大河ブギウギ光る君へ編 光る君へ

まんが『大河ブギウギ 光る君へ編 第23話』周明は一体どこの国の人なのか

毎週土曜日13時50分に『光る君へ』をマンガで振り返る――。

第23話の注目は周明の出自と目的でしょう。

殺人容疑で牢獄に繋がれてしまった朱仁聡を救うため、真犯人の情報を藤原為時に提供する周明。

その際、流暢な日本を話し、一体どういうことなのか?と思ったら、かつては対馬で生まれ育ち、12歳のとき父親に海に捨てられ、宋の船に救われ宋人となった――。

まひろは、そんな悲惨な過去を持つ周明に宋語を教わりながら、惹かれていくのかと思いきや、今度は藤原宣孝が現れ「求婚」という驚きの展開へ……ということで、さっそく漫画で振り返ってみましょう!

 

お好きな項目に飛べる目次

解決編

◆賄賂ありきの腐敗役人かと思っていたら、宋人の一行に対する警戒心を抱いていた源光雅。

確かに朱仁聡の素性がいまいちよくわからないですもんね。

正式な国交を希望するにせよ、なぜ最初から大宰府へ行かないのか。

 

名探偵

◆周明がどうやって目撃者と真犯人の口を割らせたんですかねー。

実はそこが一番のナゾだったりします。

 

違和感

一条天皇と定子の間に生まれた第一子は女児でした。

脩子内親王と言い、いったい彼女はどんな生涯を辿ったのか?

脩子内親王
定子が産んだ第一子・脩子内親王(一条天皇の第一皇女)はどんな生涯を過ごした?

続きを見る

長女が生まれた瞬間に中関白家はボロボロの状態でしたが、一条天皇と定子の二人はこの先も2人の子供(一男一女)に恵まれます。

男児も生まれているんですね。

それが敦康親王

敦康親王
定子の長男・敦康親王の不憫すぎる生涯 一条天皇の第一皇子は二十歳にして散る

続きを見る

もしも藤原道隆が生きていたら……あるいは、藤原伊周と藤原隆家が【長徳の変】でやらかしていなければ、

東宮→即位

という道筋も順当な御方です。あの二人がやらかしていなければ……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-大河ブギウギ光る君へ編, 光る君へ
-

×