黒田家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ46話 半兵衛、散る! 軍扇を委ねられたアノ人は有岡城

稲葉山城乗っ取り事件』や『松寿丸官兵衛の子供で黒田長政)隠蔽工作』など。

数多の伝説・逸話で有名な武将といえば?

稲葉山城乗っ取り事件~天才・半兵衛を有名にしたアノ伝説とは?

続きを見る

松寿丸(官兵衛の子)に殺害命令!半兵衛が匿うことを秀吉は知っていた?

続きを見る

戦国ファンには説明するまでもないだろう。

竹中半兵衛(竹中重治)である。

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

稀代の軍師とも称されるその実態は、むしろ諸勢力との話し合いを円滑に進めるための「外交官」という方がふさわしいとの見方もある。

が、織田信長が岐阜から近江を経て西国まで勢力を伸ばせたのは、当初から竹中半兵衛(と豊臣秀吉)の活躍があったからという話も否定しきれるものではなく、やはり彼が有能だったのは間違いないだろう。

ただし、神様のイタズラとでも言うべきか。

天才が夭折する例が古今東西を問わないのは戦国時代も同じ。黒田官兵衛がアラーキー(荒木村重)の有岡城に幽閉されたまま、半兵衛はその天寿を今まさに……。

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

◆咳き込む半兵衛さんに声をかけている職人さんは、蜂須賀小六さんです。
ご存知、織田・豊臣の躍進をイチから支え、自身は大身の禄を授かることなく秀吉に随行して一生を過ごしたとして知られる武将っすね。密かにファンは多いと思います。

ただ、マンガにもあるように、どうしてもオツムが強くないイメージなんすよねー。
息子の蜂須賀家政さんは初代・徳島藩主を卒なくこなし、阿波踊りを始めたとされてます。

蜂須賀家政――秀吉の親友・小六の息子は器用貧乏なタイプ?【戦国二世譚】

続きを見る

 

後継者

◆イケメン男子って気管支系の病気にかかりやすいイメージですよね。咳き込んで、血を吐く――みたいな。

竹中半兵衛さんについては、実は確かな記録が少ないようです(もしかしたら今後出てくるかもしれません)が、その一方で逸話は多く残されており、やはり有能な方だったのは間違いないんでしょう。

とりあえず、コロクいい人、間違いない!
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-黒田家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.