川原慶賀「長崎港図」/wikipediaより引用

江戸時代

長崎・出島の意外な歴史 オランダ人は年間4ヶ月の滞在で賃料1億払う

更新日:

寛永十八年(1641年)4月2日は、江戸幕府がオランダ人に出島へ移るよう命じた日です。

江戸時代のオランダ人といえば「最初からそこに住んでいたんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、紆余曲折を経て出島へ移動したのです。

それは果たしてどんな経緯だったのか?
順を追って見ていきましょう。

なお、長崎ネタですが2日連チャンしますが、特に意味はありません(※4/1に「島原大変肥後迷惑」を掲載)

 

はじめはポルトガル商人のためだった

出島は当初、ポルトガル商人のために作られたものでした。

建造費用は現在の貨幣に換算して4億円。

面積3924坪+船着き場45坪で、ポルトガルから幕府に納める年間使用料は値下げ交渉をした後ですら約1億円……という、かなりの高級物件だったのです。

読み方は、江戸時代には「でしま」と「でじま」の二つあり、オランダ含むヨーロッパでの記録では「デシマ」が基本でした。

出島/wikipediaより引用

しかし、島原の乱の首謀者がカトリックだったことで、風向きが変わります。
幕府としても「(カトリックの)ポルトガル人と付き合ってるとヤバくね?」(超訳)と考えるようになったのです。

そこに、オランダ商館長が「私たちもポルトガルと同様のものを売れるんで、ポルトガルとは手を切っちゃってくださいよ」と言ってきたため、ポルトガル商人を追い出すことに決まりました。

当然ポルトガルとしては納得いきません。
マカオからポルトガルの使者が来たこともありました。

しかし、幕府は使者を処刑して「二度と付き合わない」ことを示しています。

使者には気の毒な話ですが、これは西洋の介入を防ぐことになって良かったかもしれません。
他国でのヨーロッパ人は、最初に布教や交易を広め、その後、軍事侵略をするのが主な侵略パターンだったからです。

まあ、この時期=江戸時代頃のヨーロッパは、大きな戦争や革命があっちこっちで起きていましたから、はるばる日本まで来て軍事侵略しようなんて思わなかったでしょうし、無理だったでしょうけど。

 

シーズンのON-OFFがハッキリしていた

ポルトガル商人たちにお金を落としてもらっていた長崎の町は、当然慌てます。
実際、収入源が減って町は寂れてしまいました。

そこで幕府は長崎の経済のため、オランダ商人を出島に住まわせることに決めたのです。

平戸にあったオランダ商館の中を見て、
「キリスト教関連のモノがこーんなにいっぱいあるじゃないですか! あー怖い怖い!! 怖いから出島に引っ越してね! そこから出ないでくださいね!!!」(超訳)
と強引に話を進め、オランダ商人を出島に押しこめたのです。

シーボルト著『NIPPON』に掲載された出島/Wikipediaより引用

そしてそこから幕末まで、オランダ人との交渉は原則出島で行われます。
歴史の授業で習うのはこの辺の話ですね。

では、実際の出島は、どんな様子だったのでか。

と、これがオンシーズンとオフシーズンがはっきり分かれておりまして。
毎年夏になるとオランダ船が来港し、同じ年の年末まで滞在して、この間の約4ヶ月がオンシーズンです。当然ながら人が増える分、諸々の需要も増えるので、周辺の経済も潤っていたとか。

オランダ船がやってくる様子を描いた川原慶賀筆「唐蘭館図 蘭船入港図」/Wikipediaより引用

反対にオフシーズン、つまり真冬から翌年の初夏くらいまではガッツリ減ります。

商館長以下の商売を行いに来た人々と、その使用人たち合わせて15人くらいしかいなかったといいますから、かなりの差があったでしょう。

ただし、他に日本人の役人や使用人、通訳などが100人ほど働いていました。
出島の面積からすると、普段はそう狭苦しいわけでもなさそうです。

また、商館長は江戸に出向いて将軍に謁見することもあったので、その間はさらに閑散としていたことでしょう。

 

1860年頃には埋め立てられ

幕末になりますと、オランダ本国でいろいろあったので出島も煽りを食らっています。

国旗を偽り長崎・出島へ入港!フェートン号事件のイギリスが海賊すぎる

1 ...

続きを見る

また、ペリーによる開国の後は、オランダ人も長崎を出歩くことが許されました。

そして1856年に出島解放令が出され、三年ほどしてオランダ商館も閉鎖されると、出島はその役割を完全に終えました。

これによって出島が”島”である意義も失われ、明治時代に周辺が埋め立てられ、原型がわからなくなってしまったのです。
現在グーグルマップで検索しても、陸地にしか見えないですからね。

それでいて1922年に国の史跡になっているのがよくわからないところです。
出島状態のまま保存されておけば、今も江戸時代の姿を見れたのになぁ。

しかし、昭和の間から出島の調査が始まってからは、復元が進められていて、いくつかの建物を見ることができます。

また、1/15サイズの出島の模型も作られました。
こちらはよく教科書に載っている扇型をしています。

長崎市が積極的に動いているので、近い将来、本当にかつての出島そのままで再現されるかもしれませんね。
流石に場所までは再現できないでしょうし、船の出入りを考えると、少し離れた場所に作るでしょうけれども。

ちょっと見てみたいですね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
出島/Wikipedia
甦る出島/長崎市

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.