青天を衝け感想あらすじ

青天を衝け第28回 感想あらすじレビュー「篤太夫と八百万の神々」

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
青天を衝け第28回感想あらすじレビュー
をクリックお願いします。

 


泣いて馬謖を斬れない慶喜

本作は漢籍理解が甘いので、勝手ながら補わせていただきます。

本作の「好感度重視でおかしくなった描写」の代表例が、天狗党関連です。

天狗党は長州藩過激派と連携していたため、慶喜は残酷極まりない処断をしました。

あれは本人の回想からすれば「泣いて馬謖を斬る」で済む話。それで十分なのに、本作は改悪しました。

「慶喜は処断するつもりはなかった! 田沼意尊が勝手にやっちゃった!」

結局のところ「泣いて馬謖を斬る」と処理できないからこそ、現代人にあわせて妙な改変をしたんじゃないでしょうか。

 


韜晦(とうかい)昼行灯を偽装する

忠臣蔵』の大石内蔵助は、主家が断絶したにもかかわらず、遊郭に入り浸り酒を飲みまくりました。

と、それは偽装で、密かに討ち入りを狙っていたのです。

諸葛孔明のライバル・司馬仲達。

彼はライバルである曹爽の目を欺くため、曹爽派が監視する前でわざとらしく粥をこぼし、すっとぼけたことを言い、ボケたふりをしました。

司馬懿
ボケ老人のフリして魏を滅ぼした司馬懿~諸葛亮のライバルは演技派

続きを見る

徳川慶喜が駿府で引きこもり、趣味や子作りライフをエンジョイしたことは「貴人情けを知らず」と評され、幕臣や周囲から散々呆れられました。

これが反乱勢力に担がれないための偽装だとすれば、むしろ哀れではありませんか?

リベンジを狙うことなくひっそりと生きていくために遊び呆け、ダメ人間を演じる。それを栄一だけが見抜いた……こういう描写ではいけませんか?

本作は描写の一つ一つに、東洋の古典への造詣が欠けているとわかる要素があって残念です。

くどいようですが『麒麟がくる』は鉄壁だっただけに、一体どうしたことなのかと思います。

 

“弍臣”が『論語』を語る倒錯

先ほど韓流や華流時代劇について書きました。こうした儒教文化圏の国ではありえないような倒錯的なことを『青天を衝け』では展開しております。

いくら渋沢栄一が『論語』マスターだのなんだの言われたところで、この一言で反論できます。

「言うても渋沢栄一て、弍臣やんか」

なぜ渋沢栄一は新政府に出仕したのか?

それは「弐臣=二君に仕えること」を恥としなかったから。

弍臣は儒教道徳では最低の存在とされます。ゆえに歯を食いしばって出仕を拒んだ幕臣たちもいた。

福沢諭吉は「儒教なんて役立たず」と切り捨てていたものの、弐臣とみなした勝海舟と榎本武揚を『痩せ我慢の説』でケチョンケチョンに罵倒しました。

福沢と親しい栗本鋤雲も、こうした弐臣を怒鳴りつけた逸話がある。

渋沢栄一の場合、こういう手強い幕臣たちが亡くなるなり、加齢と共に大人しくなったあたりで「幕臣です」とアピールをし始めた。

本当に彼は空気を読むセンスは抜群。

当時は金と権力を得ていますから、マスコミを掌握して自分と慶喜の言い訳をバンバン流し始めた。

明治末に『論語』ブームが到来すると便乗し、自分の息のかかった学者をゴーストライターのようにして『論語』関連書籍を出版。

自分こそ儒教道徳の体現者として振る舞いました。

その影響がいまだにあるからこそ、素直に信じる人がいるのですね。

本当は怖い渋沢栄一 友を見捨て労働者に厳しくも人当たりは抜群

続きを見る

でも、これが通じるのはあくまで日本国内での話。同じ儒教国家の中国や韓国からすれば、

「弐臣が儒教マスター状態ってウケる〜〜〜〜!」

と爆笑されかねない無茶苦茶な話。ダイエットを説きながらピザを食べている。そんなマヌケさがあります。

例えば福沢諭吉のように儒教を否定すれば格好もついたでしょう。この辺、どうにも悲しい話です。

あるいは「弍臣」なんて考え、古臭いと思いますか?

函館の五稜郭タワーには土方歳三の銅像が颯爽と立っています。榎本武揚ではありません。

箱館戦争を率いた総大将は榎本。しかし、箱館戦争を代表し、それこそ星が落ちるように散ったと人々の胸を熱くするのは、土方歳三です。

だからこそ『青天を衝け』においても、あれほど目立っていた。

土方歳三
土方歳三35年の生涯まとめ~生き急いだ多摩のバラガキが五稜郭に散る

続きを見る

黒田清隆に才能を惜しまれ「弍臣」になった榎本武揚。

函館に星となって散った土方歳三。

後者の方が、現在でも胸に響くのはどうしたことでしょう?

晋王朝の祖となった司馬仲達と、五丈原に散った諸葛孔明の対比にせよ。

不完全、挫折したがゆえに強烈な輝きをもつ生き方もあります。

近年の大河ドラマでそれを体現したのは、『真田丸』の真田幸村、『おんな城主 直虎』の小野政次、『麒麟がくる』の明智光秀織田信長あたりでしょう。

そういう

生き延びるだけではない美しさに胸を打たれる

からこそ、大河はあるのだと思っておりましたが違うのでしょうか?

『鬼滅の刃』の方がかつての大河精神を宿しているのではないか?

暁に散った煉獄杏寿郎を思い出しつつ、首を捻ってしまいます。

 


ロス戦術はもう使えない?

先週の客寄せトシさんは立派な最期を遂げました。

◆【青天を衝け】“土方歳三”町田啓太に称賛の声「土方さんロス」「最高だった」(→link

劇中における土方の死は、史実を無視しており、ただ「イケメンが死んでしまった!」以外何も思うところがない。

昔読んだ作品での土方の死は、それこそ死の瞬間を切り取ったようで、数日間ずっと胸に残っていたものです。

そんな苦い感情を噛み締めたあと、明るく「最高!」なんて思えないし、落ち込んで食欲も失せました。

ですので「話題作りになったらイイ♪ みんなでワイワイSNSで盛り上がろう」という姿勢にはどうしても賛同できません。

しかし本作はもう「ロス戦術」に過大な期待はできません。

盛り上がるとすれば五代様ロスでしょうか。『あさが来た』でも盛り上げましたもんね。

五代様の場合、汚職政治のはてに失脚し、病死なのですが……。

いやいや、その前に、怒涛のお千代ロスが控えておりますね。

しかしこの悲しい別れは、間髪おかずに後妻の間に子ができていて、色々と複雑な感情にもなるんですけどね。

再婚をどうロンダリングするのか。匠の技に期待が高まります。

※著者の関連noteはこちらから!(→link


本文に登場する関連記事

戊辰戦争
戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり食料奪われ殺害され

続きを見る

美賀君(一条美賀子)
正妻・美賀君は嫉妬深かった? 慶喜の周辺女性エピソードに注目

続きを見る

大隈重信
生粋の武士だった大隈重信は右脚失いながら政治と早稲田85年の生涯

続きを見る

伊達宗城
政宗の子孫が幕末四賢侯に!伊達宗城(宇和島藩主)って何をした人?

続きを見る

ハリー・パークス
幕末明治の英国外交官ハリー・パークス 手腕鮮やか薩長を手玉に取る

続きを見る

三条実美
岩倉とならぶ幕末維新の代表的公家・三条実美~七卿落ちからの復活劇

続きを見る

大隈重信
生粋の武士だった大隈重信は右脚失いながら政治と早稲田85年の生涯

続きを見る

渋沢成一郎(渋沢喜作)
渋沢成一郎(喜作)が彰義隊へ!栄一と進む道を違えた74年の生涯

続きを見る

不平士族の反乱
不平士族の反乱とは~佐賀の乱 神風連の乱 秋月の乱 萩の乱 西南戦争

続きを見る

西南戦争
西郷を美化するなかれ~とにかく悲惨だった西南戦争リアルの戦場

続きを見る

徳川慶喜公伝
栄一と慶喜の言い分は信用できん?『徳川慶喜公伝』に書かれたこと

続きを見る

女遊びが強烈すぎる渋沢スキャンダル!大河ドラマで描けなかった史実

続きを見る

島津久光
西郷の敵とされる島津久光はむしろ名君~薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

由利公正
龍馬が抜擢した由利公正は何が凄い?福井藩~明治政府の金融エリート

続きを見る

松平春嶽(松平慶永)
幕末のドタバタで調停調停に追われた松平春嶽(松平慶永)の生涯63年

続きを見る

山川浩
敵に囲まれた城を獅子舞で突破!会津藩士・山川浩の戦術が無双だ!

続きを見る

江藤新平
処刑後に斬首写真を晒された江藤新平~肥前藩の逸材41年の生涯まとめ

続きを見る

小栗忠順
冤罪で処刑された小栗忠順~渋沢より経済通だった幕臣はなぜ殺された

続きを見る

栗本鋤雲
武士から反骨のジャーナリストへ!栗本鋤雲は二君に仕えず己が道行く

続きを見る

司馬懿
ボケ老人のフリして魏を滅ぼした司馬懿~諸葛亮のライバルは演技派

続きを見る

本当は怖い渋沢栄一 友を見捨て労働者に厳しくも人当たりは抜群

続きを見る

土方歳三
土方歳三35年の生涯まとめ~生き急いだ多摩のバラガキが五稜郭に散る

続きを見る

関連記事は以下にございます

◆青天を衝け感想あらすじレビュー

◆青天を衝けキャスト

◆青天を衝け全視聴率

文:武者震之助(note
絵:小久ヒロ

【参考】
青天を衝け/公式サイト

TOPページへ


 



-青天を衝け感想あらすじ
-

×