日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 最上家

最上家の名将・鮭延秀綱! 勇猛、実直、清貧ながら御家騒動を長引かせて改易

更新日:

「勇将の下に弱卒なし」という故事成語があります。
書いて字のごとく、「勇敢な武将の下には良い兵士が集まるから強くなる」というものです。転じて、「リーダーが立派なら部下もそうなっていく」というニュアンスで使われることもありますね。

となると、「トップが優しい人であれば、部下も思いやりを持つ」ことになるのでしょうか。本日はそんなようなそうでもないような、とある大名の家臣のお話です。

正保三年(1646年)6月21日は、最上家の家臣だった鮭延秀綱(さけのべひでつな)が亡くなった日です。

当コーナーでも、既に彼の主君・最上義光のお話で最上家の行く末をお話してしまっているので、ここまでの経緯が「あっ(察し)」状態になりそうですが……まあ、今回は秀綱の視点から見ていくということで。

【TOP画像】最上義光像/photo by 長月七紀

 

元は出羽の国衆・佐々木一族 敦実親王に辿りつく

鮭延家の先祖を遡ると、宇多天皇の皇子・敦実親王に辿りつきます。
皇室の末裔といえばもちろん(?)◯◯源氏か△△平氏ですよね。その中の近江源氏という血筋の中で、佐々木という名字を名乗っていた人たちが秀綱の直接の祖先にあたります。

二十代目の人が何を思ったか東国に下り、横手城(現・秋田県横手市)の主・小野寺家に仕え始めましたが、父親の代のとき戦に負け、「鮭延城」という城を居城としたことから、姓を変えたとされています。
秀綱も一時は敵の人質にされていましたが、何とか無事家に戻ることができました。

しかし、彼にとっては一難去ってまた一難というべきか、その後、最上義光が出羽統一のため攻め込んできました。
義光は調略を使って鮭延城を攻略し、秀綱は降伏しています。所領を保証されたこともあってか、その後は義光に背くこともなく、最上家臣として働きました。

特に旧主である小野寺家との戦や交渉で活躍しています。

 

スポンサーリンク

義光を説得して部下の結婚を許したところ……

比較的早いうちに義光の信頼を得たのか、秀綱に関するこんな逸話が伝えられています。

あるとき、秀綱の部下が義光の正室の侍女と恋仲になりました。二人とも独身であれば問題ない気がしますが、当時は奥と表がはっきり分かれていたので、罪に値することでした。
そのため義光が二人を罰しようとしたところ、秀綱の説得で取りやめ、二人が結婚することを許します。

しばし時は流れ、慶長五年(1600年)。東北の関が原というべき「慶長出羽合戦」が起こりました。もちろん秀綱は最上方の主要人物として参加しています。

このとき、かつて秀綱が命を救ったその部下が、今度は戦場で秀綱をかばって討ち死にしたというのです。また、部下の妻(元・義光の侍女)も後を追って自殺したといわれています。

義光はそれほどの忠義者に短慮を働きかけたことを悔やみ、二人を丁重に弔ったそうです。

まぁ、最上家全体で見れば損はしてないですし、はるか昔のことをそこまで悔いなくてもいい気がするのですが、義光・秀綱二人のイイ話ということで。

 

スポンサーリンク

「長男派vs次男派」で最上の家中が真っ二つ!

その逸話との前後事情は不明ですが、秀綱は慶長出羽合戦のハイライト・長谷堂城の戦いで、友軍とともに長谷堂城主の志村光安を救出しています。それだけでなく、攻め手の上杉本陣に迫るほどの勢いで戦っていたとか。
部下の討ち死にが先で、秀綱の活躍が後だったら胸アツな展開ですね。

この功績により、最上家が関が原の後57万石に加増された際、秀綱も1万石超えになりました。おそらく、この辺が彼の最盛期だったことでしょう。

それは長くは続きませんでした。

この時期の最上家が跡継ぎをめぐって揺れ動いていたことがきっかけで、秀綱も真っ逆さまに落ちていってしまいます。
実は、義光の存命中から「長男の義康様が元気なんだから跡継ぎに決まってんだろ派」vs「家康に気に入られている次男の家親様に後を継いでもらうべき派」の争いが起きていました。
そうこうしているうちに長男が謎の死を遂げ、さらに次男も亡くなり、しかたがないので次男の息子・義俊(義光にとっては孫・当時13歳)が三代目の山形藩主になりました。

13歳といえば、戦国時代の感覚では「元服する年頃=大人の仲間入りをする頃」ですが、それにしたってよほどしっかりとした後見がいなければ、政治は務まりません。
これを危うんだ秀綱らは、「代わりに義光様の四男・義忠様に継いでもらうべきだ」と考えます。もちろん義俊を擁立する派もおり、またしても最上家臣は真っ二つに割れてしまったのです。
草葉の陰で義光は泣いていたことでしょう。(´;ω;`)ブワッ

 

土井利勝に預けられ5000石 これ全部、部下にあ~げる

結局、この跡継ぎ騒ぎは当然の事ながらお家騒動として幕府に認識され、「お前らいつまで内輪もめしてんの? クビな」(超訳)と改易の憂き目に遭いました。お家を思ってより良い跡継ぎを選ぶはずが、揉め続けたせいで家を潰したという笑えない事態になってしまったのです。
義俊は近江大森藩(現・滋賀県東近江市)に領地替えされ、一応大名としての立場を保ちましたが、若くして亡くなったため結局廃藩になっています。
義光は化けて出てもいい。

秀綱は、騒動の中心人物として所領を取り上げられ、土井利勝に預けられました。ここでも真面目にやっていたようで、その後は土井家に仕えて5000石をもらうまでになっています。
が、それは山形からついてきてくれた家臣に全て分けてしまい、自分は家臣の家を渡り歩いて暮らしていたとか。

「そんなバナナ(古い)」と思ってしまいますが、秀綱が亡くなった際、彼を偲んだ家臣たちがわざわざ新しくお寺を建てているので、たぶんガチです。
なぜそういった思いやりができるのに、お家騒動を続けることのリスクがわからなかったのでしょうね……。残念な話です。

土井家が古河藩(現・茨城県古河市)に転封した際、秀綱もついていったため、このお寺も古河の地にあります。名前もまんま「鮭延寺」です。読み方は音読みで「けいえんじ」ですけども。

最近は、最上義光への評価が高まっていますし、本人だけでなく近臣たちのお墓に手を合わせるのもいいかもしれません。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:鮭延秀綱/Wikipedia 今日は何の日?徒然日記 鮭延寺_(古河市)/Wikipedia

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-その日、歴史が動いた, 最上家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.