浅井・朝倉家 まんが日本史ブギウギ

第一次信長包囲網で大ピンチ!そのとき織田軍は……日本史ブギウギ158話

浅井朝倉をはじめ、三好三人衆や本願寺一向一揆)を敵に回した織田信長

京都から近江、美濃、尾張へと続く道は、いずれも敵に囲まれ、そうした状況は現在【第一次信長包囲網】として知られます。

包囲網に参加していた主なメンツはざっと以下の通り。

浅井長政
朝倉義景
三好三人衆
斎藤龍興(放浪中)
荒木村重
比叡山延暦寺
本願寺(一向一揆)

浅井朝倉に続き、挙兵したのが石山本願寺。

彼らとの【野田城・福島城の戦い】に駆り出された織田軍は、摂津石山へ向かいます。

野田城・福島城の戦い(第一次石山合戦)~超わかる信長公記73話

続きを見る

すると、待ってました!とばかりに動き始めたのが浅井朝倉連合軍。

彼らは織田軍の背後を衝こうとして琵琶湖の西側を南進しますが、そこに立ちはだかったのが織田家の重臣・森可成でした。

約3万とも言われる浅井朝倉連合軍に対峙したのは、わずか1,000程の兵を率いた森可成です。

信長の一歩前に、絶体絶命のピンチへと追いやられた宇佐山城はどうなるのか……?ということでマンガ「日本史ブギウギ」第158話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

増援部隊

◆森蘭丸の父――というとか細いイメージが先行するかもしれない森可成。

信長お気に入り家臣【森可成】森一族を率いた武将はどんな人だった?

続きを見る

森長可の父と言えば、実は猛将であるということも納得しやすいでしょうか。

鬼武蔵こと森長可は愛槍もヤバい人間無骨!戦国無双度MAXの信長家臣

続きを見る

この森可成、わずか1,000の兵で浅井朝倉の大軍を食い止め、織田軍のピンチに凄まじい槍働きをします。

 

堅牢宇佐山城

◆3万の兵を相手にしてはさすがの森可成も力尽き、ここで討死してしまいました。

宇佐山城の戦い】と呼ばれます。

志賀の陣&宇佐山城の戦いで信長大ピンチ!超わかる信長公記74話

続きを見る

 

信長神出鬼没

森可成を討たれ、怒り心頭の織田軍は石山本願寺から京都・近江方面へ向かい、浅井朝倉はいったん比叡山延暦寺へ逃げ込みます。

しかし、第一次信長包囲網を敷かれていた織田軍のピンチは変わらず。

伊勢では長島一向一揆も起き、信長の弟・織田信興が殺され、

長島一向一揆で2万人を虐殺! 信長が宗徒を徹底的に潰した理由とは

続きを見る

残された手は和睦しかありませんでした……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-浅井・朝倉家, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.