社の領地である荘園をぶん取る武士も珍しくなくなりました。

当然ながら、奪われたほうは困窮。

「京にいても生活が苦しくなるばかりで命も危うい……かくなる上は、地方の武士にちょっとかくまってもらうことにしよう」
そんな風に考えて、地方へ下っていく公家も増えました。

公家の中でも特にエライ家である、一条家の教房が自分の家の荘園だった土佐へ下り、土佐一条氏の祖先となった……というお話も以前扱いましたね。

【四国戦国譚】なぜ名門一条家は土佐に下向した?初代教房から七代政親で滅亡

武 ...

続きを見る

周防(現・山口県)の大内家など、公家をかくまうことで家格を上げる武士も出てきます。

ちなみに、西軍のトップだった宗全が亡くなった後、その立ち位置になったのも大内政弘という人でした。後々アレな経緯で大内家滅亡を招くことになる義隆のジーちゃんにあたる人です。

文明九年のこの日をもって(一応)応仁の乱の終結としているのは、政弘が京都から山口に引き上げたことによります。その後も政弘は中風が悪化するまでいろいろやってたので、野心は満々だったようですが。

その一方で、この状況に絶望し、子女を全て出家もしくは他家の養子に出して、わざと家を断絶させた公家もいました。
町広光町広光まちひろみつという人です。

応仁の乱が起きたときには既に53歳でしたので、当時としては老人の域。
そのタイミングでいつ終わるかもわからない戦が、自分の庭も同然の都で起こったのでは、悲観したくもなろうというものです。

後に別の人によって再興される動きも出たのですが、結局そちらも断絶してしまいました。
「兵ども(のせいで公家の血筋)が夢の跡」というところでしょうか。笑えない。

 

皇族や公家ですらキツいのに、一般人は言うまでも……

こうして最初から最後まで多方面に迷惑をかけまくったグダグダな戦が10年も続いたせいで、京の人は激減し、多くの公家屋敷や歴史ある寺社はほとんど焼けてしまいました。

併せて貴重な文物も多く失われており、その中には公家の日記や史書、物語、歌集の類も多く含まれていたことでしょう。

古文について調べてみると「成立年代と最古の原本とされるものの時代が合わない」ということがザラにありますが、たぶん半数以上は応仁の乱のせいです。
文化の破壊ダメゼッタイ。

まぁ、エライ人達ですらそんな状況ですから、一般人の迷惑は筆舌に尽くしがたいものでした。

兵の規律も乱れに乱れていたため、京の住民の多くが略奪や物資不足で弱り、疫病でも命を落としたといいます。
ちなみに、当事者である宗全や勝元も流行病で亡くなりました。
トップがいなくなったんならせめて停戦すればいいものを、それでも続けたのですからもうね……。

いっそ各陣の頭同士で将棋か囲碁でもやって、勝った方の条件をのむことにでもしろ、と言いたくなってきます。

サイモン&ガーファンクルの名曲“スカボロー・フェア/詠唱”にこんな一節があります。

「将軍たちは戦えと命ずる とっくの昔に忘れてしまった目的のために」(意訳)

応仁の乱しかり、三十年戦争しかり、ベトナム戦争しかり、長引く戦争なんていつでもそんなものなのかもしれません。

まさに語呂合わせの通り、「人(1)世(4)虚(67)し」い戦でした。
この読み方考えた人天才やろ。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
応仁の乱/Wikipedia

 



-合戦
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.