歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた

なぜ長島一向一揆を徹底的に潰したのか 信長の対宗教戦略を振り返ってみる

更新日:

 

歴史ファンの間では最近変わってきていますが、NOBUさんこと織田信長といえば世間一般的には「ブチキレたら何するかわかんない怖い人」というイメージが強いですよね。
しかし、多くの場合キレるまでの経緯には「ああ、そりゃ仕方ないわ」と思える理由があります。
天正二年(1574年)9月29日にやっと終結した、長島一向一揆への対応もその一つです。
これまた比叡山と同じく「無抵抗の老若男女を虐殺した」とされていますが、そこまで苛烈な扱いをしたのには、もちろんいくつもの理由がありました。
信長は長島を合計三回攻めているんですが、時系列や詳しい合戦の経過についてはウィキペディア先生他専門書に放り投げゲフンゴホン譲るとしまして、全体的なポイントをお話していこうと思います。

きれました?(アニィたかはし絵)

きれました?(アニィたかはし絵)

長島が捨てて置けない3つの理由

まず一つめに、ここは地理的には現在の三重県桑名市にあたります。
同様に現代の地名で言えば名古屋市のごくごく近所ですから、信長にとっては何が何でも収めなくてはならない一揆でした。
二つめは、長島の一揆勢は決して”無抵抗”ではなかったことです。
文亀元年(1501年)、長島に願証寺という本願寺系のお寺ができて以降、その周辺の人々は宗教団体というより武装組織になっていました。そして信長が伊勢方面に勢力を広げると「俺らも黙ってたらやられるんじゃね?」と考え、まだ信長がどうするとも示さないうちに、自ら織田家の城を攻めてしまったのです。

多分、信長としてはここが「そうだ、長島をツブそう」と思ったタイミングだったでしょう。
何せこのとき落とされた城は、信長の弟が守っていたところも含まれています。信興(のぶおき)という人で、一揆勢に自害させられてしまいました。生年不祥なのでいくつ違いの兄弟だったかはわかりませんが、ずっと信長に従っていたそうなので”(ヘンな意味でなく)可愛い弟”と思っていた可能性は高いとみていいでしょう。
それが殺されてしまってはプッツンきてもおかしくはありません。
ちなみに当時信長自身は浅井・朝倉両家と交戦中で、自ら救援に行ったり誰かに向かわせる余裕がありませんでした。義弟に裏切られた直後に実弟の自害ときては、さぞ歯噛みしたことでしょう。某キンカ頭を二発や三発叩いたかもしれませんスイマセン冗談です。

一揆なめんなよ(絵・富永商太)

一揆なめんなよ(絵・富永商太)

そして最後に、この一連の戦では織田家の損失も膨大なものであったということです。
上記の通り浅井・朝倉と同時進行で長島攻めをやっていたのですけども、前者が片付いた後、三回目の戦では信長の戦の中でも最大規模に近い人員その他諸々を裂いています。
部将のメンツを見ても錚々たる顔ぶれで、一門である織田家の人々はもちろん、柴田勝家や佐久間信盛など譜代といっていい人、森長可や明智光秀など比較的最近織田家に仕え始めた人、はたまた小姓からずっと仕えてきた前田利家など、「総力を結集した」といっても過言ではありません。
常人ならこのメンツ見ただけで裸足で逃げ出すどころか、信長のわらじを舐めてでも降参しそうです。

ですがこれまた前述通り、単なる民衆ではなく武装集団になっていた長島一揆勢は、各所の出城にこもって徹底抗戦を続けました。
さすがに鉄砲で攻められてからは降伏を願い出ますが、既に度重なる失敗でトサカどころか脳みそ沸騰状態の信長にそんなお願いは通用しません。城を包囲して兵糧攻めをし、逃げ出す船は狙撃し、断固として始末する姿勢を変えませんでした。
それが仇となって一揆勢も捨て身の突撃を仕掛け、織田軍にはさらに1000人前後の戦死者が出ます。ここで庶兄・信広や弟・秀成、その他従兄弟二人も命を落としました。

スポンサーリンク

割と「なあなあ」だった戦国時代でガチンコの戦いの悲劇的結末

そして包囲戦でもまだ一揆勢が折れないことに業を煮やした信長は、これ以上の損失を防ぐためにも火攻めを選んだのでした。
このとき焼け死んだ民衆は2万人ともいわれていますが、篭城した時点で敵意があることは間違いないのですから、信長だけが一方的に悪いわけではないのです。
そもそも逃げるのであれば、第一回・第二回から第三回めまでに逃げていればいい話ですからね。
信長が当初どうするつもりでいたのか、やはりタイムマシンと他人の脳みその中に入る機械(仮)が発明されない限りわかりませんけども、美濃を攻略したとき「斉藤龍興が長島に逃げ込んだ」と聞いても攻めなかったようですから、悪く扱う予定はなかったのではないでしょうか。
それが浅井・朝倉と同時進行とはいえ四年も手こずった上、せっかくまとまってきていた一門の人間を何人も失い、それ以上の兵まで犠牲になったとなればここまでやるのも無理はありません。

「事情があっても、何万人も殺させたのは事実でしょ!やっぱりひどい!!」と言われればそれまでですけども、実の母親や弟と敵対し、やっと家中を統制し、よっしゃ天下統一だ!と乗り出したところで肉親を一度に亡くして計画が台無しになりかけた信長の気持ちも加味してあげてほしいなあ、と個人的には思います。
当時の常識は現代の非常識ですし、その逆もまた然り、ですからね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/長島一向一揆

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-織田家, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.