まんが日本史ブギウギ 毛利家

毛利と宇喜多と尼子と浦上だよ、中国動乱!まんが日本史ブギウギ164話

毛利との対決といえば豊臣秀吉――そんなイメージってありますよね。

黒田官兵衛を引き込み播磨を拠点にして、以降は荒木村重に裏切られて官兵衛が捕虜にされたり、備中高松城を水攻めしたり。

秀吉の栄光スタート!

という感じですが、それ以前はあくまで織田信長の指令であり、実際に戦闘態勢に入るまで中国地方の地ならしとでも言うべき勢力争いが激化していきます。

毛利に始まり宇喜多や浦上も絡んで、マンガ「日本史ブギウギ」第164話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

信長の朱印状

◆豊臣秀吉に軍団を編成させ、織田家が中国地方へ進出――。

と、その前に同エリアで台頭していたのが毛利家であり、周辺地域では宇喜多直家や浦上宗景などがしのぎを削っておりました。

領土拡大のためなら暗殺も厭わない謀将・直家は、次々に荒業を繰り出します。

宇喜多直家・戦国の謀殺王が裏切りを重ねた理由「お茶に呼ばれたらヤバいで」

続きを見る

日本最凶クラスの謀将・宇喜多直家~畳の上で迎えた『尻はす死』とは?

続きを見る

 

宣戦布告

◆毛利の出方をうかがい、そして互いに利用しながら宇喜多は着々と勢力を広げていくのです。

吉川元春(毛利元就の次男)が熱い!11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

続きを見る

 

芸但同盟

毛利元就の長男・毛利隆元はすでに亡くなっており、その嫡男・毛利輝元が跡をついでおりました。

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

毛利隆元(元就の長男)失って初めて実感する毛利跡取りの偉大さ優秀さとは

続きを見る

輝元を支えたのが、叔父にあたる吉川元春小早川隆景

「両川」として知られますね。

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

毛利という大国は、この両者の助力を得て、織田家との対決へと進んでいくのですが……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 毛利家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.