どうする家康感想あらすじレビュー

どうする家康感想あらすじ

『どうする家康』感想あらすじレビュー第4回「清須でどうする!」

いよいよ信長と再会する元康。

果たしてその運命はいかに――って、もうクライマックスかのようだ!

 

あらすじ:網浜奈美さんリスペクト版

私なりにドラマ版『ワタシってサバサバしてるから』を見ながら考えていました。

ワタシはまだネチネチしててサバサバ感が足りねえ! おっしゃ、ビール飲みながらあらすじをたどってみよ!

ちーっす、サバサバしたドラマ通の網浜っス!

元康チャンは、イケメンドS魔王の信長様が待つ尾張・清須城へ向かっちゃった!

思い出すよね。攻め気質の信長が、まだ幼い元康チャンに迫ってたことをさ〜! ここで相撲を取らされんだよぉ〜!

そしたらさワタシでも知ってる激レアSSRカードの豊臣秀吉……名前ちがってたって? 出てくんだよ!

やっぱSSR同士で出会った方が盛り上がるよね。『麒麟がくる』だったかなー。ジミなモブキャラの駒と秀吉が出会ってたやつ。ああいう駒みたいなあざと女ウザいよね。わかるぅ〜www

イケメンがボディタッチってやばくね?

ボーイズがラブしてるwww マジかよwww ウケるwww

『信長の野望・天翔記』※かよっ!

※特定の武将同士で相撲を取らせると性的なセリフが表示される

そしたらさ、謎の覆面武将が出てきて飛んでマジでつええの!

しかもそれが信長の妹・お市だし! ありえなくね?

んで、このお市って元康チャンの初恋の相手なんだってさ! マジか!

とか思ってたらさぁ、瀬名チャンが今川氏真から「愛人になれ」って迫られてさ〜。

ワタシならあんなイケメンならホイホイついてくけど、瀬名チャンは奥手だし、プププ、ウケるw

寝室で危うい場面はもう、瀬名許しちゃえって声援送っちゃったわ。日曜夜8時からエロってやばくね?

まっ、『大奥』ではオンナ向けエロ満載なんでしょ? だったら大河でもいいよなっ!

でもま、そのせいで元康チャンがマジになって今川潰すってw イケメン同士のバトルがマジ熱いよな!

なんかさあ、ちょっとあらすじからズレるけどさ。

今年のこんなファビュラスな大河にネチネチケチつけるやつ〜〜〜! マジうざくね?

いざ大河が真面目に史料準拠でやったらさ〜、どうせ「再現ドラマみたいでお堅くてつまんない」「史実を見たいわけじゃない」とか言うくせにさ。

ごめんね〜、ワタシ、サバサバした毒舌キャラだからさぁ〜。みんな言いたくても言わないこと言っちゃったぁ♪

ま、そもそもさ。昔起きたことなんて見てきた人はもう生きてないじゃん? ならわかるわけないしwww

フィクション排除してできる限り「史料」準拠した大河ドラマ作るなんてはなから無理。

そうやってネチネチケチつけて、自分は歴史にくわしいってマウント取りたいだけっしょw すごくねーからww

子孫に失礼とか言う奴もいてさ〜、マジ話にならねーって思ったよね!

フィクションなんだから別にお市と元康チャンにラブがあってもいいじゃん。

みんな、なんだかんだでイケメンと美女のイチャラブが目当てっしょw

ラブとエロがある今年の大河はマジサイコー❤︎

わかんねえやつマジ終わってんなwww

 

どうする“魏徴系サバサバ女子”

大変失礼しました。

あんまり煽りが高すぎるなりきりをそのままにしてもまずいので、網浜さんの天敵こと早乙女京子さんを「歴女」設定にしてザックリ反論させていただきます。

いますよね、大河を庇うあまり、歴史学そのものを全否定して侮辱される方。

昔あったことはわからない――。

この一点突破をされますが、それはどうでしょう。

ならばなぜ我々人類は歴史を学ぶのか。

史料なり、文学なり、伝説なり、芸術なり、さまざまな証拠は残されています。

それを組み合わせて再現するところに、歴史劇の醍醐味はあるでしょう。ドラマ通にパラメータが振られすぎて歴史学は完全に無視されているかのようです。

ごめんなさい、私も毒舌もとい魏徴(ぎちょう※)系サバサバ女子なので❤︎

※中国史上最大の名君とされる唐太宗の名臣で容赦ない諫言が特徴

貞観政要
家康も泰時も愛読した『貞観政要』が大河ドラマに欠かせぬ理由

続きを見る

しかし、網浜さんのおっしゃりたいことはわかりました。

歴史考証系のツッコミも適度に混ぜながら、ドラマとしてどうダメなのかを解説してみろ、という挑戦ですよね。

挑まれるのは嫌いじゃありません。特に、今回の第4回放送はコンプラ違反疑惑がてんこ盛りでした。

と、その前に疑問に思うことがあります。

「歴史オタは史実に忠実じゃなければ貶す」って、ソースはあります?

今年の大河は嫌いだけど、男女逆転した『大奥』を絶賛している歴オタは多いと思いますよ。

ネチネチした歴オタが「史料」から1ミリたりともズレたことを許せないとしたら、男女逆転版『大奥』の人気は説明がつきません。

歴オタは、事実かどうかというより、歴史的知識の量に惹きつけられる。

例えば『忍たま乱太郎』なんて子ども向けの漫画ですよね。

しかし、作者の尼子先生はこんなにも知識が豊富だから話に深みが出て、物語が面白くなるから愛されます。

◆「乱太郎」原作者が明かす土井半助のモデル 金吾と父は鎌倉殿?(→link

さあ、どうする網浜さん!

 

どうする衣装と小道具

まだ序盤なのに、早くもクオリティが粗くなっておりませんか?

藤吉郎を綺麗にしたくないせいか、やり過ぎ感が酷い。

大河の小道具は現代的なタッチになるのがお約束といえます。とはいえ、あの信長の似顔絵はもうなんなのか。

『鎌倉殿の13人』の和田義盛書状が懐かしい。

ドラマの設定を取り入れつつ、それっぽく作られていました。

明治時代の店舗に、どう見ても贋作の「風神雷神屏風」があった『青天を衝け』のようだ。

いちいち細かいミスだらけに思えますが、突っ込む気力も湧いて来ない。

 

どうする倫理観

今週の放送は、21世紀現在、コンプライアンス遵守ができていないと思える場面だらけでした。

確かに舞台は戦国です。

殺人謀略が通じる世界観になるのは当然のこと。

といっても、倫理観まで疑わせてはよろしくない。

相変わらずの老人演技で笑いをとりに行くセンスや、暴力でしか感情表現できないパワハラ信長。

はたまた藤吉郎がいきなり尻を蹴られて喜んでいたり、家康がいちいちバカにされたり。

悪辣ないじめにしか見えず、ただただ苦しい。

ハラスメントじみた描写を面白そうにしているって、たとえヤンキー漫画だとしても「嫌われキャラの悪行」として描かれるのではないでしょうか。

 

どうするカメラワーク

『青天を衝け』の第1回冒頭で、今年はハズレだと思いました。

ガクンとカメラが不自然な落ち方をしたのに、それをそのまま流していたのです。

今年もカメラワークが悪い。

アングルが悪いといった問題でなく、ブレブレです。

どうしたカメラスタッフ。心配になってきます。

 

どうするセキュリティ

松平家臣のみなさん。

大声で「信長ぶっ殺す!」とか言ってますけど、悪意ある誰かに聞かれただけで処断ものじゃありませんか。

このドラマは思ったことをそのまんま喋る。

いちいち妻子を心配してるアピールに余念がない元康がそう。彼は自分の妻子のことばかりを考えています。

そんな家族愛をモロに出していると、この時代は危険です。

例えば『鎌倉殿の13人』は非常にシビアでした。

あのドラマの源頼朝は、源義経の行動を梶原景時に報告させています。

仮に弟が可愛いから、といった理由で景時の進言を却下していたら、身内贔屓が強くて不公平な将だとして信頼を失います。

三谷幸喜さんのドラマはギャグが多いだの軽いだの言われますが、その辺の感覚をしっかり整えた上で、ふとした折にちょっとした笑いを入れていたから安心できた。

いわば基礎の部分が堅強だった。

一方、このドラマはふにゃふにゃです。現代人、しかも昭和とか平成の感覚で描いているからわけがわからない。

高校生が戦国時代にタイムスリップしたような錯覚があります。

んなもん、大河でやる必要がありますか?

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-どうする家康感想あらすじ

×