戦国ブギウギ武田三代記

今川の相続に絡む武田と北条の出方は真逆【マンガ武田三代記9】

武田と今川、北条の間で【甲相駿三国同盟】が結ばれたせいか。

この三カ国は、一瞬、昔から同盟関係が築かれてきたかのようにも思えますが、互いの利権(領土)が絡んでいるだけに話は簡単ではなく、紆余曲折を経て成立します。

今回は、その紆余曲折の一つ。

突如、亡くなった二人の後継者候補に変わって今川義元が還俗します。

しかし、そこに立ちはだかる者もいて……戦国ブギウギ武田三代記vol.9は、義元が跡を継いだ今川家に注目です!

◆信長・秀吉・家康の天下統一を描いた戦国ブギウギ

◆聖徳太子の時代から幕末までの超長距離をコツコツ歩んだ日本史ブギウギ

 

お好きな項目に飛べる目次

元服

武田晴信の「晴」の字は、12代将軍・足利義晴からの偏で「晴」の一字をもらいました。

足利義晴
不安定だった12代将軍・足利義晴~義輝や義昭の父40年の生涯とは

続きを見る

信玄は仏門入りしてからの法名であり、大僧正という格まで買っちゃってます。

ただ、それが後世で思わぬ悪影響も出ていまして……。

信玄と謙信の勝者はどちらだと思います?日本無双之名大将の評価も

続きを見る

 

戦国パンデミック

◆不自然すぎる。暗殺されたんじゃないの?

と思えて仕方ないのが、今川氏輝とその弟・彦五郎の死です。

今川氏親の跡を継いだ二人が同時に亡くなってしまうのです。普通に考えたら毒殺やら何やらの暗殺かと思うのですが、特に死因は明確にされておらず、とにかく今川家の情勢が一気に動きます。

 

後継者

◆来ました、『今川リベンジャーズ』です!

タイムリーパーは太原雪斎なのか、今川義元なのか。

兄二人を亡き者にして、【今川卍會】を牛耳ろうとしている図。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国ブギウギ武田三代記

×