麒麟がくる感想あらすじ

麒麟がくるキャスト出演者の最新一覧!武将伝や合戦イベントの解説付き

本サイトでは大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストや人物伝を掲載しております。

リンク先のある武将名をクリックしますと、その人物伝の詳細ページへと飛びます。

よろしければ併せてご覧ください。

 

【明智家】

登場人物 キャスト どんな人?
明智光秀 長谷川博己さん ドラマの主人公。新参者ながら織田家の中で出世頭。本能寺の信長に襲いかかる
明智煕子 木村文乃さん 明智光秀の妻。本人を記す史料は少ないが「内助の功」で支えたとして伝わる
細川ガラシャ 未定 光秀の娘・明智玉子細川家に嫁ぎ、忠興の妻となって、関ヶ原の戦いを前に壮絶な死を迎える
明智秀満 未定 明智家の重臣。出自は不明で光秀の従兄弟という説もある
斎藤利三 未定 明智家の重臣。四国の長宗我部元親と織田家のつなぎ役を請け負っており、その因果から本能寺の一件に至ったという説もある
明智光安 西村まさ彦さん 光秀の叔父。斎藤家の跡目争いに巻き込まれて自害に追い込まれる
石川さゆりさん 光秀の母。幼少時に死んだ父の代わりに「武士としての心構え」を諭す厳しくも心優しい存在
門脇麦さん 光秀が京で出会う娘。医師・望月東庵の助手をつとめている(公式サイトより)
菊丸 岡村隆史さん 光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方かわからないが光秀の危機を助ける(公式サイトより)
藤田伝吾 徳重聡さん 明智家の重臣。別名・藤田行政(ゆきまさ)。利光や秀満に続く明智五人衆の一人に数えられる
明智光綱 未定 光秀の父(ただし、史料的な裏付けは弱く不明な部分が多い)
木助きすけ 水野智則さん 明智家の家人
つね 生越千晴おごしちはるさん 明智家の下女

以下、主役の光秀と、

光秀の妻・煕子(ひろこ)の生涯をまとめた記事となっております。

 

【斎藤家・土岐家】

登場人物 キャスト どんな人?
斎藤道三 本木雅弘さん 光秀の元主君(?)。マムシと呼ばれた下剋上の代表的大名。実は2人だった説が最近有力視されつつある
小見の方 片岡京子さん 道三の正室
深芳野 南果歩さん 元は土岐頼芸、その後、斎藤道三に譲られた側室。息子の義龍、本当の父はドッチ?という疑念が……
斎藤義龍 伊藤英明さん 道三の嫡男にして道三を討った男(長良川の戦い)。その後、急死する
斎藤孫四郎 長谷川純さん 道三の次男
斎藤喜平次 犬飼直紀さん 道三の三男
斎藤龍興 未定 道三の孫(義龍の息子)。信長に美濃を奪われ、各地を転々としながら織田家を攻撃し続ける
土岐頼芸 尾美としのりさん 元は美濃を治める守護大名にして道三の主君だったが、その道三に追い出され、武田家の庇護下に置かれる
土岐頼純 矢野聖人さん 土岐頼芸に甥(土岐頼武の嫡男)
稲葉一鉄 村田雄浩さん 美濃三人衆の一人で斎藤家の重臣。龍興を見限り、信長に降る

 

【将軍家・畿内周辺の武将・その他】

登場人物 キャスト どんな人?
足利義輝 向井理さん 室町幕府13代将軍にして義昭の兄。剣豪将軍と称される剣術の腕前で壮絶な死を迎える
足利義昭 滝藤賢一さん 最後の足利15代将軍。当初は信長を「父のようだ」と慕っていたが、仲違いして反信長の急先鋒となる
細川藤孝 眞島秀和さん 細川幽斎の名でも知られ、文武両道、芸術、料理、なんでもできるスーパー戦国武将。光秀の協力要請を退け、細川家を残す
三淵藤英みつぶちふじひで 谷原章介さん 藤孝の異母兄。13代将軍・足利義輝、15代将軍・足利義昭に仕えた室町幕府の幕臣(奉公衆)。
松永久秀 吉田鋼太郎さん 裏切り、将軍殺し、爆薬で自害――など悪名高いエピソードで知られ、三大梟雄の一人に数えられる、実際のところは……
細川晴元 国広富之さん 三好一族らと共に阿波から挙兵。本願寺や六角氏などとも手を組み権勢を誇るが長慶に敗れて京を去る
三好長慶 山路和弘さん 細川氏綱を奉じて晴元や将軍・足利義晴を追い出し、三好政権を樹立する
望月東庵 堺正章さん 京の医師
伊呂波太夫 尾野真千子さん 旅芸人の女座長・娘。架空のキャラ(幼少期の駒を面倒見る)。
伊平次いへいじ 玉置玲央さん 刀鍛冶

 

【光秀が苦心した丹波勢】

登場人物 キャスト どんな人?
赤井直正 未定 荻野直正とも。「悪右衛門尉」を自称する勇将。当初は信長に従うも……
波多野秀治 未定 赤井氏と双璧をなす丹波有力国人の一人。同じく赤井氏に続き当初は信長に従うが……

 

【織田家】

登場人物 キャスト どんな人?
織田信秀 高橋克典さん 信長の父。守護代のもとで一勢力に過ぎなかった同家を躍進させる
土田御前 檀れいさん ナゾ多き信長の母。信長の弟・信行の命を懇願するも……
織田信長 染谷将太さん 主人公・光秀を引き上げた主君。尾張国内の統一に苦しみながら、桶狭間の戦いを機に躍進する。美濃へ攻め込み、全国へ勢力を広げる
濃姫帰蝶 川口春奈さん 信長の正妻にして斎藤道三の娘(沢尻エリカさんからキャスティング変更)
織田信光 木下ほうかさん 織田信秀の弟(信長にとっては叔父となる)
織田信勝
織田信行
木村了さん 信長の実弟だが、度重なる謀反の企てにより、信長に謀殺される。津田信澄の実父
織田信忠 未定 信長の長男。有能な跡継ぎだったが本能寺の変に巻き込まれ、二条御所で自害する
織田信雄 未定 信長の二男。無謀なミスを繰り返し信長に叱られ、凡将のイメージが強い(そうではないという指摘もある)
織田信孝 未定 信長の三男。父のリベンジで秀吉の後塵を拝し、最期は勝家と共に秀吉に攻め滅ぼされ、壮絶な自害
津田信澄 未定 信長の弟・信行の長男(信長から見れば甥っ子となる)。明智光秀の娘を娶り、本能寺の変後、敵だと疑われて織田信孝に殺される
三法師 未定 織田信忠の長男(信長から見て孫)。清州会議で秀吉に担がれる。織田秀信と名乗り、関ヶ原の前哨戦・岐阜城の戦いで敗北
平手政秀 上杉祥三さん 信長の傅役(もりやく)。信長の行状を諌めるため諫死した。息子と信長の対立が原因とも
柴田勝家 未定 鬼柴田と称される織田家重臣の一人。北陸方面の軍団長を任され、信長の敵討ちでは秀吉に遅れをとる
前田利家 未定 信長青年時代から付き添っていた織田家重臣。槍の又左と呼ばれ、賤ヶ岳の戦いでは実質秀吉に味方する
堀秀政 未定 信長に寵愛され、出世したエリート。なんでもこなせる実力があり「名人久太郎」の異名を持つ
佐々成政 未定 信長側近から出世して当初は北陸方面・柴田勝家の元で活躍。豊臣政権下では熊本で失敗して改易
池田恒興 未定 母が信長の乳母で幼少期から縁が深く、小姓として仕え、織田家の主要な合戦にも数多く参加
丹羽長秀 未定 信長からは「友」とも呼ばれ絶大な信頼を得ていた。織田家に欠かせないことから「米五郎左」と称される
滝川一益 未定 甲賀に縁が深く忍者出身とされるなど出自が曖昧な信長家臣。伊勢侵攻に功あり、後に関東へ進むも本能寺の変後はピンチに陥る
森可成 未定 森蘭丸や森長可など、織田家に欠かせない家臣たちの父。宇佐山城の戦いで浅井朝倉の進撃を止め、壮絶に散る
森長可 未定 森家きっての超武闘派で愛槍は「人間無骨」。文字通り「人に骨がないほど切れ味がよい」という槍
森蘭丸 未定 本名は森成利。織田信長に仕える近衆として最も有名。使者などの役目も請け負い、最後は本能寺で共に散る

沢尻エリカさん→川口春奈さんとなった濃姫とはどんな女性だった?

 

【豊臣家】

登場人物 キャスト どんな人?
豊臣秀吉 佐々木蔵之介さん 庶民から貴族頂点の位へ――日本史上最も出世した男であり、光秀を倒して家康を封じ天下を牛耳る
豊臣秀長 未定 若い頃から秀吉の快進撃を支えた弟。その死により豊臣政権の崩壊が始まったとの見方もあるほど有能
寧々 未定 秀吉の正妻。大の女好き夫の浮気にブチ切れていたところ、信長から手紙を貰ったこともある
茶々 未定 浅井三姉妹の長女(信長の姪っ子)にして、豊臣家の跡取り・豊臣秀頼の母
豊臣秀次 未定 秀吉の親族にして豊臣政権の跡継ぎと目されていたものの、秀頼の誕生により立場がなくなり、自刃する
竹中半兵衛 未定 官兵衛と並ぶ秀吉の参謀的存在とされる。伝説の稲葉山城乗っ取り事件が有名
黒田官兵衛 未定 秀吉の天下取りに大きく貢献するも、関ヶ原では嫡男黒田長政と共に東軍で活躍、御家を発展させる
蜂須賀正勝 未定 死ぬまで所領を持たず秀吉に付き従った美濃の川並衆。代わりに息子が阿波の国主となる
石田三成 未定 秀吉子飼い武将の中で最も信頼されたキレ者。豊臣政権をよくまとめるも秀吉子飼い武将の中で浮いてしまう
加藤清正 未定 豊臣政権の補佐を期待されていながら三成と反目し、徳川政権下で不審死を迎える
福島正則 未定 清正と並んで、秀吉子飼い武将の猛将二枚看板の一人だったが、城の修復を巡って改易の憂き目に遭う
小早川秀秋 未定 秀吉の親族ながら関ヶ原では東軍につく。現在では裏切り者ではないとの見方が浮上
千利休 未定 商人・茶人として頂点に上るも、秀吉の勘気に触れて自害へ追い込まれる
京極高次 未定 姉・竜子が秀吉の側室、自身の妻が浅井三姉妹の初。これら女性の力で出世したとされ「蛍大名」と呼ばれる※実際は有能

 

【徳川家・今川家】

登場人物 キャスト どんな人?
松平広忠 浅利陽介さん 家康の父
於大の方 松本若菜さん 家康の母
水野信元 横田栄司さん 家康の伯父(於大の方の兄)
徳川家康 風間俊介さん 三河出身の小大名から、江戸幕府を開き天下人となる。幼少期は今川家や織田家の人質となり、義元亡き後は信長に従った
竹千代 岩田琉聖さん 幼少の頃の徳川家康。織田家と今川家の人質となっていた
本多忠勝 未定 東の戦国最強と称された武将(西は立花宗茂)。徳川四天王の一人に数えられる。愛槍は蜻蛉切
酒井忠次 未定 徳川四天王の一人にして徳川譜代家臣の中心的存在。長篠の合戦では別働隊を率いて武田軍の背後を強襲した
榊原康政 未定 同じく徳川四天王の一人で文武両道の武将。小牧長久手の戦いで大活躍
井伊直政 未定 おんな城主直虎で菅田将暉さんが演じた徳川四天王の一人。武田家から赤備えを引き継ぎ井伊の赤鬼と恐れられる
石川数正 未定 幼少の頃から家康に従ってきた兄弟のような存在だった。知将としても知られるが、突如、秀吉の下に走る。
今川義元 片岡愛之助さん 駿河・遠江に続いて、松平家などがいた三河も併合し、「海道一の弓取り」と称される。桶狭間の戦いで信長に討たれた。
太原雪斎 伊吹吾郎さん 今川義元の教育係である僧。軍師的ポジション(参謀)として知られ、武田・今川・北条の同盟成立に尽力したとされる。実父は今川の家臣だった。

 

【合戦その他イベント】

名称 どんな内容?
長良川の戦い 1556年 斎藤道三が、息子の義龍に殺される(信長は救出に向かい、逆に敵に囲まれピンチに)。
桶狭間の戦い 1560年 信長が今川義元の首をとる
金ヶ崎の退き口 1570年 浅井長政に裏切られ、秀吉や光秀が命を賭した撤退戦を担う
姉川の戦い 1570年 浅井朝倉軍を織田徳川連合軍が打ち破る
比叡山焼き討ち 1571年 比叡山延暦寺に攻め込む。史実では何千人も虐殺しなかったのでは?という指摘も
三方ヶ原の戦い 1572年 徳川織田連合軍が武田信玄にフルボッコにされる
槇島城の戦い 1573年 信長に反旗を翻し、包囲網を敷こうとする将軍義昭。信玄が死んでその構想は崩れ、京都から追放される
長島一向一揆 1574年 伊勢長島の一向宗信徒を虐殺
長篠の戦い 1575年 長篠城の戦いから発展。徳川方の一兵卒・鳥居強右衛門の働きもあり、設楽原に築いた砦に武田軍を誘い込んで撃破
本能寺の変 1582年 光秀、13,000の兵で本能寺と二条御所へ攻め込む
中国大返し 1582年 光秀謀反の報を聞いた秀吉は10日間で230kmの道程を移動
山崎の戦い 1582年 京都山崎で秀吉と光秀が激突! 秀吉が完勝する

 

【毛利家】

登場人物 キャスト どんな人?
毛利元就 未定 安芸の国衆(地方領主)から中国地方を治めるまでになった稀代の戦国大名。寡兵で大軍に勝利すること3度あり、最強との呼び声も高い。
毛利隆元 未定 毛利元就の長男にして三本の矢の一人。早世するも、その息子・輝元が次代の毛利当主となる
吉川元春 未定 毛利元就の二男。毛利家の主要な戦いに参加し、最前線で戦ってきた同家を代表する勇将
小早川隆景 未定 毛利元就の三男。吉川元春と共に「毛利両川」と讃えられる。武力だけでなく政治外交も得意な文武両道タイプ
清水宗治 未定 備中高松城の戦いで同城をよく守り抜くが、本能寺の一報を受けた秀吉と、毛利の和睦により切腹。敵味方から称賛される。
毛利輝元 未定 毛利隆元の子(元就の孫)にして毛利家の当主。関ヶ原の戦いでは西軍の大将だったが、負けて所領を減らされる
毛利秀元 未定 父は穂井田元清(元就の四男)。秀吉に気に入られ、文禄の役では初陣にして毛利軍の総大将を務める

 

【制作スタッフ等】

語り 市川海老蔵さん
脚本 池端俊策さん・前川洋一さん・岩本真耶さん
制作統括 落合将さん
音楽 ジョン・グラムさん
題字 中塚翠涛さん
時代考証 小和田哲男さん
衣装デザイン 黒澤和子さん
風俗考証 佐多芳彦さん
建築考証 三浦正幸さん
医事考証 星野卓之さん
古文書考証 大石泰史さん
時代考証補 小和田泰経さん
所作指導 花柳寿楽さん
芸能指導 友吉鶴心さん
殺陣武術指導 久世浩さん
馬術指導 田中光法さん
演出 大原拓さん・一色隆司さん・佐々木善春さん・深川貴志さん
プロデューサー 藤並英樹さん・中野亮平さん

 

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
NHK

 



-麒麟がくる感想あらすじ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.