北条家

立河原の戦いで戦国初期の上杉・足利・今川・北条が大乱闘スマッシュだ!

徳川家康が江戸に来る前、関東は戦乱ど真ん中のエリアでした。

一つの国を二つ三つの大名家が取り合ってるなんてのがザラ。

代表的な大名が北条氏康武田信玄、上杉謙信あたりで、関東という大きな枠組みが統一されるのは中央に比べてずっと遅く、戦国初期から大きな合戦がいくつもありました。

永正元年(1504年)9月27日に起きた【立河原の戦い】もその一つ。

「たちかわのはらのたたかい」と読み、上杉家のお家騒動と室町幕府の有力者、そして地元の大名が絡んだ非常にややこしい合戦です。

細かく見ると頭がこんがりまくるので、まずは大局を眺めておきましょう。

 

立河原の戦い=長享の乱を終わらせるキッカケ

15世紀半ば――京都で【応仁の乱】が起きる以前から、関東では大規模な戦乱が勃発しておりました。

応仁の乱って何なんだ?戦国時代の幕開けとなった大戦をコンパクト解説!

続きを見る

ザックリ言うと次の二つの乱です。

◆1454-1482年 享徳の乱

◆1487-1505年 長享の乱

享徳の乱が約30年。

その終結からわずか5年後に長享の乱が始まり、約20年続きます。

享徳の乱で「足利vs上杉」のドンパチ28年間! 関東争乱の戦国時代へ

続きを見る

つまりは延べ60年ぐらいの戦乱があったわけで、さらに1600年(関ヶ原の戦い)まで続くと考えますと、合計150年ぐらいになりますね。

凄まじい荒れっぷりです。

では【立河原の戦い】とは何ぞや?

と申しますと、上記【長享の乱】を終わらせるキッカケになった戦いと言えそうです。

年次をご覧いただいておわかりの通り、立河原の戦いが1504年、その翌年1505年に長享の乱も一応の終止符を打っています。

 

上杉・足利・今川・北条 関東のオールスター出揃う

となると気になるのがこれ。

立河原の戦いでは誰が戦場に赴いたのか?

関係した中心人物をスッキリ挙げるとこうなります。

上杉顕定(山内上杉家)
足利政氏(古河公方)

vs

上杉朝良(扇谷上杉家)
今川氏親(駿河遠江守護
北条早雲(今川氏盟友・小田原城主)

上杉・足利・今川という関東屈指の名門一族が争い、そこに北条早雲が食い込んだんですね。

勝敗については両者痛み分けという感じですが(後述)、関東では享徳の乱~長享の乱を経て両上杉氏が疲弊し、結果的に後北条氏の台頭を許した――と考えると北条早雲の勝利といえるかもしれません。

ちなみにこの戦闘は、立地が非常に関係しておりました。

立河原というのは、現在の東京都立川市付近にあり、関東甲信越の大名がちょうどぶつかり合う地点だったのです。

てなわけで、この合戦に絡んだ武家、それぞれの事情をもう少し詳しく確認しておきましょう。

まずは上杉家のお家騒動から。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-北条家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.