足利家 まんが日本史ブギウギ

室町幕府の滅亡は信長のせいか? 義昭のせいか? まんが日本史ブギウギ161

織田信長に奉じられて上洛を果たし、室町幕府の15代将軍に就任した足利義昭

最初の頃こそ信長を「父」とまで呼んで慕っていましたが、将軍としての働き足りないことを指摘されたりして、徐々に両者の関係は悪化していきます。

信長から義昭へ、幾度かの警告が出されたことも『信長公記』に記されています。

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていた?

続きを見る

結果、両者の関係は破綻!

足利義昭は、本願寺や浅井朝倉、あるいは武田信玄など各方面へ協力を働きかけ、畿内・中部エリアという広大な範囲で織田軍を取り囲む

【第二次信長包囲網】

を敷くのでした。

むろん義昭一人の功績ではなく、信玄の各所への働きかけなどが大きかったとされますが(例えば信玄の妻が、本願寺顕如の妻と姉妹などの関係も利用)、その中心だった信玄が敢えなく亡くなってしまい……。

残された義昭はどうするのか?

マンガ「日本史ブギウギ」第161話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

都パニック

◆「第六天魔王」=「魔王」というイメージから、現代の諸作品では暴虐なイメージで描かれがちな織田信長。

なぜ信長は「第六天魔王」と呼ばれたのか? 売り言葉に買い言葉が現代へ

続きを見る

必ずしも将軍や朝廷に対して横暴ではなく、割とフツーに穏便な対応をしております。

 

勘違い将軍

◆将軍・義昭方の軍が石山と今堅田(いずれも現・滋賀県大津市)で織田軍を迎え撃ちました。

石山・今堅田の戦い 将軍義昭が強気になる理由~超わかる信長公記88話

続きを見る

織田軍から参加したのは柴田勝家明智光秀丹羽長秀といった錚々たるメンツ。

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

守備側の義昭方は呆気なく崩れてしまいます。

 

義昭挙兵

 

◆共に信長を包囲していた武田信玄の撤退&死を知らなかったのか。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

足利義昭は信長に対して矛を収めるどころか、戦闘モードのレベルを上げていきます。

一方、信長が入京するときには細川藤孝荒木村重が出迎えに来た――。

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

信長公記ではそう記されております。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-足利家, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.