歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

橋本(楊洲)周延画大奥/Wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

篤姫が嫁いだ大奥は女の火花バチバチ!? 当時の女性21名+1猫まとめました

投稿日:

北川景子さんが演じることで注目度の高まっている篤姫

彼女が乗り込むことになる幕末の大奥は、武士たちにも決して劣らぬ、個性豊かな面々が集まっていて。
綺羅びやかなだけではなく、政治権力闘争も渦巻く場所でした。

では、そこには一体どんな人々がいたのか?

当時の個性豊かな大奥面々をマトメてみました。

 

第13代将軍・家定関係者

篤姫が輿入れした当時の大奥は、何と言っても将軍継嗣問題が渦中。
一橋派とアンチ一橋派が入り乱れて静かにバチバチしておりました。

色分けしながら見て参りましょう。

赤字:一橋派
青字:アンチ一橋派
黒字:その他

◆生母:本寿院
徳川家定の生母で大河ドラマでは泉ピン子さんが演じる。
兄弟20人以上が死んだ徳川家慶の子供の中で、唯一、成人したのが本寿院の息子・家定だった。
水戸の徳川斉昭を嫌っている関係で、実子・一橋慶喜も大嫌い。アンチ一橋派へ【解説記事→本寿院

御台所:篤姫
言わずもがな島津家から嫁いだ一橋派の特攻隊長。
しかし、子供を望むことができるならムリに一橋慶喜を将軍にする必要もなく、もしも自分に子供ができれば、本寿院にとっては可愛い孫になるわけで、この時点で利害は一致する。
当然ながら、そのときは彼女自身の立場(実家との関係)も微妙になる可能性アリ。
【解説記事→篤姫

◆篤姫付女中:幾島
島津斉彬の意を汲んで篤姫を操作するポジション。
仕える身分だけに立場的にはかなりの苦しみも伴う。
【解説記事→幾島

◆篤姫付女中:村岡局
「勤王女傑」と呼ばれた篤姫付きの女中。幾島との二枚看板みたいな存在だった。
大獄で死罪となった梅田雲浜から「近衛家の清少納言」と称えられる才女でもある。
【解説記事村岡局

◆御簾中(正室):鷹司任子(あつこ、有君、天親院)
文政6年(1823年)~嘉永元年(1848年)
家定最初の御台所。関白・鷹司政熙の娘、のちに兄・政通の養女に。
家定が5才の時に婚約して、天保2年(1831年)江戸へ下向、その10年後に結婚しました。
嘉永元年(1848年)、疱瘡で死去。享年17。
夫婦仲は良好でした。

◆御簾中(継室):一条秀子(寿明姫、澄心院)
文政8年(1825年)~嘉永3年(1850年)
左大臣一条忠良の娘にして、徳川家定の後妻。嘉永2年(1849年)に結婚した。
が、一年にも満たない結婚生活で命を落とす。享年27。
極端に小柄で、体つきのバランスが悪く、生まつき病弱。
全体的に小さいのに目ばかりが大きい、と記録されている。

◆側室:お志賀の方(豊倹院)
生没年不詳
鑓奉行・堀美濃守の娘。
嫉妬深い女性であったと伝わる。

御年寄:本立院
本寿院の姉で、浜尾という名前で大奥入りしていた。
家慶の弟で福井藩主・松平斉善に仕える。
斉善は松平春嶽の養父であり、本立院に大奥の内情を探らせ、将軍継嗣問題を有利に運ぼうとした。
※若かりし頃の本寿院は、この姉のもとを訪れた際に、家慶の目にとまっている

◆上臈御年寄:歌橋
家定の養育にも関わったとされる大奥の実力者。
本寿院とともに、一橋慶喜の将軍就任に対して、激しく反対した。

◆篤姫付女中:村山ませ子
瀧山の姪にあたる。
文久3年(1863年)、21才の時に暇を出されたあとも、江戸城にとどまり、無給で篤姫に仕えた。
担当は愛猫「サト姫」の世話。
維新後、三田村鳶魚から取材を受けて、貴重な話を語り残している。

◆篤姫愛猫:サト
当初は犬好きだった篤姫だが、犬嫌いの夫・家定に気を遣って描い始めた猫

幕末の大奥で自由恋愛できた唯一のサト姫 それは篤姫の愛猫でした

 

スポンサーリンク

第14代将軍家茂・関係者

第13代将軍 徳川家定の妻・篤姫
第14代将軍 徳川家茂の妻・和宮

立場的には嫁と姑のように対立した2人と思われがちですが、徳川家存続を目指すという点においてむしろ一致しました。
江戸開城の際には、篤姫と和宮、それぞれが必死で存続のために協力しています。

◆生母・実成院(じつじょういん)
文政4年(1821年)~明治37年(1904年)
御三家紀州藩藩主・徳川斉順の側室で、第14代将軍・徳川家茂の生母です。
実名は、みさ(満佐)、操子(美喜、於美喜の方とも)。
なにかと派手好きで明るい性格で、朝から酒を飲んで大騒ぎする、パリピ気質の女性でした。
大奥から去ったあとは嫁の和宮と行動をともにしますが、和宮の死後は篤姫の元へ身を寄せています。

実成院/wikipediaより引用

◆御台所:和宮
幕末のドタバタでぎくしゃくしてしまった幕府と朝廷の橋渡しとなるため降嫁した、孝明天皇の妹。
当初は泣いて嫌がっていたものの、夫となる徳川慶福(徳川家茂)は和宮にも心優しい人物で、夫婦仲は悪くなかったと言います。
しかし、夫の家茂は結婚後わずか4年で亡くなるという不幸な展開に……【解説記事→和宮

◆和宮生母:観行院(橋本経子)
文政9年(1826年)~慶応元年(1865年)
14才で仁孝天皇の後宮に入り、胤宮(夭折)、和宮親子内親王を生みました。
和宮を出産した21才の年、仁孝天皇が崩御したため、落飾。
文久元年(1861年)に和宮について、江戸に下向し、和宮のよき支えとなりました。
生母を亡くした和宮の失望は深いものでした。

◆実成院付女中:藤野
もとの名はやわ。
彼女が麻疹で実家に下がった際、実成院が乱痴気騒ぎを起こし、収拾が付かなくなってしまったと伝わります。
ストッパー役だったのでしょう。というか実成院て……。
明治5年(1872年)、46年の奉公を追え、高齢により隠退しました。

◆家茂付女中:波江
元は紀州藩の老女。
家茂の養育係として、その生育にプラスの影響を与えました。
家茂が将軍になったあとは、大奥入り。和宮の味方となり、よく尽くします。

 

その他

◆第11代将軍・家斉正室:広大院(寧姫、篤姫、茂姫)
安永2年(1773年)~天保15年(1844年)
竹姫(島津継豊正室)の遺言を受け、島津重豪が縁談を調えた島津家出身の姫君。
天璋院篤姫は、彼女にあやかり篤姫と名乗りました。
実に48年間、半世紀近く大奥に君臨した伝説的な女性。天璋院篤姫と家定の婚礼が成立したのも、彼女の前例あってのことでした。

◆御年寄:姉小路(いよ、勝光院)
寛政7年(1795年)?~明治13年(1880年)
生年、出自等は諸説ありますが、中納言・橋本実誠の娘とされています。
水戸藩老女・花の井の妹で、家斉から家慶の時代に大奥のトップとして君臨。あまりに絶大な権力を持ったことから、家慶のお手つきではと疑われたほどです。
水野忠邦、阿部正弘とも良好な関係を持っていました。
天保15年(1844年)天ぷら調理中の部屋から出火、大奥で大火災を引き起こしてしまいます。
同僚・梅渓のしわざとされ、姉小路は謹慎処分にとどまりましたが、明治以降に、やっぱり姉小路が真犯人だった……と判明しました。その罪を同僚になすりつけたことも。
家定二人目の正室・秀子の縁組みを調えましたが、一年も経たないうちに秀子は夭折。その負い目もあってか、三人目の正室選びに奔走しました。
この姉小路と、将軍家と縁組みをしたい島津斉彬との利害が一致し、篤姫の輿入れが実現しております。
家慶の死後は、歌橋に実権を譲り引退しました。
引退後も、和宮の降嫁の際は、和宮生母・観行院の説得のため京都に赴いています。

◆御歳寄:瀧山
文化2年(1805年)~明治9年(1876年)
家慶・家定・家茂に仕えた大ベテラン。幕臣大岡家出身で、ませ子のおばでした。
家定期の歌橋にかわり、家茂期から台頭するも、実成院の飲酒癖を強くたしなめたため、煙たがられています。
慶応4年(1868年)の江戸開城に伴う大奥終焉の際にも指揮を執ったとされますが、慶応3年(1867年)10月には辞職しています。
ドラマ等では若く描かれることがありますが、享年71とされています。
大奥を隠居した頃は、還暦前後であった計算になります。

◆御歳寄:万里小路局
文化10年(1813年)~明治11年(1878年)
大納言池尻暉房の娘とされますが、諸説あり。家斉・家慶・家定・家茂に仕えました。
大奥女中の頂点にあり、意志の強い女性ですが、政治的にはあまり目立った動きはしていません。

◆第15代将軍・慶喜正室:一条美賀子
天保6年(1835年)~明治27年(1894年)
第15代将軍・慶喜の正室ですが、一橋邸にとどまり、大奥入りは果たしませんでした。
慶喜が寛永寺に謹慎すると助命嘆願し、夜具を届ける等しています。

◆徳川家達夫人:徳川泰子
慶応3年(1867)~昭和19年(1944年)
明治15年(1882年)に家達と結婚しますが、それ以前から徳川家の妻として、篤姫の教育を受けていたとされています。

 

スポンサーリンク

篤姫の好きな味

遠い薩摩から、江戸に嫁いだ篤姫。

皆さんも、かつて故郷を出た際に、
「ふるさとの味がなつかしいなあ」
なんて思ったりしませんでしたか?
篤姫も、薩摩の味が恋しくてならなかったようです。

そんな彼女がお取り寄せをしたのが、赤味噌と高菜の漬け物でした。
なんでも薩摩の赤味噌以外のは口を付けなかったようで、幾島が国元からわざわざ取り寄せていたのだそうです。高菜を送って貰った手紙もあります。

篤姫の好物には、こんなものがありました。

・薩摩の赤味噌
・高菜の漬け物
・長茄子
・蛤、アワビといった貝類(アサリ、シジミは食べなかったそうです)
・酒
・貝煮(アワビの殻を使った茶碗蒸しのような料理)
・樽柿(酒で渋抜きをした柿、大奥では下品だとして好まれなかったのですが、篤姫は気にしませんでした)

お酒はわりと飲んでいたようで、就寝前に嗜んだようです。女中と共に酔っ払うこともあったとか。
お姫様、御台所というイメージよりも庶民的というか、なかなか親しみを持てそうです。

篤姫は流石は斉彬の養女だけあって進歩的でもあり、アメリカから贈られたミシンを上手に使いこなせたそうです。

島津斉彬が遺した薩摩切子

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
『別冊歴史読本天璋院篤姫の生涯』
『さつま人国誌 幕末・明治編』桐野作人
国史大辞典

 

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.