日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト/富永商太

スポンサーリンク

織田家 武田・上杉家 その日、歴史が動いた

手取川の戦いとは? 織田家の柴田勝家が上杉謙信にフルボッコにされた!?

更新日:

ドラマでも何でもそうですが、人気どころの競演というのはいつでも盛り上がりますよね。
歴史で言えばやはりメジャーな戦国大名同士の戦でしょう。
しかし、有名人が揃えば当然記録もはっきりしているかと思いきや、そうとも限らないようで……。

天正五年(1577年)9月23日に起きた、手取川の戦いもその一つです。

石川県にある同名の川付近が戦場となりました。


※松任城のすぐ南にある手取川が主戦場となる

 

長篠の戦いで勝頼を倒したノリノリ信長

この戦い、「織田家が上杉謙信に木っ端微塵にされた戦」(※多少の強調があります)として有名ですが、実は前後の経緯を含めた詳しい事情は、当時の史料にあまり記載されていません。

北陸の雄として名を馳せていた“軍神”と、既に一向一揆に対して厳しい態度を取り続け“魔王”とされていた人物の間で起きた戦としては不可解なほどです。
一応定説とされるものは伝わっているので、そこをざっくりお話しすることから始めましょう。

武田ともども撃破じゃ!(富永商太・絵)

当時、織田信長は、足利義昭と仲違いして布かれた武田信玄、石山本願寺などによって孤立しかけていました。

しかし、1575年の長篠の戦い武田勝頼を撃破することで包囲をやぶると、その分をやり返すかのように「ウチにはデキる家臣がいっぱいいるから屁の河童じゃい!」ということで、各方面に攻略軍を設置しはじめます。
北陸、つまり上杉家対策もその一つで、家中きっての勇将・柴田勝家が担当していました。

前哨戦として、大規模な一向一揆を起こして以来100年ほど自治国を作り上げていた加賀(現・石川県)を攻略し、勝家にここを与えて足がかりにします。

 

スポンサーリンク

近畿から北上する柴田勝家と新潟から南下する上杉謙信

一方の謙信は「ウチは自国防衛とその周りの大名の救援はするけど、こっちから侵攻はしませーん」というスタンスだったので、積極的に織田家とぶつかろうとはしていませんでした。

が、信長が本願寺と戦をおっぱじめたことにより態度を変えました。

「聖職者を尊ばないとはけしからん!」というわけでしょうか。自分も戦でたくさん敵兵をブッコロしてるくせに何言ってんだという気もしますけども、毘沙門天様だから仕方がない。

これに北陸の諸将が同調し、加賀以北は反信長同盟的なものができました。

もう一つ謙信にとって重要なのは、上洛するルートを確保すること。
謙信の居城・春日山から京都に出るためには、北陸諸国を手中に収めていなければ安心できません。そこで能登(現・石川県)にある七尾城という城を攻めました。
この時点で侵攻してんじゃねーかとツッコミたくなってきますが、毘沙門天様だから(ry

七尾城は北陸有数の堅城だったため、一度は上杉軍を退けることに成功します。
しかし、自分の兵だけでは戦闘と領民保護を両立できないと考えた城主・長続連(ちょうつぐつら)は、「NOBUさんに相談だ!」(超訳)ということでかねてよりコネ、もといツテを作ってあった織田家に救援を要請しました。

そして織田軍の先鋒としてやってきた柴田勝家は、上杉謙信とぶつかることになります。
信長は後日来ることになっていました。

 

スポンサーリンク

手取川を越えた直後に撤退を決意

が、ここで二つの大問題が起きます。
一つは、勝家が着く前に七尾城が落ちてしまったこと。
もう一つは、勝家と共に謙信へ当たるはずだった羽柴秀吉(豊臣秀吉)が勝手に陣を離れてしまったことでした。

「なにがあったんだろうね」(絵・富永商太)

前者は内部分裂によるものだったので、勝家や織田家のせいではありませんが、後者の秀吉撤退は大問題。

作戦に関して意見の相違があったからといわれていますが、現代に置き換えれば「社長に『部長と一緒に行け』って言われたけど、部長とケンカしたから出張行きません(キリッ」と言って本当に実行したようなものです。
一気に小物臭が漂いますがホントにこうだから仕方がない。

残された勝家は自分だけでも謙信を阻もうとしますが、七尾城の陥落を知って撤退を決意。しかし、その方針を決めた場所が最悪でした。

手取川を越えた直後だったのです。

 

皆で手を繋いで渡ろう……なんて余裕はなくフルボッコ

手取川というのは、その昔、木曽義仲のあるエピソードから名付けられた川です。

「渡河中は危険だから、皆で手を繋いで流されないようにせよ」
ってな感じで兵を無事に渡らせたという心温まるエピソードがあったのです。

しかし、このときの勝家以下織田軍にそんな余裕はありません。
折りしも雨で大絶賛増水中の川は、容赦なく勝家軍の岐路を阻みます。
手取川至近の松任城(白山市)に入っていた謙信がこの好機を見逃すはずはありませんでした。

そして背後を突かれる形となった勝家軍は見事に壊走。
反撃しようにも、鉄砲用の火薬は濡れてしまって使い物にならず、騎馬隊も混乱のドツボにハマってしまってどうにもなりません。

勝家は無事でしたが、戦死者の他に溺死者も多発し、信長は一時北陸方面の作戦を中止せざるをえなくなった……というのが、一般的な手取川の戦いの話です。

手取川/Wikipediaより引用

 

なぜ頭脳キレキレの秀吉が勝手に撤退した!?

不可解なのは、やはり秀吉の撤退について。

一兵卒から成り上がって一軍を任されるようになったばかりの秀吉が、ただ単に作戦が気に入らないからといって持ち場を離れるでしょうか?

「人たらし」の秀吉が、前後の事情や織田家での立ち位置を全く考えずに離脱するというのは違和感バリバリです。跡継ぎ問題や朝鮮の役の頃にはすっかり耄碌してましたが、元はとてつもなく頭のいい人なのですから。

ここで気になるのは、上述の通りこの戦いが本能寺の変から5年前にあたること。

もし、この時点で秀吉が信長に対する謀反を企んでいて、いかにも障害になりそうな勝家を謙信に始末してもらおうと考えていたとしたら……真っ黒な事実が浮かび上がってきますねえ。

ろくな記録が残っていないのも、処分させたと考えれば一応つじつまは合いますし。

って、この後、秀吉は信長さんにこっぴどく叱られるんですが、すぐに松永久秀を滅ぼしたり、中国地方の上月城を攻略したりで大活躍をして、褒美なんぞを貰っております。
もともと信長さんはデキる部下の勝手には、割と優しいところもありますし。
うーん、よくわからん。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:手取川の戦い/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-織田家, 武田・上杉家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.