どうする家康感想あらすじレビュー

どうする家康感想あらすじ

『どうする家康』感想あらすじレビュー第10回「側室をどうする!」

『どうする家康』第10回放送は、渡辺守綱が女性に迫るシーンから。

壁ドンやらかす、あまりにも不快なアプローチのため、この時点で見るのをやめてしまう人もいるのでは?と心配になるほどゲスい。

これは本当に、何のドラマなのでしょうか?

ナレーションもいつものフザけた調子。

ファンシーなマップを見せつつ、頭に全然入ってこない勢力図で周辺事情を説明しています。

かと思ったら、モブっぽい田鶴の夫が説明セリフで色々と語ります。

本作が描きたいのはエロエロムフフなので、政治や合戦のことはなるべく省きたいのでしょう。

そして、もはや単語を聞くだけでゾッとする海老すくいも出てきますが、踊らなくてよかった。

田鶴はどう惨死するのか? 視聴者の皆さんはそこを期待しているんですよね?

制作サイドが、そんなことを考えているかのような描写と、説明セリフでドラマが始まります。

 


あらすじ:おじさん構文バージョン

みんな、元気にしてるカナ^_^

あの人気グループ・嵐の松本潤チャンが主演する、今話題の、大河ドラマ『どうする家康』が始まるよ( ◠‿◠ )

WBCを、見たら、オイラは泣いちゃうゾ( ; ; )

昔の野球選手は、ヤンチャだったけど、最近の選手は、品行方正で人間味に、欠けるっていうかオイラは見ていて息苦しさを感じちゃうんダナ( ; ; )

いっけなーい、大河の話しなきゃ( ^∀^)

ナンチャッテΣ('◉⌓◉’)

今日は「どうする側室」ドキドキしちゃうよね^ - ^

瀬名チャンが、岡崎城近くの築山にというところに、民の声を聞くための庵を開いたんダッテ( ・∇・)

築山殿っていう名前は、そこから、来ているんダネ( ´∀`)

伏線回収ダネ( ^ω^ )

こんなに、勉強になるのは、大河ドラマだからこそ♪(´ε` )

イケメンと、エロで釣る、スイーツwwドラマの『大奥』と比べるのも失礼ダナンチャッテゾ( ´Д`)y━・~~

それにしても、瀬名チャンじゃなくて、築山殿って、マジ天使( ✌︎'ω')✌︎

家康に、側室を勧めてくれるぞ!♪(´ε` )

愛人と、エッチしてもイイなんて、できたおなご( *`ω´)

しかも、自分の、子供の数が、少ないから( ´∀`)

子供も、産まないで、口うるさい、ウザイ、ツイフェミみたいな、『麒麟がくる』の駒なんて、これに比べたらカスそのものだったw

あんな役立たず褒めているヤツ、いるのカナ?( ´Д`)y

それにしても、このドラマは、勉強になるよね♪( ´▽`)

アンチが叩けば、叩くほど、アンチが顔真っ赤にして、恥をかく神大河( ´∀`)

毎回神回ダヨネ( ✌︎'ω')✌︎

 


どうする「ときめき描写」

こんな記事があります。

◆ (bizカレッジ)韓国ドラマ、変わる愛情表現(→link

今、日本では韓国ドラマだけではなく文学も人気です。

例えば『82年生まれ、キム・ジヨン』が大ヒット。

なんて言うと、

「韓流って、どうせヨン様おばさんがハマってんでしょw」

「こんな展開、まるで韓流ドラマかよw」

という指摘がありますが、それは韓流ブームでも20年前の第一次のことです。

もはやセンスの古い言い回しであり、NHKドラマ版『ワタシってサバサバしてるから』の網浜も同様のことを口走っておりました。

◆第1次韓流ブームを知ってる? ヨン様への熱狂はすさまじかった!(→link

現在のブームは第何次なのか?

知らない方も多いかもしれませんが、実は第4次とされています。

特徴としては、ブラッシュアップされた恋愛観やジェンダー観、家父長制からの訣別が持ち味。

なぜ、そのような潮流に変化したのか?

韓国では2016年、女性嫌悪に端を発した女性殺害事件が起き、フェミニズムムーブメントがますます燃え上がりました。

相手の意思を問わずに壁ドンをするとか。強引に迫るとか。乱暴な運転とか。

そういう毒となる男らしさに「もう誰もトキメキません」と反対表明されたのです。

ドラマでも強引にグイグイ迫る表現は見直されてゆきました。

映像の世界で、そのように価値観のアップデートが進んでいる韓国では、日本のドラマなどで壁ドンなどを見かけると、こんな反応になるとか。

「まぁ、日本だしな……」

こう記すと反日だのと、すぐに拒絶反応を示す方もいますが、全く別の問題でしょう。

現在、日本の若い世代では、韓流ドラマだけでなく、ウェブトーンも楽しんでいます。

彼らのアップデートされた感覚からすると、強引な恋愛描写には「ときめきません」から、不快なトゲの無い韓流ドラマにしよっと、と流れてゆくんですね。

本作『どうする家康』の陳腐な表現は、若者向けと言われることもあります。

しかし、それは誤った認識でしょう。若者がしらけきってしまう不快感を、積極的に突きつけてくるドラマであり、なぜ彼らがわざわざテレビで見ようと思うのか。

大河ドラマそのものを破壊したいのではないか?と本気で心配になるほど、本作は意味がわかりません。

冒頭アバンから「自分の思い通りにならず声を荒げる大男」って何なのでしょう。

見ているのが辛くて目を覆いたくなりました。

国際女性デーも過ぎたばかりですから、表現の是非も考えたいところです。

◆3月8日は国際女性デー。なぜ日本では性差別がなくならない? 世界の報道からみる、日本のジェンダーギャップ(→link

 

どうする側室描写

今週、やるべきことを放置して描かれた側室選びですが、それすら間違っています。

中二病をこじらせたキッズが「うおおおおお! 側室選びを正室がするって、エロすぎるだろwww」と書いた話のようで頭が痛い……。

そもそも「側室」という言葉そのものが、江戸時代以降の感覚であり、使用は慎重にすべきものなのですが。

「側室=愛人! ウッハーーーーーー!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+」で止まったら、もうそうなりますよね。

それに、正室の許可を得て側室を選ぶならば、どうして今川氏真はそうしなかったんですか?

「正室の許可を得て側室を置くくらい知ってるしwww」と突然勝ち誇られたようで、言葉を失うしかありません。

結局、今川氏真の正室・早川殿は出て来ないんですかね。キャスティングはされていますが、いつになりますか?

 


どうするセキュリティ

側室=愛人という考え方だから、あんなくだらないミスコンじみた描写を入れるのでしょう。

「ブスやババアが、高スペ男性に釣られて草www」と女性を笑い物にしたいようにも見えます。

正室が側室を選ぶという話は、ああいう馬鹿げたコンテスト形式にしません。

出産が目的なのに、見るからに老齢の女性が来るわけもない。

事前の審査で落とさなければ、セキュリティにも問題があり過ぎるでしょう。

三河一揆では怪しさ満点の千代で痛い目に遭ったばかりなのに、あんなザル募集をかけるというのは、愚の骨頂です。

暗殺するうえで一番効率的なのは、閨房です。

身元不明の女なんて危なっかしくて仕方ない。

江戸時代の大奥ほど厳密なガードは無いにせよ、あんな雑な側室選びはない。

舞台が戦国時代だってことを忘れすぎではありませんか?

セキュリティ意識のない乱世描写なんて勘弁してください。エロエロに食いつかせればよいわけじゃないでしょうが!

◆NHK大河「どうする家康」側室“オーディション”清水あいり登場で「食いつく殿w」「全部持ってかれたw」(→link

 

ドラマ10『大奥』ではできていた側室描写

正室が側室を選ぶ理由――それは、素性不明な女性が相手だと、子どもの管理ができなくなるからです。

性格のよさとか、ルックスとか、そういうことではなく、身元が保証できるかどうか。

その点が重要で、戦国時代までは女系の血統も重視されます。

生まれ順ではなく、母親の身分や格式も大事なんですね。

そういう当時の価値観ではなく、昭和平成のエロ全開で行くからおかしい。フィクションだからって、そこを間違えていたら、別に時代劇でなくてもいいでしょう。

そんなデタラメばかりのドラマなのに、合間合間でつまみ食い的に最新の説を入れて、うまくやっているふりをするからタチが悪い。

NHKドラマ10枠の男女逆転版『大奥』では、きっちり表現されていました。

・35歳以上は、大奥で側室になれない

・閨房で暗殺未遂が起こる場面もある

そうした状況に加えて、例えば徳川家光編に注目しますと、家光最愛の存在だった万里小路有功は生殖能力がないと判明し、部屋子の玉栄を側室に推挙しました。

主人に仕え、気心知れた者を側室とすることはありえます。それを反映した描写です。

有功の身代わりとなった玉栄は、自分の子は敬愛する主君の有功の子であると認めていた。

それがドラマの鍵として重要な役割を果たします。

温厚な有功は、冷静に玉栄を家光のもとに送り出したようで、心が千々に乱れている。

言葉にできない。どうにもならない圧倒的な悲哀。

そんな大人の人間関係を見た後に、本作のしょうもない描写をやられると、呆れるしかありません。

際どいシーンがあるから『大奥』が上とか、そういう単純なことでなく、丁寧な心理描写でもはるかに上です。

◆「大奥」に“大河超え”の声続出 NHK初のインティマシー・コーディネーター導入で型を破れるか(→link

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-どうする家康感想あらすじ

×