織田家 まんが日本史ブギウギ

信長ピンチの連続! 長政に裏切られスナイパーに狙撃され まんが日本史ブギウギ156話

誰よりも早く戦場に駆けつけ、誰よりも危険を顧みない――。

織田信長には、危険な場面が幾度かありますが、「本当に殺されてもおかしくなかったんでは?」という切迫した場面は連続して起きるのだからフシギなもの。

それが

浅井長政の裏切り

・スナイパーの狙い撃ち

です。

陣幕の中でドーン!と座っているイメージの信玄などからすれば、信長の行動はバカバカしく思えたかもしれません。

しかし、大将としてはあるまじき熱い姿勢が家臣を奮い立たせる効能も感じていたのでしょう。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

得体の知れない強運を兼ね備えた信長絶体絶命のピンチ――マンガ「日本史ブギウギ」第156話スタート!

 

三人衆新たなる覚悟

三好長逸―三好三人衆の長老格は信長の力を読めずに消えていく

続きを見る

信長に徹底抗戦! 岩成友通は三好三人衆としてどんな生涯を送ったか?

続きを見る

 

戦国スナイパー

本圀寺の変で将軍・義昭を襲撃(麒麟がくる第28回)信長公記ではどんな話?

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

 

殿中御掟

当初、信長のことを「父」とまで慕っていた足利義昭さん。

足利義昭(覚慶)は信長と共に上洛し、対立! 京を追放された61年の生涯

続きを見る

将軍様としていささか横暴に振る舞っているところを信長に指摘され、両者の仲は悪化していきます。

そして「殿中御掟」にとどまらず、より細かに警告を出されたのが「十七箇条意見書」です。

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていた?

続きを見る

まだ先の話となりますが、この後、両者はガチの合戦(槇島城の戦い)へと突き進むのであります。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.