大河ブギウギ光る君へ編

まんが『大河ブギウギ 光る君へ編 第1話』みちかねは何日関白だい?

急遽、新連載のスタート!

弊サイトで戦国ブギウギや日本史ブギウギを手掛けていたアニィたかはしの新作『大河ブギウギ 光る君へ編』が本日から始まります。

2話が終わってから――と、中途半端なタイミングでサーセン。

「この平安、最高じゃん!」という意見が合致しまして。

今回はまだボリュームも少ないですが、随時、コンテンツが揃い次第、投下させていただきますので、皆さま何卒よろしくお願いします!

 


ひか君

◆「ブギウギ」というのはアニィたかはしの漫画シリーズの定番タイトルとなっています。

戦国ブギウギ(→link

日本史ブギウギ(→link

以降、お見知りおきを~。

 


覚醒

◆『今年はスイーツ大河だろw』とか思いながら視聴し始めた人は度肝を抜かれたことでしょう。

「当時の社会システムは穢れの概念に基づいているから、高貴な人間が自ら刺殺するなんてありえない」というご指摘もあったようですが、その辺のからくりは次週用意されているんですよね。

というわけでvol.2に乞うご期待!

今後、増ページして取り組んでまいります!

よろしければ「史実の藤原道兼はどうだった?」という記事もご覧なってってくださーい。


あわせて読みたい関連記事

藤原道兼
ちやはをぶっ刺した藤原道兼~史実ではどんな人物?光る君へ玉置玲央

続きを見る

藤原兼家
藤原兼家(道長の父)の権力に固執した生涯62年~光る君へ段田安則

続きを見る

喧嘩上等な貴公子もいた?軟弱だけじゃなかった平安貴族の暴力事情

続きを見る

コメントはFacebookへ

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

紫式部
紫式部は道長とどんな関係を築いていた?日記から見る素顔と生涯とは

続きを見る

紫式部日記
『紫式部日記』には何が書かれている?大河ドラマ光る君への重要史料

続きを見る

漫画:アニィたかはし
文:五十嵐利休

◆大河ドラマ『光る君へ』関連記事はこちら(→link

◆本マンガの過去記事は以下のリストからどうぞ!

◆ドラマレビューはこちらから→光る君へ感想

TOPページへ


 



-大河ブギウギ光る君へ編
-

×