日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

柳沢吉保/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

柳沢吉保~徳川綱吉の寵臣は、実はおとなしい人だった?

更新日:

江戸時代には概ね各代の将軍に一人ずつ、代表的な重臣がいます。
彼らの多くは「御側御用人」(おそばごようにん)と呼ばれる、将軍の意見を代弁できるほどの役職についていました。
間部詮房や田沼意次など、現在悪人のイメージが固定化している人はだいたいやっていますね。
まあ、いつの時代も身分が上がるほど叩かれやすくなるというのは変わりませんが。
今日の主役は、この地位で初めて事実上の江戸幕府ナンバー1ともいえる権勢を誇った人物です。

正徳四年(1714年)の11月2日、江戸幕府五代将軍・徳川綱吉の御側御用人だった柳沢吉保(やなぎさわ よしやす)が亡くなりました。

 

元々は館林藩の一藩士に過ぎなかった柳沢吉保

この時代の人によくあることで、柳沢吉保は出家後も含めると五回くらい名前を変えているんですが、めんど……ややこしいので吉保で。
吉保は綱吉より一回り年下だったので、当然綱吉も既に亡くなっています。
六代家宣の代になるのとほぼ同時に隠居しており、現在の六義園(東京都北区)での静かな死去でした。

「え、重臣って死ぬまでエラかったんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
吉保は綱吉によって引き立てられたため出世しましたが、元は館林藩の一藩士に過ぎませんでした。
しかも生まれるのが遅かったせいで、長男だったのに家督を継げなかったという不運の人でもあります。

しかしここで運の悪さを使い切ったのか、それとも悪あがきをしなかったのが神様のお目に適ったのか、綱吉へ謁見する機会に恵まれ私的な学問の弟子になることができたのでした。

 

スポンサーリンク

赤穂浪士とか生類憐れみの令など悪評ばかり

ここから吉保の出世街道が始まります。

毎年のように加増、昇進、加増、加増、加増、昇進で最終的にはそれまで原則譜代大名しかなれなかった老中・大老の地位にまで上り詰めてしまいました。

その割に彼個人の業績はさほど伝わっていません。
「赤穂浪士の切腹は吉保の意向らしい」とか「生類憐みの令に反対しないなんて役立たずだ」とか、憶測に過ぎない悪評ばかりなのです。

でももしこうした悪評通りのことをやっていたとしたら、当然将軍の代替わりの際処罰されますよね。

しかし何のお咎めもなく、悠々自適な老後を送っています。
元がほぼ一代で成りあがったような人ですから、後ろ盾である綱吉が亡くなればいつでも取り潰せたのに、です。
こうなるとやはり、吉保に対する悪評は根も葉もない噂という可能性のほうが高くなります。

徳川綱吉/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

決して権力を自由にアレコレしていない

既に実質的には一番の権力者なのですから、積極的に力を使いたければ幕府中枢に居座って新将軍にあれやこれや口を出すこともできたでしょう。
やろうと思えばできたのにしなかった、というのは最初からその気がなかったという証拠ではないでしょうか?

そもそも家を継げなければ男子は穀潰し扱いされるこの時代に、実家の家督にさえ執着しなかったことといい、元から権力への欲というものがない人だったという見方もできると思うのです。
真面目に仕事をした結果が出世に繋がるのは当然のことですし。

現在一般的に吉保=悪代官のイメージが固定化されているのは、忠臣蔵で悪役に描かれることが多いからでしょうねー。
綱吉のエコヒイキもスゴイですけど、いやードラマの影響ってコワイ。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:柳沢吉和/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 江戸時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.