幕末・維新

西郷さんはストレスで心身ボロボロだった? 中間管理職的な立場に悩まされ

西郷さんといえば、上野の銅像がつとに有名。

薩摩犬を連れた浴衣姿の、あの像を見ていると、ジンワリと親しみが湧いてきますよね。

恰幅の良さからして、懐の深い、大らかな人物像も連想されるでしょう。

しかし、人間というのは見た目がすべてではありません。

特に西郷にのしかかった重責や悲劇は相当なもので、メンタル面では非常に脆い一面も見せたりしてました。

それはときに、

『実は西郷って、ガラスのハートのように繊細?』

と思わせるほどで、銅像からは考えられないような人間臭さも持ち合わせております。

英雄というより、むしろ中間管理職のようで、我々庶民でも同情を寄せてしまいたくなるような……。

今回は西郷どんのメンタルヘルスについて、迫ってみたいと思います。

 

主君の死、自殺未遂、流刑……どん底の精神状態

大河ドラマ『西郷どん』でも描かれた、西郷の精神的荒廃。

安政の大獄前後、確かに彼は追い詰められておりました。

・信頼していた島津斉彬の急死

・保護を頼まれた月照と入水し、自分だけ助かってしまう

・流刑

一つの歯車の狂いをキッカケに怒涛の日々がやってきたのでした。

振り返ってみますと……。

島津斉彬と西郷の関係はとても深いものです。

島津斉彬50年の生涯まとめ! 西郷や大久保らを育てた開明派の生き様

続きを見る

一橋派の工作時には、藩の上層部から「西郷が先走りすぎている」と見なされたこともありました。

篤姫を嫁がせているからには、家定と彼女との間に世継ぎを得ることを考えてもよいはず。

篤姫47年の生涯~薩摩島津家に生まれ 最後は芯から徳川家として生き抜いた

続きを見る

にもかかわらず西郷は一橋慶喜の擁立を考えている、と批判されたのです。

そうした批判の集中砲火を浴びる西郷に、斉彬が救いの手を差し伸べました。

「安政5年の建白書」で、一橋慶喜を推すと明言したのです。

徳川慶喜(一橋慶喜)は家康の再来とされた英邁? ラスト将軍77年の生涯

続きを見る

これ以降、西郷が独走しているという批判を受けることはなくなりました。

江戸の世ならば、家臣が主君に尽くすのは当然です。

しかし、主君が家臣をかばうためにここまでするのは、異例のこと。西郷が「この主君のためならば死んでもよい」と感激しても、無理からぬ話です。

ところが、この主君が無念の急死を遂げてしまうのです。

西郷の頭に“殉死”の二文字がよぎっても仕方のないことでしょう。

しかし衝撃だったのは、その後の月照との入水でした。

いったんは生きることを選んだのに、なぜ二人で錦江湾に身を投げる――そんな極端な行動までしてしまったのか。

月照はなぜ西郷と共に入水自殺せねばならなかった?京都・清水寺住職の運命

続きを見る

当然、不甲斐なさもあったでしょう。

月照の保護は、近衛忠煕から託されたことでもありました。

近衛忠煕(ただひろ)は篤姫を養女にしたエリート貴族~91年の生涯

続きを見る

その任務を全うできず、追い詰められるかたちで入水。しかも自分だけ蘇生してしまう。

このことは西郷の心に生涯残る傷となりました。

自分は死んだつもりで皇国のために尽くすしかない。そう自らを奮い立たせても、虚しい気持ちが心を埋め尽くしました。

【安政の大獄】では、一橋派の同志である橋本左内が処刑されています。

安政の大獄における井伊の目的は? 泥沼の政権抗争を終息させるためだった

続きを見る

橋本左内26年の生涯まとめ! 西郷の心に居続けた福井藩の天才 哀しき最期

続きを見る

西郷は晩年まで、橋本との書状を持ち歩いていました。

精神的な苦しみの根元には、一橋派として敗北し、一気に親しき者を失った哀しみの記憶がうごめいていそうです。

 

島で心身が絶不調に

数々の辛い体験を経て流刑となり、慣れない環境下に落ち着いた西郷。

当然ながら、心身共に蝕まれます。

話し相手も少なく、島では孤立した状況です。

精力的に動くこともなく、食っちゃ寝生活を送るうちに、スリムなボディにかなりの肉がつきました。

西郷はストレス太りをしやすかったらしく、私たちが想像するあの恰幅のよい姿は、流刑時代からとみるのが妥当なようです。

それまではスリムな筋肉質だったのです。

愛加那とぅま)と結婚したものの、あくまで復権の野望は捨ててはいません。

愛加那~西郷2番目の妻とは? 西郷に愛され菊次郎を産んだ奄美の島妻

続きを見る

だからこそ、より一層ストレスが溜まります。

子供も授かって多少は落ち着きを見せますが、それでも書状にはかなりの不満が記されています。

たびたび体調も壊していたようです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.