織田信孝/wikipediaより引用

織田家 その日、歴史が動いた

織田信孝(信長の三男)はなぜ十字腹を切って壮絶な最期を迎えたか?

更新日:

天正十一年(1583年)5月2日は、織田信孝(おだのぶたか)が自刃したといわれている日です。

4月29日説もあるんですが、この方は、そんな日付のことなどどうでもエエわ!とツッコミたくなるほど強烈な最期で果てています。

名前からお察しの通り織田家の人間で、織田信長の三男です。
それがナゼ、そうなった?

今回は、その生涯を追ってみましょう。

 

次男・信雄とほぼ同じ日に生まれ

織田信孝は、どうにも「あと一歩で」という貧乏くじを引くタイプの人だったようで、いくつかそんな話が残されています。

実は生誕からしてそうでして。
すぐ上の兄・織田信雄とは、生まれた順が逆だという説があるのです。

織田信雄/wikipediaより引用

「生母の身分が低かったから信孝が三男にされた」とか「信長への報告が遅れたから」とも言われてますが、今のところ決定打になる記録はないようです。

もうこの時点で貧乏くじを引かされる運命になってるヨカーンですよね。

ただし、信長は三男坊を優遇も冷遇もせずに扱いました。
10歳のとき、信長が平定した伊勢の神戸(かんべ)家に半ば無理やり養子入りさせ、「神戸信孝」と呼ばれることもあります。

・長男の織田信忠が織田家の跡取り
・次兄の織田信雄は北畠に養子入り

そんな流れですので、特に信孝がどうこうはないと思います。

信長も、元服前の子供を他家に出すのは心配だったのか。
補佐の傅役(いわゆる”じいや”)やその他の家臣もキッチリつけております。

 

烏帽子親はあの鬼柴田

家臣たちの助力と信長の七光りもあって、信孝は順調に伊勢を治めることができました。

検地をやったり、楽市楽座など父親が広めた制度を自国内でも採用したり。
さらには伊勢神宮への参拝客が来る宿場のメリットを存分に活かして、国を富ませます。

元服は長兄・織田信忠&次兄・織田信雄と同時の元亀三年(1572年)のこと。
儀式は岐阜城で行われました。

このとき信忠は17歳、信雄と信孝は14歳です。
信忠はやや遅めですが、他の二人はちょうど適齢という年頃ですね。

信孝の加冠(烏帽子を被せること)の役目は、あの柴田勝家が務めたといわれています。
「鬼柴田」ともいわれる勝家ですが、幼いころから知っている主君の息子が成長した姿を見て、まぶたなり胸なりを熱くしていたかもしれませんね。
信長はそういうのなさそうですけど。

柴田勝家/wikipediaより引用

その後、長島一向一揆で初陣を果たし、信長の主だった戦に次々と参戦。
他にも22歳で調停との交渉役を任されたり、信長が本願寺と和解する際には先に大阪へ来て下準備をしたり、信頼度は上々だったようです。

おそらく順調に行けば、北畠家に入っていた信雄と神戸家の信孝で「毛利両川」ならぬ「織田両川」という状態になっていたのでしょう。

しかし、皆さんご存知の通りそうはいきませんでした。

 

長宗我部攻めの総大将で本能寺を迎える

天正10年(1582年)には四国の長宗我部家攻めにあたる総大将を任され、5月11日から大坂入り。
丹羽長秀らと準備を始め、堺の港から四国へ向かおうとしたところまではよかったのです。

このタイミングで起きたのが【本能寺の変】でした。

京都から堺はわりと近いですから「信長死す」の報は即座に届きました。

しかし、信孝や織田家の重臣だけでなく、一般人にまで知れ渡ってしまったのでさあ大変。
ほとんどの兵が逃げてしまい、四国攻めどころか父の仇を討つ準備もできなくなってしまいました。

信孝はさぞ焦ったことでしょう。
ここで一念発起します。

「そうだ、俺と一緒に四国行くはずだったヤツ、確か光秀の娘婿だったじゃん。あいつブッコロそう」(超訳)

その娘婿とは大坂にいた津田信澄という人物で、かつて信長と家督を争った弟・織田信行の息子でした。
信長にとっては甥っ子ですね。
つまり信孝たち兄弟にとっては従兄弟にあたります。

それだけなら殺す要因などはないのですが、困ったことに津田信澄は、明智光秀の娘と結婚していたのです。

信長の甥っ子で光秀の婿殿・津田信澄~凄まじき家族構成に囲まれた非業な最期

天 ...

続きを見る

要は、血筋からしても立場からしても、光秀に加担している可能性はそこそこ高かったわけです。

まあ普通、こういうときは親類縁者で兵力を固めますからね。
それを見事に裏切ったのが某H家のチート親子ですが。

 

秀吉の中国大返しに乗っかるカタチで参戦

そんなわけで「怪しいからブッコロ!」程度の理由で信澄は始末されてしまいます。

今のところ学者先生方の間では
「信澄は無関係じゃね? 濡れ衣だよ多分(´・ω・`)」(超訳)
という説が根強いようです。

光秀の破れかぶれっぷりからしても、信澄が無実の可能性はかなり高そうです。

というか信澄が加担してたんなら、同時期に信孝をブッコロそうとしてたはずですよね。
信忠を襲ってるんですから、織田家の跡継ぎを潰すという考えもあったはずですし。

この辺から二つめの貧乏くじ……といいたいところですが、むしろこの後はくじを引きなおすことすらできないような状況でした。

信澄をコロしたところで、光秀が京都を陣取っているのは変わりません。
しかし直接殴り合うには兵が足りません。

そこに豊臣秀吉が見事中国大返しをキメて帰ってきたので、信孝はこれに加わって光秀と戦い、山崎で勝利を収めました。

イラスト・富永商太

後世から見ると「この時点で秀吉に加わったら臣下になるも同然じゃねーか」という気がしてきますが、たぶん当時の信孝は「サルの兵を使って俺が親父と兄貴の仇を取るんだ!!」くらいの考えだったんでしょうね。
一応、名目上は総大将だったんですけども。

めでたく光秀を討った後の清洲会議では、たぶん
「父上の信頼からしても、実力からしても俺が次の当主間違いなし! 信雄? 誰それ?」
ぐらいの感じだったでしょう。

 

織田家をつぐことはできず転落25歳で自刃

しかし、結果はこれまた皆さんご存知の通り。

「信長様の孫である三法師様が当主!」
ということになってしまったため、信孝も「あれ? 何かおかしくね?」と思い始めます。

そして秀吉に対抗する手立てを探り、柴田勝家と手を結びました。

信孝は信忠に代わって岐阜城に入り、三法師を守り立てることになります。
だからこそ一度は引き下がったのでしょう。

が、その年の内に何故か秀吉が武力をもって岐阜城を取り囲み、「三法師様を出せ!!」と脅しをかけてきました。
昭和の不良もビックリなカツアゲぶりです。

まさかサルに脅されると思っていなかった信孝は言いなりにならざるを得ず、さらに母と娘を人質として差し出す羽目になります。
勝家との連絡は取り続けていたと思われますが、賤ヶ岳の戦いでは連携を取れず、今度は信雄によって岐阜城を包囲されてしまいます。

完全に秀吉の作戦勝ちですわなぁ。

同時期に勝家自害の報も届き、頼れる者がいなくなった信孝は、信雄そして秀吉に降伏。
そして信雄と秀吉の命により、野間大坊(現・愛知県知多郡)で自害することになったのでした。

 

「報いを待てや 羽柴筑前」

野間大坊は、かつて源頼朝の父・源義朝が家臣のツテを頼って身を寄せたところ、裏切られて殺されたと言われている場所です。
もちろん信孝も知っていました。

野間大坊の境内にある源義朝の墓/wikipediaより引用

そこで信孝は、もうこれ以上なす術がないと悟り、命令に従って命を絶つことになります。
凄まじい最期が伝わるのはこの後です。

信孝はまず腹を十字に切り裂き、なかから内蔵を取り出した上で、こんな辞世を詠んだというのです。

「昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前」
【意訳】源義朝が部下に襲われて命を落としたようにここは主君が死ぬ場所。次はお前がそうなるのを待っているんだぞ、秀吉

腹を切った上に、こんな恨みの歌を残したと言われているのです。
まぁ、上京からして頷けるものがありますが、これはさすがに後世の創作の可能性が高いそうです。

いくら織田家に文学的な意味での才人があまりいないとはいえ、明らかに粗雑過ぎる歌ですし、この歌とセットになって語られる「内臓をつかみ出して掛け軸に投げつけた」というのも無理がありすぎます。

その掛け軸と自害時の短刀が非公開になっているのがミステリアスにしているんですよね。

切腹のルールと現実~もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

歴 ...

続きを見る

 

お墓は安養院という別のお寺にある

もしも本当に信孝の辞世なら、曖昧な言い伝えではなく、自筆でどこかに書き付けるか、家臣が書き留めているでしょう。

そういう痕跡が全くなく、しかも庶民でもわかりやすそうな歌であるということは、創作の可能性であるほうが高いですよね。
後世の人が信孝を哀れみ、その気持ちを酌んでこういった言い伝えを作ったのだとすれば、多少は慰めになったかもしれませんけども。

まあ、歌がホントかどうかはともかく、死んでも死にきれない恨みを秀吉に対して抱いていたのは確かでしょう。

野間大坊には義朝の供養として木刀をお供えする人が多いそうですが、信孝についてはあまり注目されていないようで。

できればご一緒に手を合わせて欲しい……そんな辛い最期でした。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
織田信孝/wikipedia

 



-織田家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.