まんが日本史ブギウギ 徳川家

天下のためなら恥も外聞もナシ!そして家康は秀吉に屈す 日本史ブギウギ172話

【関ヶ原の戦い】から遡ること約6年。

秀吉と家康の間で天下分け目の戦いが起きていた。

小牧・長久手の戦い】である。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

開戦当初こそ、森長可や池田恒興による奇襲【中入り】で、戦い自体は盛り上がったものの、いったん戦況が落ち着くや両軍共に自分からは動けない。

そしてジリジリ、ジリジリ続く地味な戦線。

どのように収束し、そして次なるステージへ向かっていったか?

マンガ「日本史ブギウギ」第172話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

羽柴と徳川の事情

◆秀吉の親類にして【賤ヶ岳の七本槍】にも数えられた福島正則が怒っています。

賤ヶ岳の七本槍って実は九本槍!? 戦場ではどんな活躍を? まんが戦国ブギウギ81話

続きを見る

福島正則すったもんだの転封&改易劇〜終焉の地は意外や信州!

続きを見る

ただし、顔が赤いのは怒っているからではなく、酒でも飲んでいたからでしょう。

若くてエネルギーが余っているんですね。

 

蟹江城の戦い

徳川家康と手を組み挙兵していたのは、信長の次男・織田信雄でした。

これを分断すべく挙兵した滝川一益は逆に挟撃されてしまうのです。

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

しかし……。

 

決着

◆秀吉の政治力に屈した織田信雄は、家康に何ら相談もなく勝手に和睦をしてしまうのでした。

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

過去には伊賀攻めで失敗したり。今回また家康の行為を踏みにじったり。

信雄が愚将とされる原因の一つでありますね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.