歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

西郷隆盛は英雄というより中間管理職的な?板挟みストレスに悩まされた後半生

投稿日:

西郷隆盛といえば、上野の銅像がつとに有名。
薩摩犬を連れた浴衣姿の、あの像を見ていると、ジンワリと親しみが湧いてきますよね。

恰幅の良さからして、懐の深い、大らかな人物像も連想されるでしょう。

しかし、人間というのは見た目がすべてではありません。

特に西郷にのしかかった重責や悲劇は相当なもので、メンタル面では非常に脆い一面も見せたりしてました。
それはときに、
『実は西郷って、ガラスのハートのように繊細?』
と思わせるほどで、銅像からは考えられないような人間臭さも持ち合わせております。

英雄というより、むしろ中間管理職のようで、我々庶民でも同情を寄せてしまいたくなるような……。

今回は西郷どんのメンタルヘルスについて、迫ってみたいと思います。

 

主君の死、自殺未遂、流刑……どん底の精神状態

大河ドラマ『西郷どん』でも描かれた、西郷の精神的荒廃。
安政の大獄前後、確かに彼は追い詰められておりました。

・信頼していた島津斉彬の急死
・保護を頼まれた月照と入水し、自分だけ助かってしまう
・流刑

一つの歯車の狂いをキッカケに怒涛の日々がやってきたのでした。
振り返ってみますと……。

島津斉彬と西郷の関係はとても深いものです。
一橋派の工作時には、藩の上層部から「西郷が先走りすぎている」と見なされたこともありました。

篤姫を嫁がせているからには、家定と彼女との間に世継ぎを得ることを考えてもよいはず。
にもかかわらず西郷は一橋慶喜の擁立を考えている、と批判されたのです。

そうした批判の集中砲火を浴びる西郷に、斉彬が救いの手を差し伸べました。

「安政5年の建白書」で、一橋慶喜を推すと明言したのです。

島津斉彬像

これ以降、西郷が独走しているという批判を受けることはなくなりました。

江戸の世ならば、家臣が主君に尽くすのは当然です。
しかし、主君が家臣をかばうためにここまでするのは、異例のこと。

西郷が「この主君のためならば死んでもよい」と感激しても、無理からぬ話です。

ところが、この主君が無念の急死を遂げてしまうのです。
西郷の頭に“殉死”の二文字がよぎっても仕方のないことでしょう。

しかし衝撃だったのは、その後の月照との入水でした。
いったんは生きることを選んだのに、なぜ二人で錦江湾に身を投げる――そんな極端な行動までしてしまったのか。

当然、不甲斐なさもあったでしょう。
月照の保護は、近衛忠煕から託されたことでした。
その任務を全うできず、追い詰められるかたちで入水。しかも自分だけ蘇生してしまう。

このことは西郷の心に生涯残る傷となりました。

月照/wikipediaより引用

自分は死んだつもりで皇国のために尽くすしかない。
そう自らを奮い立たせても、虚しい気持ちが心を埋め尽くしました。

「安政の大獄」では、一橋派の同志である橋本左内が処刑されています。
西郷は晩年まで、橋本との書状を持ち歩いていました。

精神的な苦しみの根元には、一橋派として敗北し、一気に親しき者を失った哀しみの記憶がうごめいていそうです。

 

スポンサーリンク

島で心身が絶不調に

数々の辛い体験を経て流刑となり、慣れない環境下に落ち着いた西郷。
当然ながら、心身共に蝕まれます。

話し相手も少なく、島では孤立した状況です。

精力的に動くこともなく、食っちゃ寝生活を送るうちに、スリムなボディにかなりの肉がつきました。

西郷はストレス太りをしやすかったらしく、私たちが想像するあの恰幅のよい姿は、流刑時代からとみるのが妥当なようです。
それまではスリムな筋肉質だったのです。

愛加那とぅま)と結婚したものの、あくまで復権の野望は捨ててはいません。

だからこそ、より一層ストレスが溜まります。

子供も授かって多少は落ち着きを見せますが、それでも書状にはかなりの不満が記されています。
たびたび体調も壊していたようです。

 

久光との不幸な関係

その後、西郷は流刑から許されて国元に戻るのですが、そこで不幸な人間関係始まります。
犬猿の仲としかいいようがない、新たな主君・島津久光との関係です。

島津久光/wikipediaより引用

大人げのない幼稚な人物。
あるいは冷酷な人物と描写されがちな島津久光。
彼の名誉のために書いておきますと、そういう単純な話でもありません。冷静に見て久光はかなり優秀な人物だと思われます。

しかし西郷は、流刑の憂さを晴らすかのように、剥き出しの厳しい言葉を久光に投げつけています。

有名な「地ゴロ=田舎者」発言です。

主君が明かした上洛計画に対し、
「あなたは田舎者だから無理でしょう」
とダメ出ししてしまうのです。

斉彬の関係と比較すれば不満もあったのでしょうが、これはいささかやり過ぎでして。
こういう厳しい言葉を主君にぶつけるあたり、精神の不安定さが顕れている気がするのです。

ことあるごとに命令違反し、兄・斉彬の悲願であった上洛の足を引っ張る(ように、少なくとも久光には思えていました)西郷。
一連の行動に激怒し、再度、流刑を命じます。

今度は奄美大島よりも一等重たい、沖永良部島への流刑でした。

一度目の流刑は、幕府の目から隠す意味であり、扶持米もありました。
しかし二度目は、完全に罪人としてのものです。
島妻を娶るような自由もなく、豚小屋のような座敷牢での暮らしを強いられたのです。

劣悪な環境での暮らしは、心身を蝕んだことでしょう。

 

スポンサーリンク

明治維新でのストレスと傷

流刑から戻ったあとの西郷は、維新回天に力を尽くしました。

念願叶ったり――と言いたいところですが、戊辰戦争は彼にとっても深い痛恨を残します。

留守をずっと守ってきて、やっと日の目が当たった実弟・西郷吉二郎が戦死したのです。
妹・琴子(『西郷どん』では桜庭ななみさん)の子、つまりは甥にあたる市来嘉納次も、戦場で命を落としました。

こうした親しい人々の死は、西郷の新たなストレス源になりました。

勝利の美酒に酔いしれることもなく、明治2年(1869年)には、温泉療養生活に入ります。
明治以降、西郷隆盛が抱えた心身の問題は深刻でした。

発熱
腹痛
腫れ物
下血
下痢
不快感
睾丸肥大(バンクロフト糸状虫によるもの)
肥満
胸の激しい痛み

自殺願望

このあたりに該当する病気は何か?

馬淵まり先生に聞いてみたいところですが、私の拙い見立てでパッと思いつくのが、自律神経失調、およびそれを起因とした過敏性腸症候群です。

現代でも、叱責されると身構えただけで、胃がキュッとなり下してしまう、そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。
そういえば【三成腹】といって、石田三成がすぐ腹を壊した話もありますね。

石田三成は「三成腹=過敏性腸症候群」だったから関が原で負けた? 柿を食べなかったのもそのせい?

どっしり落ち着いた印象の西郷隆盛ですが、実際には現在の勤め人も抱えるような悩みを数多く抱えておりました。

それのみならず、胸の痛みも抱えていました。
ストレス解消のためにヘビースモーカーになっていたことも、体調をさらに悪化させたようです。

明治以降、有名になった西郷の犬の散歩も、ダイエットとアニマルセラピーのような役目もあったわけでして。
恰幅のいい西郷さんが犬の散歩をしている姿からは、ほのぼのとしたものを想像しますけれども、実際にはかなり大変な状態だったのです。

 

中間管理職的な苦しみ

現在も勤め人のストレス源といえば、仕事関係での人間関係があげられます。

明治政府が肌に会わない西郷は下野しますが、そこで待ち受けていたのは、あの全く気の合わない元上司・島津久光でした。

久光は、明治政府のやり方が気に入りませんでした。

彼の野心が無視されたとか。
西洋流についていけないとか。
はたまたただ愚かなだけとか。

いろいろと原因が言われておりますが、想像はつきます。
久光だけではなく、明治維新には大いに騙されたと感じる人は、世の中に溢れていました。

彼ら倒幕派が当初掲げていたのは「尊皇攘夷」。
弱腰の幕府が倒れ、やっと攘夷を実行するのかと思っていたのに、政府は外国と国交を行い、生活様式を西洋化してしまったのです。

「話が違うじゃないか、日本の伝統をないがしろにするつもりか!」
そう思う人がいるのも無理のない話でして。
国学を熱心に学ぶ島津久光も、こうした政府の政策に激怒した一人でした。

とはいえ、久光の鬱憤が遠い東京まで届くわけもありません。
それをもろに喰らってしまったのは、国元にいた西郷です。

久光は愚かでもなく、見識もあります。
彼の周囲には、政府に反発する人々が期待を寄せるようになりました。

政府への不満が久光に集まり、それが西郷にぶつけられるという、かなり悲惨なことになってしまいます。

政府と旧主の板挟みになったストレスが頂点に達したのは「廃藩置県」の頃。
久光の怒りは頂点に達し、旧藩主は東京移住を命じられたにもかかわらず断固反対します(久光は藩主にはなってませんが)。

お陰で間に立たされた西郷は
「もう限界だ。死んだほうがマシじゃった」
と言い出しかねないほど、疲弊しきってしまいます。

薩摩藩は普通の藩ではなく、明治新政府の重鎮を占めて、維新をリードした立場です。
それなのに久光が政府のやり方に断固反対となると、政府の面子は丸つぶれ。

西郷は、理不尽なまでの板挟みに苦しんだのでした。

 

スポンサーリンク

ストレスと「征韓論」

ここまでくると、
『明治以降の西郷の判断力は大丈夫だったのか?』
とすら思えてしまいます。

いや、実際にはかなり脆かったのではないか、とも言えまして。

明治6年(1873年)の「征韓論」論争のころには、相当精神状態が悪化していました。
猜疑心を強め、嘲弄するような文言を文書にしたため、彼の特徴であった人望すら失ったかのような言動をするようになったのです。

そもそも征韓論もドコまで現実的かもわからない。
西郷の暴走に政府が振り回されるようになってしまうのです。

そしてそのあと、歴史は皆が知っているように「西南戦争」へ……。

軍服姿の西郷隆盛/Wikipediaより引用

ゆえに私は思ってしまうのです。
国民的番組の大河ドラマ『西郷どん』で、もしも南の島の生活を楽しんでいる、あるいは恋愛に没頭するような描き方をされたら、さすがに問題があるのではないでしょうか。

西郷の自殺願望のように思えるふるまいや鬱状態、ストレスの原点は、月照との入水を含めた安政年間の事件、流刑時代にあるように思えます。

ドラマでは鈴木亮平さんがさわやかに笑っていたとしても、史実の西郷隆盛は決してそうではない。

中間管理職の人間が板挟みの末に負わされる深い陰翳。
なんとも人間臭いではないですか。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
西郷隆盛:人を相手にせず、天を相手にせよ (ミネルヴァ日本評伝選)』家近良樹
近世・奄美流人の研究』箕輪優

 

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.