まんが日本史ブギウギ

大坂から江戸へ逃げた慶喜が頼ったのは?まんが日本史ブギウギ229話

世の中が理屈だけでは回らず、人々の感情で動かされるように。

賢くて知恵は回っても、度胸が足らずに幕府を潰してしまった――それが徳川慶喜かもしれません。

大坂から江戸へ逃げ戻った後に立て直せれば、まだ何とかなったかもしれない。

しかし、関東へ戻った慶喜は弱腰モードのまま。

一度は閑職へ追いやった勝海舟を頼り、和宮を頼り、さらには篤姫まで頼って目指したのは……マンガ『日本史ブギウギ』第229話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

西軍戦略会議

◆イケイケドンドンの薩長若手の首脳陣。

維新三傑(西郷隆盛大久保利通木戸孝允)の他に、大村益次郎が怖いすね。

大村益次郎
靖国神社で銅像になっている大村益次郎(村田蔵六)って何者なんだい?

続きを見る

この方、ダテに靖国神社の中心で銅像になっているワケではありません。

上野と彰義隊をコテンパに焼き尽くした方でした。

上野戦争(彰義隊)
彰義隊が散った上野戦争の恐ろしさ 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

 

資金繰り

◆幕末維新期の皇族貴族は「オホホ」と言ってる麿呂様ばかりではござーせん。

その代表的存在の一人が有栖川宮熾仁親王でしょう。

後に陸軍大将(西郷隆盛の次)となっています。

意外と過激な幕末の皇族&公家18名! 武闘派は戦争にも参加している

続きを見る

 

徳川慶喜追討令

◆時代の移り変わりはいつの世も怖いものですね。

現在も、物価がジワジワ上がってきてるし……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ