SAMURAI ART

戦国大泥棒の正体は釜茹でターミネーター!【戦国浮世絵ANARCHY17】

天下の大泥棒は?と問われて。

我々日本人が真っ先に思い浮かべるのが石川五右衛門であろう。

あの豊臣秀吉の寝所に忍び込み、お縄になった――そんなマンガ的な伝説も残しているほどで、実はその正体については不明なことが多い。

泥棒だけあって、表立った記録も残されないから致し方ない……が!

かつては存在すら疑問視されていた五右衛門。

最近は実在していたというのが定説だが、そうなると非常に怖いことがある。

処刑シーンだ。

 

残虐すぎる処刑方法

五右衛門を有名にした要因と言えば、天下人・秀吉相手に意地を突き通したことであろう。

それに輪をかけて印象的なのがやはり死に際。

文禄3年(1594年)8月、京都三条河原で【釜茹で】されたのだ。

しかも五右衛門本人だけでなく、子供と共に茹で殺されたのだから、あらためて秀吉の残虐性には目を覆いたくもなるが……嘆いていても仕方ない。

石川五右衛門の最期。

これを現代の戦国浮世絵師・鞘ェもんが描くとどうなるか?

それがコイツだぁ!

 

幸村と共に突撃して家康の首を

「I'll be back!」とばかりに親指立てて、笑いながら釜の中へ。

その姿、まさに未来からやってきたアイツ!

シュワちゃんターミネーターである。

徳川幕府から豊臣秀頼を守るためにでもやって来たのであろうか。

もしもアンドロイド五右衛門がいれば、大坂の陣では真田幸村と共に突撃して、家康の首を取ることもできたであろう。

否、その前に大事なイベントがあった。

【関ヶ原の戦い】である。

同合戦は、小早川秀秋の裏切りで総崩れになった――なんて説明もあったりするが、実際、小早川の裏切りはある程度警戒されていて、そばにいた【四武将】までもが西軍に襲いかかったのが、戦局を決めたという。

【四武将】
朽木元綱
脇坂安治
・小川祐忠
・赤座直保

ここにターミネーター五右衛門がいたら、四武将を全力で食い止めたか……と考えてみたが、五右衛門を処刑したのは他ならぬ秀吉である。

うーん、ワケわからなくなってきた。やはり徳川幕府への流れは変わらないということか。

絵・鞘ェもん(ツイッターサイト
文・五十嵐利休

みんなが読んでる関連記事

小早川秀秋(秀吉の養子)は本当に裏切り者だったのか? 21年の儚い生涯

続きを見る

石田三成
石田三成 日本一の嫌われ者を史実から再評価!豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

関ヶ原で「第二の裏切り者」と死闘を演じた大谷吉継と平塚為広が泣ける

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

朽木元綱
信長のピンチを救った朽木元綱「朽木越え」をご存知? 名門武将84年の生涯

続きを見る

イケメン武将・宇喜多秀家(謀殺王の息子)の生涯!27歳で五大老に就任も……

続きを見る

戦国浮世絵バックナンバー

TOPページへ

 



-SAMURAI ART