歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

森長可/wikipediaより引用

織田家 日本史悪ミシュラン

鬼武蔵こと森長可は、愛槍もヤバい人間無骨!実は戦国無双度★★★★★の信長家臣

投稿日:

戦国時代の乱暴者と言えば?

本多忠勝立花宗茂は、あくまで【最強武将】であって乱暴ではないイメージだし、若き日の前田利家が茶坊主をぶった斬った!ってのも、まぁ、事情があっての話だし。

かな~り危険な一面のある細川忠興は、どちらかというと異常愛で、乱暴者ではないですよね。むしろお坊ちゃん。

では、答えは?
ズバリ森長可さんではないでしょうか。

水野勝成というチョイスも捨てきれませんが、今回の日本史悪ミシュランは、戦場では絶対会いたくない鬼武蔵こと森長可サンです!

織田信長に寵愛された、あの森蘭丸の兄貴ですね。

 

信長さんから「長」の字貰った鬼武蔵

森長可は永禄元年(1558年)、織田家家臣・森可成の次男として生まれました。

13歳の時に父と兄(可隆)が戦死。
家督を継いで織田信長に仕えております。

名前の「長」の字は信長サンから貰ったもので、いわゆるエラい人から部下などへ一文字プレゼントする偏諱(へんき)授与ってやつですね。

イラスト・富永商太

長可は槍の名手として知られ、初陣の翌年となる【第三次長島一揆攻め】では27人を討つなど凄まじい武功を挙げています。

そして付いたあだ名が「鬼武蔵」。
更にはヤバいのは愛用の槍です。

なんせ
「人間無骨」
という凄まじい銘が掘られているんですから恐ろしい。

どんな意味か?って
「人間なんて骨が無いようにズバズバ殺れちゃうぜ!」
ですからね。ったく、クラゲじゃないんだから(´・ω・`)

もちろん合戦で敵を倒すのは武士のシゴトでもあり、それを現代の我々が咎めることはできません。
たあ、長可は少々残酷な節がありまして。

 

スポンサーリンク

注意した関所の役人をたたっ斬る

例えば甲州征伐のときのこと。

武田勝頼を攻め滅ぼすために出向いた中で森長可は高遠城攻めに加わりますが、このとき三の丸の屋根に登り、板を剥がしてそこから一斉射撃をするという凄まじい攻撃を繰り出します。

武田の屈強な城兵も、上から撃たれてはひとたまりもありません。

かように好戦的な性質でありますから、気が逸るあまりの軍規違反も度々。
しかし、弟の森蘭丸と共に信長さんのお気に入りですから、文書でたしなめられる程度で済んでおりますね。

そんなこんなで私生活でも暴れん坊は治らない。

関所の役人が「馬を降りて家名を名乗って下さい」と言えば「急いでるんだ!信長さまの前ならともかくこんなことで俺に馬を降ろとかあり得ない」と殺害、さらに門を開けないと街を焼くと脅しちゃったりしてます。

危なすぎるでしょ……。
でも、これを聞いた信長さん、激怒するどころか笑って許すんだから、武家ってマジわからん。

 

ノリノリで越後深くまで攻め込んだ、その時に!

先にも触れた甲州征伐で天正10年(1582年)に武田氏が滅ぶと、長可は海津城に入り信濃の統治をはじめます。

この地域には武田の旧臣もいて一揆が起きたりしますが、これを2日で鎮圧すると土地の有力者から人質を確保。
そして信濃を拠点に越後攻めを始めます。

越後ですから相手は上杉家ですね。
まさしくノリノリの織田家。
というところで大事件が起きます!

そうです、本能寺の変です。

すでに越後深くまで進軍していた長可は一転大ピンチ。越後から撤退し、信長の仇を討つと決意します。

ところが、信長の死を知った信濃の国衆は裏切りまくりで行く場所無くなり、海津城の人質を盾にして木曽方面へ撤退。
唯一裏切らなかったのが出浦昌相(真田丸で寺島進さんが演じた武将)という人望のなさでした。

それでも日和って終わらないのが人間無骨の恐ろしさ。

木曽義昌による自身の暗殺計画を知ると【ニセの到着予定日を記した書状】を義昌に送り、前日深夜に城門ぶっ壊しで城に乱入!
義昌の息子を盾にして旧領である岐阜・金山まで撤退しました。

なお、旧領とは弟・蘭丸のもので、本能寺の変で亡くなったため長可が領主に。
裏切りの連鎖で周囲は敵だらけになってしまいましたが、各個撃破で攻めまくり、わずか1年弱で周囲の統一に成功しました。

まさに戦マシーン。

 

スポンサーリンク

中入り部隊で家康の本拠地を衝こうとしたら

そんな鬼武蔵にも最期は訪れます。

小牧・長久手の戦いで豊臣秀吉についた長可は、小牧山の攻略で徳川家康の奇襲を受けズタボロに負けます。

むろん、このまま黙っている人間無骨ではありません。

リベンジや!
とばかりに岡崎城攻略の【中入り部隊】に第二陣総大将として参加します。

【中入り部隊】とは、徳川家康の本拠地をつくために派遣された、豊臣の別働隊です。
このとき秀吉と家康は別々のところにいて、秀吉は、留守になっていた岡崎城を攻め取ろうとしたのです。

ところが、です。
家康もこれを察知。
徳川四天王の一人・井伊直政の部隊が急襲すると、両軍はたちまち混戦に陥り、結果、森長可は水野勝成の家臣に眉間を撃ち抜かれて戦死してしまいます。あの人間無骨が、銃の前には呆気なく……。

享年27。

戦場で、身分の低い武者の如く戦っていた長可は、
「まさか大将首じゃないでしょ」
と鼻だけ削がれて捨て置かれ、後に部下が金山へ持ち帰っています。

最後になりましたが……。

いかにも殺戮マシーン&脳筋なキャラに見える長可ですが、必ずしも頭脳がないワケじゃありません。
地元・金山では、塩と魚の専売を認める代わりに税をとるなど、巧みな政策を行っており、要は【性格がヤバめ】の武将だったようです。

戦場で会うはもちろんイヤ!
シゴト仲間としてもイヤ!

ここでは記しきれませんでしたが、他にも、同僚に暴言はいたり、同僚の奉公人を槍で突き殺したり。
それでいて実はバカじゃないってんですから、一歩間違えればサイコパスってやつで、日常ではあまり関わりたくないタイプです(´・ω・`)

つーことで、こんなミシュランにしてみました。

悪人度  ★★★★☆
影響力(権力)★★★☆☆
実は戦国無双度 ★★★★★

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

森長可と張る無双武将の水野勝成さんは以下のリンクへ!

水野勝成こそ最強武将! 徳川家康のイトコながら各地を流浪したリアル傾奇者の生き様とは

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!




スポンサーリンク


【参考】
森長可/wikipedia
国史大辞典

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-織田家, 日本史悪ミシュラン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.