日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

真田昌幸/wikipediaより引用

スポンサーリンク

お城野郎! 徳川家 真田家 関ヶ原の戦い

第2次上田合戦~なぜ真田昌幸は2度にわたって徳川の大軍を撃退できたか

更新日:

名将・真田昌幸の名を全国に轟かせた上田合戦。

1585年と1600年の2度にわたり、徳川家の大軍を撃退した合戦として現代にまで鳴り響いておりますが、もちろん1度目と2度目では大きく意味合いは異なります。

「第1次上田合戦(1585年)」では、大国である北条・上杉・徳川の利害関係が、小国・真田家の頭上で交錯する中、昌幸が上田と沼田の領有を確保するため徳川家に挑んだ戦いでした。

第2次上田合戦(1600年)」は、目的こそ同じく領土確保であれ、その状況はまるで異なります。

時を同じくして行われるであろう三成西軍vs家康東軍の(後に関ヶ原合戦となる)戦いで、西軍勝利に貢献して真田の領土を保全、あわよくば拡大することでした。この戦いでは、たとえ東軍に上田城を攻略されたとしても、最終的に石田三成が勝てばOK! 生き残ってさえいれば、再び領土に戻ってくる状況でした。

徳川家臣・鳥居元忠のように敵地・伏見城で孤立して、城を枕に討ち死にするような悲壮感など、昌幸と信繁には微塵もありません。

西軍勝利のため大軍に合流するよりも、地の利を生かして東軍の西進を阻む――そんな遊撃部隊としての役割に徹したのでした。

今回注目の第2次上田合戦は、関ヶ原の戦いが起きる前の、周囲の状況から見ておきましょう。

真田昌幸時代の上田城古図(上田市デジタルアーカイブポータルサイトより

【TOP画像】真田昌幸/wikipediaより引用

 

東山道を進んだ秀忠に言い訳はできない!?

昌幸が徳川と対する直前、美濃の岐阜城では、織田秀信(三法師)が東軍と衝突、わずか一日で落城しています。

東軍は、岐阜城を落とし、美濃を支配下に置くことで、東海道と東山道の両方が使えますので、大軍の速やかな集合が可能となります。
そこで家康の江戸城出発と同時に秀忠も徳川家の主力を率いて東山道から美濃を目指しました。

最近でこそ、徳川秀忠は関ヶ原に遅参したのではなく、そもそもの目的が東山道の制圧だったなんてことも云われたりします。
途中で命令が変更になり、美濃に集結することになったものの、利根川の氾濫で伝令が遅れてしまい、いざ秀忠に伝わった頃には時既に遅し。遅参は真田昌幸との合戦だけが原因ではないという話もございます。

いずれも真偽は不明ですが、「何を言おうと、まぁ負け惜しみには変わりませんな」と、ついつい昌幸目線になってしまいます。

たとえ秀忠の東山道組に予定変更が伝えられたにせよ、東海道組と美濃で合流予定だったことは明白。家康がギリギリまで東山道組を待っていたことからも間違いありません。

しかも通常は、東海道より東山道の方が、旅程の計算がしやすいと云われています。

江戸時代を通じてもそうですが、東海道は安倍川や大井川など、大河をいくつも横断しなければならないので天候に左右されやすく、予定通りの行程で行くことが難しいといわれていました。

一方、東山道(後に中山道)は東海道より距離はありますが、天候にほとんど左右されません。
むしろ、ある程度、日程を調整しながら進まないと、東海道組より早すぎる到着になってしまう可能性もあり、日数の余裕から上田城攻めが行われたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

美濃へ急ぐ派の本多正信と、上田城攻略派の土井利勝

このとき西軍支持に回っていた真田昌幸に対して、徳川諸将の間では意見が分かれておりました。

本多正信のように
「あんなやつらは放っておいて家臣は15分前行動!さっさと現地を目指すべし!」
と、美濃へ急ぐ派と、

土井利勝のように
「いやいや、上様に手土産忘れるな!」
と、積極的にせん滅すべし派に割れたと云われます。

そしていつの時代も、ごもっともな消極的作戦より、勇ましい意見の方が通るのが武将たちの理屈。

当初から上田城攻略は家康の命令だったとも云われておりますが、秀忠はまず「降伏勧告」を出しているので、最初から力攻めの意思はありませんでした。

意見の割れた徳川家臣団に対して、「降伏勧告」という折衷案を採用した二代目・秀忠の調整感覚はさすがですね。

そんな事情があるとは知らない真田昌幸は、ここで徳川方をクギ付けにすることによって、畿内で東軍の集結を妨害できると考え、徳川方を挑発します。

 

スポンサーリンク

千曲川の特性を組み込んだ天然の要害・上田城

ここで上田城の立地をおさらいしておきましょう。

上田の地には東山道が東西に通っていました。
上野国から山を越え上田に至り、松本を通過して、さらに山を越えて美濃、近江に出る道です。

また南北には善光寺方面へ向かう善光寺街道が通っていました。
江戸時代に中山道が整備されて上田より南を通過するようにはなりましたが、松本から上田に至る道は「保福寺街道」として、江戸時代の松本藩主の参勤交代の道として活用されています。

このように上田城周辺は古代より街道の交差地点として、人の往来が盛んで国分寺も置かれていました。そして上田には千曲川の浅瀬を比較的安全に渡れる「渡し」があったと云われています。

街道と街道が交わるクロスロードと「渡し」を支配することは、その地域の物流や人の流れ、情報までをもコントロールできてしまいます。ゆえに、その地域に影響力を及ぼしたい為政者ならば必ず「要害を構えて侵されない」城郭化を施し、支配下に置きます。

ここに、千曲川の河岸段丘という天然の要害をも活かした「上田城」が築城されたのです。

昌幸は、人や物の往来を完全にコントロールするため、千曲川の渡しも城の外郭に取り込んでおります。

昔は、流れの激しい千曲川に橋を架ける技術はなく、軍事的にも敵の進軍を容易にする恒久的な橋を架けることはありえませんでした。往来者は僅かな浅瀬を舟で渡河していたのです。
かように上田城は、天然の要害・河岸段丘と、街道&渡河ポイントを押さえた、川沿いの城の定石通りに建てられていたのです。

しかも「第2次上田合戦」の頃の上田城は、築城から15年以上が経ち、城だけでなく市街地もかなり整備されておりました。

「第1次上田合戦」では、作戦だったとはいえ本丸まで侵入を許した東側の高台に三の丸を設け、さらにその外側にも市街地を広げて城郭の縦深を保ちます。

「第1次上田城の戦い」

「第1次上田合戦」では徳川の進軍に対し、砥石城に潜んでいた別働隊(真田信幸)が背後を衝き、勝利に導きます

上田城は地形上どうしても東側が城郭よりも標高が高くなります。この高低差の弱点を解消するため、本丸までの縦深を広げる必要があったのです。

それが三の丸の拡張と、東に伸びる市街地です。

また沼と沼をつなげる水路を掘り、敵が一直線に城へ殺到できないような町割りを施します。
街の外側には、戦時においては砦として使える寺も集めています。
現在の上田でも、お寺は城の東側から北側に多く、これは鬼門に寺社を集めたというよりも弱点を補う外郭の防衛拠点として集められたのでしょう。

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e6%ac%a1%e4%b8%8a%e7%94%b0%e5%9f%8e%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%842

 

砥石城を攻める真田信幸 守るは弟・信繁だったが……

西軍に与した真田家に対し、降伏勧告を出しつつも徳川方は小諸城に本陣を構えました。第1次上田合戦同様、南東から上田城にプレッシャーをかける作戦で、兵力は約10倍。通常の攻城戦としては、攻め手に十分な余力のある戦力バランスです。

真田昌幸はしおらしく降伏勧告に応じる構えを見せながら、3日経ってから「ワシ、実は戦の準備をしてましたわ! あっひゃー!」と挑発。

これを受け徳川方も総攻撃に移りますが、今回は彼等も「第1次」で惨敗した反省を活かします。
「第1次」では上田城の本丸まで迫りながら伏兵の横槍に撃退され、潰走中も「砥石城」から出た真田信幸率いる別働隊に追撃され、多数の兵士が討ち取られました。

そのため今回は上田城を攻める前に要害堅固で名高い「砥石城」を最初に攻め、占拠しておいたのです。

この時、砥石城を攻めたのは東軍に属した真田信幸で、砥石城の守将は弟・真田信繁。

東軍で居心地の悪い兄・信幸に戦功を上げさせるため弟・信繁はスグに退いたという、ドラマでしたらさぞかし涙腺崩壊の場面でありますが、戦国はリアリズムの世界です。

やはり兵力差が10倍ともなると、守備側が兵を二手に割るのは得策ではなく、上田城に集中させるのが定石ででした。ゆえに、徳川方が先に砥石城の攻撃に出た時点で、信繁が砥石城を放棄するのは既定路線だったと考えます。

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e6%ac%a1%e4%b8%8a%e7%94%b0%e5%9f%8e%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%843

 

百戦錬磨の徳川でもワナにはまってしまう

昌幸の必勝戦術は【戦略要地】を明け渡し、油断した敵を誘い込むことです。

「第1次」では上田の第1防衛ラインである神川を放棄して敵を油断させましたが、今回は砥石城を放棄して相手を油断させました。

今回も、城に殺到した徳川方を本丸のキワまで簡単にたどり着かせ、油断しきったところで至近距離から鉄砲を一斉射撃、遊撃部隊として信繁が徳川方の側背を突き、徳川の大軍勢はまたしても大混乱に陥ったのです。

徳川方は、遊撃部隊の真田信繁による夜討ちなどの奇襲にも散々悩まされた挙げ句に敗走。

さらに神川の上流に施していたダムを決壊させられ、溺死者多数という有り様となり、小諸城までほうほうの体で撤退することになりました。

砥石城から上田城方面の眺め。この場所で信幸はどいういう思いで上田城を見ていたのでしょうか

砥石城から上田城方面の眺め。この場所で信幸は、どんな思いで父弟を見ていたのでしょうか

「第2次上田合戦」の真田昌幸の勝因も結果的に「第1次」と似たようなものでした。

徳川方が油断したところに、地形を熟知した真田方の突撃と奇襲。検証は必要ですが、やはりなだらかな坂道を下りながらの攻撃はどんなに慎重な軍でも勢いがつきすぎてしまい、油断を生んでしまうのでしょう。当初は、小競り合いをする程度の構えだったのが、「勝てる!」と鼻息荒くなった途端に集団心理が働いてテンションが上がってしまい、結局ワナにはめられてもどうすることもできず大損害を被ってしまったのです。

徳川がバカなのではありません。彼等はそれまで最強の武田家などもやりあってきた百戦錬磨の軍団です。それでも誘われてしまうのですから、上田の台地は、よほど心理的に油断を誘う地形だと思わずには入られません。
ドラマ真田丸では、いささか空気の読めない昌幸となっておりますが、実際は、上田の地形と合戦の妙を熟知しており、確実に勝利に導いたのであります。

染谷台と呼ばれる上田の台地に本陣を構えた徳川秀忠に対し、遊撃部隊の真田信繁が奇襲を成功させましたが、これもおそらく川筋の谷を進んだと思われます。この場所は、砥石城から簡単に見えてしまうので、信繁は夜陰に乗じて進んだのか、あるいは信幸さえも知らない道があったのかもしれません。

上田城は、徳川方に対して坂下という不利な地形を強みにするため、城の構えを東に広く取り、城下町や寺院も含めて防衛拠点となりました。
ここに真田昌幸の相手に油断をさせる数々の策を仕込むことにより、上田城を攻撃する敵は神川を越えてしまい、下り坂で勢いがついて気が緩み――その時点でもう死んだも同然だったのです。

以上が真田昌幸・信繁による「第2次上田合戦」です。

【関連記事】第一次上田合戦とは? 真田昌幸が勝利を掴むために仕掛けた「油断と地形、砥石城」

戦国IXA真田昌幸

 

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

※編集部より

スポンサーリンク

R.Fujise(お城野郎)の日本城郭検定・二級合格証書を掲載させていただきます。

FUJISEさん城郭検定2級

 

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-お城野郎!, 徳川家, 真田家, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.